エイプリルフール

こんにちは。

3月もあと1週間で終わりです。
いよいよ、本格的に春がやってきますね。

日本の春は花粉を除けば、気候的にもとても過ごしやすいので四季の中でも春が好きと言う人は少なくないのではないでしょうか。

そんな春の訪れとともに、毎年4月の初めの日にやってくるのが『 エイプリルフール 』です。

この日は1年に1度だけ、海外でも日本でも“嘘をついても許される日”とされています。
素直な人ほど、毎年家族や友人に嘘をつかれているのではないでしょうか。笑

そこで、今回は1週間後に迫る『 エイプリルフール 』についてご紹介していこうと思います。

文化や伝統、価値観の観点から『エイプリルフール 』に嘘をつくことをNGとする国もあるので、併せて知っておいてもらえたらと思います。

それでは、さっそくみていきましょう。

エイプリルフール 

毎年4月1日は『 エイプリルフール 』です。

『 エイプリルフール 』は英語で『 April Fools’ Day (エイプリルフールス デイ)』と言います。

【 April(4月)+Fool(ばか・からかう・ふざける)+Day(日)

『 エイプリルフール 』は皆さんもよく知っている通り1年に1度、4月1日に限り、“嘘をついても許される日”とされています。

日本語に直訳して『 4月馬鹿 』と言われることもありますね。

『 エイプリルフール 』元々は欧米で生まれた風習と言われているのですが、実は起源がはっきりとわかっておらず、いくつかの説があります。

その中で最も有力な説がフランスを起源とする説のようです。

昔ヨーロッパでは3月25日から4月1日まで春の祭りを開催していましたが、1564年にシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用。

すると、それに反発した民衆が4月1日を『 嘘の新年 』として抗議のお祭りを始めました。それを許さなかったシャルル9世は『 嘘の新年 』を祝う多くの民衆を処刑してしまうのですが、さらにそれに抗議する形でその後も『 嘘の新年 』を祝い続けたことが由来とされています。

『 エイプリルフール 』が日本に伝わったのは大正時代と言われており、かつて日本では中国伝来の風習で4月1日を「 不義理の日 」としていました。

不義理の日 」は、義理を欠いている人に対し手紙を出し失礼を詫びるための日です。

大正時代に入り欧米から『 エイプリルフール 』と言う風習が日本に伝わり、「 不義理の日 」に変わり『 エイプリルフール 』が全国へと広まっていったそうです。

エイプリルフールの“うそ”=Lieじゃない? 

“嘘”を英語で表現してくださいと言われた時みなさんはどんな単語を思い浮かべますか?

1番に『Lie(ライ/嘘)』を思い浮かべた人はどれだけいるでしょうか。

実はこの『 Lie 』と言う単語は日本語で言う“嘘”よりもかなり強い意味を持ち、故意の嘘や偽り、虚言など侮辱を表す単語なんです。

その為、『 エイプリルフール 』のような人を面白おかしく騙すような“うそ”をつく場合には別の単語が使われるんです。

『 エイプリルフール 』の“うそ”は“ふざけて人をひっかける”もので人をおとしめたり悪意のある嘘ではないので『 joke(ジョーク)』や『 prank(プランク)』といった単語が使われます。

これらはどちらも人をあざむいたり、悪意を持って陥れようとしたりする際には決して使われない単語です。

joke(ジョーク)

人を笑わせるためにする“こと”や“言う”ことを表す単語で冗談を意味します。

prank(プランク)

冗談で誰かに仕掛けられる“悪ふざけ”を表す単語でいたずらを意味します。

構えていても毎年April Fool’s jokeやApril Fool’s prankにかかってしまう素直な人っていますよね。

そんな時って誰かに「騙された~」と話したくなるものですよね。

そんな人が使えるエイプリルフールの嘘で騙されてしまった人が誰かに話す際に使えるフレーズがこちら。

I fell for an April Fool’s joke.

(私はエイプリルフールの嘘に騙されました。)

“fall for” で「落ちる」と言う意味で使われ

“fell for”で「落ちた」と言う意味になります。

さて、今回ここまで『 エイプリルフール 』についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

毎年、何気なくやってきてサラッとジョーダンを言って終わっていたと言う人も、毎年決まって誰かを喜ばせるような嘘をついていると言う人も、逆に毎年騙されてしまっていると言う人も、今回ここで『 エイプリルフール 』の起源や“嘘”表現、騙されてしまった際に使えるフレーズなど知ってもらうことができたのではないでしょうか。

来週やってくる『 エイプリルフール 』に備えて人を幸せにする小さな嘘、考えてみませんか?

それでは今回はこの辺で・・・

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事