国歌は英語で何という?

こんにちは!
突然ですが、最近我が家の息子に地球儀を買ったのですが、最近の地球儀ってすごいですね!
本当に種類がたくさんありすぎて、機能もお値段もピンキリ。どれを購入するかとても迷いました。

迷った結果、「じゃべる地球儀」を購入したのですが、この地球儀、調べたい国にタッチペンをあてると、英語国名や、その国の言語、国旗の由来、首都や人口などその国の情報を音声で案内をしてくれるです。
大人でも知らない情報が多くて「へ~そうなんだ!」と興味深々!とても楽しめます。

そして、驚きなのが、なんと、それぞれの国の国歌を聞くことができるんです。
しかも迫力あるオーケストラ演奏で約1分も!歌声はありませんが、いろんな国の国歌を地図を見ながら聞けるってとても興味深いですよね。

息子が国歌にとても興味を持って、毎日いろんな国歌を聞いていました。
好きなものをいくつか見つけたようで、この国はどこだっけと位置を確認している姿を見て、遊びながら学ぶとはこういうことなんだな。買ってよかったなと思っているのですが、先日、
「日本の国歌ってどういう意味?」と聞かれて、
「え?どういう意味だろうね」と人生半ばにして自分の国の国歌の意味が即答できず衝撃を受けました。

Youtubeなどで他の国の国歌は下に和訳が出てきますが、君が代は日本の歌詞のみ。日本語がでているのに意味がわからないことを息子に不思議がられました。

国歌は英語で?

national anthem(ナショナル・アンセム)

「anthem」は聖歌や賛歌という意味もありますが、通常国歌という意味で使われます。「anthem」の前に「national」を加え「国歌」と表記することが多いです。例えば日本の国歌は「Japan’s national anthem」です。

・Japanese national anthem is “Kimi ga Yo”.
・日本の国歌は「君が代」です。

ちなみに、世界一有名なアメリカの国歌。
タイトルは「The star-spangled Banner」(星条旗)です。
star(星が) spangled(散りばめられた) Banner(旗、横線)という意味を表します。

「星条旗」といえば、アメリカのアメリカ国旗ですよね。こちらも英語では「The star-spangled Banner」 と言います。そうなんです、アメリカは国旗も国歌も「The star-spangled Banner」であり、「星条旗」ということになります。

君が代について

改めて、君が代の歌詞はこちら。

君が代は(きみがよは) 千代に八千代に(ちよにやちよに)

細石の(さざれいしの) 巌となりて(いわおとなりて)

苔のむすまで(こけのむすまで)

現代語訳

男性と女性が共に支えているこの世は

千年も幾千年もの間

小さな砂がさざれ石のように

やがて大きな盤石となって

苔が生じるほど長い間栄えていきますように

もともと、国歌「君が代」は平安時代913年頃に成立した『古今和歌集』に載せられた歌です。作者は不明。世界の国歌の中で最も古い起源をもちます。1000年以上も歌われている詩ということになります。歴史のある詩なんですよね。すごいですよね!

しかも、世界最古の国歌としてギネスに登録されているそうです。全く知りませんでした。

また「君が代」が日本の国歌として正式に法制化されたのが1999年(平成11年)というのはご存知でしょうか?意外と最近の話ですね。

明治時代に国歌として作られた「君が代」、長い間国歌として日本国民に認知されてきましたが、それまでは法的に「国歌である」と定めていなかったのですね。1999年(平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」が制定され、正式に日本の国歌となりました。

そしてもう一つおまけ情報!

世界で一番短い国歌は、文字数で見ると日本の「君が代」です。
ただ、君が代は曲の時間は1分ほどありますので、曲の長さで見れば、ヨルダンの国歌が30秒ほどで世界で一番短い曲になります。

また、外国の国歌は戦争や血や敵などという戦闘的なイメージが多いです。それに比べて日本の国歌は、上で現代語訳をご紹介した通りとても平和な歌なのです。

歌詞も短く日本人なら誰でも歌える歌、国家「君が代」。私も小学生の頃から何百回と歌ってきたはずなのに、歌の歴史や、歌詞の意味、知らないことが多すぎました。

昨年はオリンピック開催によって、各国の国歌を聞く機会が多かったですよね。

個人的に、日本の国歌を聞くたびに、他の国に比べて、どうして日本の国歌はこんなに暗いんだろう‥と思っていましたが、国家について知ることで「君が代」への印象が大きく変わりました。

海外に出ていくにあたり、自国のことを知ることはとても大切だと思います。

みなさんも興味をもったらぜひいろいろ調べてみてくださいね!

では今回はこの辺で。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事