『 客 』を表す英語表現

『 客 』を表す英語表現

こんにちは。

新型コロナウィルスでの水際対策として止められていた外国人観光客の入国を6月10日から再開することが決まり、1週間ちょっと。

いよいよ観光再開まで数日となりましたね。

外国人観光客の受け入れ再開は新型コロナウィルスで大きな打撃を受けた観光業や地域経済の回復につながることが大きく期待されています。

また、観光目的の短期間滞在の外国人の新規入国を再開することで、以前のように観光地に賑わいが戻ってくる日もそう遠くなさそうですね。

さて、今回はそんな“ 観光 ”の話題にからめ『 客 』にまつわる英語表現とそれらの意味と使い分けをご紹介していこうと思います。

『 客 』とひと言で言っても様々な意味がありますよね。

それらをどのように使い分けるのか、どのようなニュアンスの違いがあるのかなど詳しく見ていきましょう。

『 客 』の英語表現 

日本語でも様々な表現のある『 客 』ですが、それらの表現、実は日本語だと「 お客さん 」や「 お客さま 」で表現できてしまうことがほとんどですよね。

と、言うことでここからは『 客 』を表す様々な英語表現とそれらの意味、使い分け方などをご紹介していこうと思います。

Customer

( カスタマー )

Customer 』は主にお店などで買い物をしたりサービスを利用する『 買い物客 』や『 顧客 』、『 取引先客 』を意味します。

EX:The customer is always right.
( ダ カスタマー イズ オールウェイズ ライト )
【 お客様は神様です。 】

Shopper

( ショッパー )

Shopper 』はオンラインショップを含むお店で買うべき商品を買っている『 客 』を表し、『 買い物客 』を意味します。

EXShoppers crowded into shops at the same time as the store opens.
( ショッパーズ クラウデッド イントゥ ショップス アット ダ セイム タイム アス ダ ストア オープンス )
【 店の開店と同時に買い物客が押し寄せた。 】

上記でご紹介した『 Customer 』との違いは?

『 Customer 』=特定の店で繰り返し買い物をする人と言うニュアンスになり、『 Shopper 』=何か買うものを探している人というニュアンスになります。

Guest

( ゲスト )

Guest 』はパーティーや結婚式などもてなしを受ける『 訪問客 』を表し『 招待客 』を意味します。

EXWe will have important guests at today’s party.
( ウィー ウィル ハヴ インポータント ゲスツ アット トゥデイズ パーティー )
【 今日のパーティには大切な招待客をお迎えします。 】

Tourist

( ツーリスト )

Tourist 』は主に観光のためにその土地にやってくる『 観光客 』を意味します。

EXMany tourists from every part of the world visit Japan.
( メニー ツーリスツ フロム エヴリィ パート オブ ダ ワールド ヴィシット ジャパン )
【 世界各地から多くの観光客が日本を訪れます。 】

Client

( クライアント )

Client 』は企業や専門的な職業の『 客 』を表し『 顧客 』を意味します。

EXToday I have a meeting with my client about the design for their website.
( トゥデイ アイ ハヴ ミーティング ウィズ マイ クライアント アバウト ダ デザイン フォー ゼア ウェヴサイト )
【 今日は顧客とウェブサイトのデザインについてのミーティング があります。】

Visitor

( ビジター )

Visitor 』は招待の有無に関わらず、社交や商用などで訪れる『 客 』を表し自発的に訪れる『 訪問者 』を意味します。

EXVisitors from overseas are coming today.
( ヴィジタース フロム オーヴァーシーズ アー カミング トゥデイ )
【 今日は海外からの訪問者が来ています。 】

さて、今回はここまで『 客 』を表す英語表現と言うことで6つの単語とそれらの意味やニュアンスの違い、使い方の例文をご紹介してきましたがいかがでしたか?

前回までにご紹介した『 お金 』にまつわる英語表現と並び、日常でよく見聞き、使用する単語やフレーズなので『 お金 』に絡めて『 客 』を表す単語も覚えてしまうと良いと思います。

今回は一旦ここまでとしますが、次回も引き続き『 客 』を表す英語表現をご紹介していこうと思っているので併せて目を通してみてくださいね。

それでは今回はこの辺で・・・

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事