~最新!2020年から変わった小学校の英語授業の必修化と教科化~

~最新!2020年から変わった小学校の英語授業の必修化と教科化~

こんにちは!^^

さっそくですが、みなさんは小学校での英語の授業がどんなものだったか覚えていますか?

平成の授業では、高学年である5・6年生のみ英語の授業が設けられ、挨拶をしたり、歌を歌ったり、ゲームをして
英語に”触れる”事を目的とした内容のカリキュラムだったのではないでしょうか?

私は、小学生の子を持つ母親でもあるのですが、2020年4月から始まった小学校の”英語授業 必修化/教科化”について
毎日子供を小学校に通わせている親の私たちでも必修されたことは知っているけれど、

一体何が変わったのか?
どのように変わったのか?

など、いまいち良くわからないというのが正直なところではないでしょうか?

そこで!今回は、小学校の”英語授業 必修化/教科化”の内容や目的について
小学生の子供を持つ私がお伝えしていこうと思います!^^

”小学校英語教育の必修化/教科化の内容と目的”は?

実は、英語授業 必修化/教科化に伴い一部の地域では2018年からすでに実施されており、
2020年より全国的に実施、という段階を踏んでスタートしています。

急速にグローバル化していく現代で、国際的に共通言語として最も使われているのが英語ですよね。
その為、英語を使ったコミュニケーションスキルを向上させ、国際理解を深めることを目的として英語授業が必修化されました。

正式には『外国語活動』×必修化『外国語』×教科化というように分かれていて、
中学年の3・4年生では外国語でのコミュニケーション能力の基礎を学ぶ。(外国語活動の必修化)
英語を『聞き』・『話す』ことで英語でのコミュニケーションに親しむことを目的とした活動となり、これまで同様に教科書は使用せず、
ジェスチャーゲームやクイズなどを楽しみながら2技能3領域を学習していきます。

高学年の5・6年生では、言語活動を通じてコミュニケーションを図る基礎を育成する。(外国語の教科化)
英語が”教科”となり、3・4年生で学んだ『聞く』・『話す』に加え、『読み』・『書き』が加わり、4技能を身につける活動になります。
『話す』ことでも、その中で『やり取りを理解』し『発表』するというような、
2つの領域に分けられ、3・4年生に比べ、少し高度な内容となり、5領域を学んでいきます。

ここで、外国語授業の教科化に伴い5・6年生の”英語活動”は→”授業”となり、
今までとは大きく変わり、教科書を使用して学習していくことになります。

”英語活動”から授業”に変わる事で5・6年生から大きく変わる事がもうひとつあり、
国語・算数・社会・理科に加え英語も教科として評価され、通知表に記載されていきます。

一体どんな教科書を使い、どんな学習をしていくの?

平成までの授業では、中学校で1200語を覚えていたところ、
今後は、その過半数である600~700語を小学校の5・6年生で学んでいきます。

また、新しく使用されることになった教科書については、中学校で現在使われているものに新たに1つ追加された7つの教科書が発行されているようです。

~教科書を見てみましょう!~

・『NEW HORIZON Elementary』+ Picture Dictionary

・『Junior Sunshine』

開隆堂の小学校英語デジタル教科書

・『JUNIOR TOTAL ENGLISH』

学校図書 WEBパンフレット|JUNIOR TOTAL ENGLISH

・『CROWN Jr.』

三省堂】小学校英語教科書「CROWN Jr.」のご案内|教えやすく、学びやすい教科書

・『ONE WORLD Smiles』

編集方針 - 令和2年 教科書特設サイト - 教育出版

・『Here We Go!』

Here We Go! - tawarasha

・『Blue Sky elementary』Blue Sky elementary 5 [令和2年度]―小学校英語 (文部科学省検定済教科書 小学校外国語科用) | |本 | 通販 | Amazon

2020年度用 英語 教科書のご案内 | 小学校 | 啓林館

『Blue Sky elementary』が新たに追加された教科書のようです。

 

教科書の特徴は?

・5・6年生ともに教科書のページ数は平均140ページ程。

・教科書にはあまり日本語が書かれていない。

・聞く(Listening)/話す(Speaking)に慣れさせる造りになっており聞く(Listening)ことが多め。

・”単語”と”表現”を一緒に学ぶ。

・書く(Spelling)量は多くない。

・”英語表現”の学習タイミングが教科書により異なる。

 

学習内容は?

・挨拶

・アルファベットや記号

・文【be動詞/助動詞/代名詞/動名詞/過去形/疑問文など】

・文の構造【主語+動詞/主語+be動詞+名詞(代名詞/形容詞)/主語+動詞+名詞(代名詞)など】

 

自宅でできる英語学習

聞くだけでは親の立場としては、なんだか心配になってしまうような内容もあったかもしれませんね。

ですが、自宅での絵本の読み聞かせやYoutube、アプリなどを使って空いた時間などに英語に触れることで抵抗をなくし楽しみながら学んでいけたら親も子供もHappy!ですよね!^^

絵本であれば、全く内容がわからなくても絵をみてなんとなく内容がつかめたり、

続けていくうちに何度も同じ単語を耳にするわけですから、子供のほうから気になる単語の意味を聞いてきたり調べたりして英語への興味を引き出すことが出来ます。

また、Youtubeやアプリを使用した場合であれば動画は見て聞いているだけで、アプリはゲーム感覚で英語に触れ、ゲーム感覚のまま自然と英語を学ぶことが出来るので親がつきっきりでなくても良いという利点もあり・・・(←これはどちらも完全に親の”楽”を狙った学習法ですね。笑)

心配では有りますが親だって子供に「勉強しなさい!」なんて言わず、楽して楽しみながら学習させてあげたいですもんね!^^

では、最後に!英語授業必修化/教科化に伴い自宅で出来る学習法として私の子供も使っていた絵本・Youtube動画・アプリを各一つずつご紹介して終わります。

長くなりましたが、ここまで読んでくださりありがとうございました!^^

~おすすめ絵本~

色や形、フルーツなどを学べる『はらぺこあおむし』Englishバージョン(中学年)

ほとんどの子供たちが小さいころに読んだことがあり内容も理解出来ているであろう日本昔話(高学年)

~おすすめYoutube動画~

ネイティブの子供たちも見ている『ペッパーピッグ』

 

~おすすめアプリ~

ゲーム・絵本から毎月4つ無料配信されており、このアプリ1つでゲームと絵本の二役をしてくれる優れもの!『ワオっち英語』

子供におすすめの無料英語アプリ6選【子育て中のママが厳選!】 | There is no Magic!!

【https://waochi.wao.ne.jp/waochi-english-school/】

 

             留学カウンセリングを受けてみる

英語学習ハウツーカテゴリの最新記事