国民の祝日 『 憲法記念日 』

国民の祝日 『 憲法記念日 』

こんにちは。

4月もいよいよ残すところ1週間となりましたね。

4月は入学、進級、入社や部署異動などで、新しい環境や新たな学習内容、仕事内容に慣れ、ついていくことであっという間に1ヶ月が過ぎていったのではないでしょうか。

そんなみなさんが、お待ちかねのゴールデンウィークがもうすぐやってきます。

新年度が始まって初めての長期休暇を気持ちよく迎えられるように、残り1週間を全力で乗り切りましょうね!

『 ゴールデンウィーク 』といえば以前にも、『 ゴールデンウィーク 』の記事でいくつかの国民の祝日が重なり成形されていると触れましたが、今回はそんな国民の祝日の中でも1月から数えて7つ目の「 国民の祝日 」である『 憲法記念日 』について憲法記念日ができた由来や意味などを英語表現も交えてご紹介していこうと思います。

「 日本国憲法 」と『 憲法記念日 』 

憲法記念日 』は毎年5月3日と定められている日本の国民の祝日の1つで、「国民の祝日に関する法律」では、『 憲法記念日 』は「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」と定められています。

日本国憲法には3つの基本原則があることを覚えているでしょうか。

1. 国民主権・・・国のあり方や政治の在り方、実行する権力が国民にあるという定め。

2. 基本的人権の尊重・・・誰もが生まれながらに持っている権利のことで自由と権利が保障されるという定め。

3. 平和主義・・・戦争や暴力を認めず戦力(核)を持たないという定め。

これら3つが基本となる「 日本国憲法 」が1946年11月3日に公布され、1947年5月3日に施行されました。

「 日本国憲法 」が施行されたことを記念して翌1948年に『 憲法記念日 』という名称で祝日として定められました。

Constitution Day / Constitution Memorial Day
(コンスティテューションデイ / コンスティテューションメモリアルデイ)

憲法記念日(けんぽうきねんび)

Japanese Constitution
(ジャパニーズコンスティテューション)

日本国憲法(にほんこくけんぽう)

In Japan, May 3 is “Constitution Memorial Day” the National Holiday.
(イン ジャパン メイサード コンスティテューション メモリアルデイ ザ ナショナルホリデイ)

日本では5月3日は国民の祝日である『 憲法記念日 』です。

On May 3rd, 1947, the present Constitution of Japan was enacted, To commemorate it, May 3rd was designated a national holiday.
(オン メイ サード ナインティーンフォーティセブン ザ プレゼント コンスティテューション オブ ジャパン ワズ イナクト トゥ コメモレイト イット メイ サード ワズ デジィグネイティッド ア ナショナル ホリデイ)

1947年5月3日に現在の日本国憲法が制定され、それを記念して5月3日が国民の祝日となりました。

The “Law Concerning National Holidays” stipulates that “Constitution Memorial Day” is “to commemorate the enforcement of the Constitution of Japan and to promote the growth of the country.”
(ザ ロウ コンサーニング ナショナルホリデイズ スティピュレイツ ザット コンスティテューション メモリアルデイ トゥコメモレイト ザ  エンフォースメント オブ ザ コンスティテューション オブ ジャパン アンド トゥ プロモート ザ グロウス オブ ザ カントリー)

「国民の祝日に関する法律」では『憲法記念日』は日本国憲法の施行を記念し、国の成長を促進することであると規定しています。

The Japanese Constitution is characterized by three principles: popular sovereignty, respect for fundamental human rights, and pacifism.
(ザ ジャパニーズ コンスティテューション イズ キャラクタライズド バイ スリー プリンシパル サヴァランティ リスペクト フォー ファンダメンタル ヒューマン ライツ アンド パシフィズム)

日本国憲法は国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の3つの原則を解くちょおうとしています。

“Constitution Memorial Day” is when we should reflect on the principles of the Japanese Constitution and the meaning of democracy.
(コンスティテューション メモリアルデイ イズ ウェン ウィ シュッドゥ リフレクト オン ザ プリンシプル オブ ザ ジャパニーズ コンスティテューション アンド ザ ミーニング オブ デモクラシー)

『憲法記念日』は日本国憲法の原則と民主主義の意味を考える日でもあります。

ここまで「 日本国憲法 」や『 憲法記念日 』についてご紹介してきましたがどうでしたか?

”Constitution Day(コンスティテューションデイ)”事態は日本以外の多くの国にも存在するので詳しい説明をせずとも、上記でご紹介した「In Japan, May 3 is “Constitution Memorial Day” the National Holiday.」←このフレーズのみで5月3日が『 憲法記念日 』なんだということは伝わりますがどのような経緯で『 憲法記念日 』が定められたのかなどは細かく説明が必要となります。

そんな時、英語で説明してあげられるとかっこいいですよね!

それでは今回はこの辺で終わろうと思います。

次回も引き続き「 国民の祝日 」にまつわる記事を書いていこうと思うのでお楽しみ。

それではまた。。。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事