民法改正による成人年齢の引き下げ

民法改正による成人年齢の引き下げ

こんにちは。

これまで日本では20歳になると成年年齢とされ選挙権の取得や飲酒・喫煙、ギャンブル(競馬や競艇、オートレースなどの投票権(馬券)などの購入)が可能となり一般的に大人の仲間入りとされてきました。

実はこの法律がつい先日、改定された事をみなさんはご存じですか。

ニュースなどで見聞きして知っていると言う人も多いのではないでしょうか。

なんと明治時代から続くこの法律が約140年ぶりに変わりったのです。

何が変わったのか?というと・・・

大きくは『 成年年齢の引き下げ 』です。

これまで成年年齢は20歳とされてきましたが2022年4月1日からは、これまでの20歳から18歳に引き下げられています。

世界の国々を見てもこれまでの日本のように20歳で成人とする国は割と少なく、イギリスやフランス、ドイツやカナダなど18歳を成人とする国の方が多数派だったんですよ。

今回はそんな海外とは違った日本の法律改定の話題に触れいこうと思います。

成人 これまでとこれから 

日本ではこれまでは20歳、2022年4月1日からは18歳が成年年齢と定められています。
成年を迎えると一般的には“大人”の仲間入りとされており、何をするにも自己の責任のもと決定することが可能となります。
では成年年齢の引き下げによって何が変わるのか知っていますか?

これまで20歳にならないとできなかったことで大きなことといえば、親の同意がなくてもさまざまな契約を自分自身で結ぶことができるということではないでしょうか。

例えば、携帯電話の契約や賃貸の契約、高額商品を購入した際のローンなどが挙げられます。

これまでは未成年とされる19歳までは親の承諾なしにこれらの契約を結ぶことができませんでした。

万が一、契約ができてしまった場合には親の一声で契約解除をすることができていましたが現行の法律では18歳を迎えた者が契約をした場合にはいくら親であっても勝手に解消することはできないというもの。これまでの成人(20歳以上)と同じ扱いとなります。

選挙権についてはこれまで通り18歳になると手にすることができます。

逆に、これまで日本では女性は16歳以上であればけっこんをすることができました。

これが現行法律では18歳に引き上げられ、男女ともに結婚をできるのは18歳以上となりました。

また、成年年齢が18歳になっても飲酒や喫煙、ギャンブル(競馬や競艇、オートレースなどの投票権(馬券)などの購入)などの年齢制限は健康面への影響や非行防止、青少年保護などの観点からこれまでと変わらず20歳からとされています。

では、ここまで何度も目にした『 成年(成人)』は英語で表すとどのような表現になるのかみなさんは分かりますか?

この場合の『 成年/成人 』を表す場合には『 adult(アダルト)』と言う表現になります。

この単語には『 成年 』という意味以外にも『 子ども(Child)と比べて大人 』という意味も含まれていますが青年を表す最も代表的な表現。

The age of adulthood in Japan is eighteen.

(ザ エイジ オブ アダルトフッド イン ジャパン イズ エイティーン)

:日本の成人年齢は18歳です。

When a person reaches 18 years of age, they are considered to be an adult in Japan.

(ウェン ア パーソン リーチェズ エイティーンイヤーズ オブ エイジ ゼイ アー コンシダー トゥ ビー アダルト イン ジャパン)

:日本では18歳になると成人とみなされます。

The age of adulthood has been reduced from April 1, 2022, to 18 years.

(ザ エイジ オブ アダルトフッド ハズ ビーン リデュースド フロム エイプリル ファースト トゥエンティトゥエンティトゥ トゥ エイティーンイヤーズ)

:成人の年齢は2022年4月1日から18歳に引き下げられました。

In the past, adults can smoke and drink, but now adults can’t smoke or drink until they reach the age of 20.

(イン ザ パスト アダルツ キャン スモーク アンド ドリンク バット ナウ アダルツ キャント スモーク アンド ドリンク アンティル ゼイ リーチ ザ エイジ オブ トゥエンティ)

:以前は成人すると喫煙や飲酒ができたが、今は20歳になるまでは喫煙も飲酒もできません。

At the age of 18, you will be given the right to vote in elections.

(アット ザ エイジ オブエイティーン ユーウィル ビー ギブン ザ ライト トゥ ボウト イン エレクションズ)

:18歳になると選挙に投票する権利が与えられます。

 

どうでしたか?

まだ改訂されたばかりの法律なので知らなかったという人も、もちろん既に知っていたよ!という人も改めて日本の民法について理解を深める機会を持ってもらうことができたのではないでしょか。

上記では触れていませんが“大人”という意味で使われる英語表現は『 adult(アダルト)』以外にもいくつかあり、“成長した”を意味する『 grow up(グロウアップ) 』や“成熟している”を意味する『 mature(マチュアー)』などもあります。

それぞれのニュアンスの違いや使い分けも含め気になったという人もいたのではないかと思います。そんな人のために後日改めてこれらのニュアンスの違いや使い分け方についてまとめた記事を出そうと思います。

それでは今回はこの辺で終わります。。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事