国民の祝日『建国記念の日』

国民の祝日『建国記念の日』

こんにちは。

いよいよ2月に入り、明日は立春です。

その前日ということで、今日は日本の年中行事『 節分 』ですが、豆まきや恵方巻き、“鬼”の準備は出来ていますか?

2月頭ということで、まだまだ寒さは相変わらずですが、昼間の日差しは暖かくなりつつありますね。

もうすぐそこまで春がやってきています。

さっそくですが、来週2月11日(金)は『建国記念の日』です。

『建国記念の日』は国民の祝日とされていますが、この祝日の意味をきちんと理解している人はどのくらいいるでしょうか。

『建国記念の日』というのだから国が出来た記念の日なのだろうと思う人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

今回は、そんな日本国民の祝日『建国記念の日』についてご紹介していこうと思います。

『建国記念の日』

 

さて、『建国記念の日』ですが、これは日本国民の祝日の1つで、“国民の祝日に関する法律”、通称:祝日法によって「建国をしのび、国を愛する心を養う」日として定められています。

実は日本には、「今日、この日をもってこの地を日本とします!」という明確な日にちがないため、祝日法に基づき『建国記念の日』が定められ、建国神話をもとに旧紀元節と同じ2月11日に『建国記念の日』が設定されました。

では、先ほどから出てきている『建国記念の日』を英語ではどのように表現されるのかみていきましょう。

National Foundation Day
(ナショナル ファウンデイション デイ/ 建国記念の日)

では、『建国記念の日』について説明する際にどのように伝えたら良いのかも合わせてみていきましょう。

National Foundation Day is a national holiday in Japan.
(『建国記念の日』は日本の祝日の1つです。)

In Japan,  National Foundation Day is said to be it is translated “Kenkoku-kinen-no-hi “.
(日本ではナショナル ファウンデーション デイ(国が創立された日のこと)を「建国記念の日」と訳します。)

“Kenkoku Kinen no Hi” is a Japanese national holiday held on February 11th, literally meaning “National Foundation Day”.
(「建国記念の日」は2月11日にある日本の祝日で国が創立された日の事です。)

Even though it is called National Foundation day, it is not a historical date of the beginning of Japan.
(『建国記念の日』と呼ばれていますが、日本が始まった歴史的な日ではありません。)

“Kenkoku Kinen no Hi” means National Foundation Day.
(「ケンコクキネンノヒ」とは建国記念の日を意味します。)

“Kenkoku Kinen no Hi” literally means National Foundation Day in Japan which is established in 1966.
(『建国記念の日』とは1966年に制定された日本という国が創立された日を意味します。)

It was decided that Japan was founded on February 11 because no historical basis has been found.
(日本が創立された正確な日が分からなかった為、2月11日が日本の始まりと定められました。)

The ordinance stipulates that “February 11 be National Foundation Day.
(政令によって『建国記念の日』2月11日としています。)

上記のように説明してあげることで日本の『建国記念日』がいつであるのか、

毎年いつを建国記念の日としているのかを伝えることができます。

なみに・・・ 

アメリカでは『建国記念の日』ではなく『独立記念日』がありますが、これを下記のように表現します。

Independence Day
(インディペンデンスデイ/独立記念日)

1776年グレートブリテン王国(イギリス)によって統治されていたアメリカの植民地が独立したことを宣言し、大陸会議によって採択されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日のこと。

カナダの建国記念日は“National Foundation Day”ではなく

Canada Day
(カナダデイ/カナダの建国記念日)

1867年カナダが1つの連邦として自治を開始した日で、毎年7月1日に定められているカナダの『建国記念の日』のこと。

この日は日本同様、国民の祝日と定められているため、学校や職場も休みとなります。
2017年には150周年を迎えています。

オーストラリアの『建国記念の日』も“National Foundation Day”ではなく

Australia Day
(オーストラリアデイ/オーストラリアの祝日)

1788年に植民を目的としたイギリスの艦隊がシドニーに到着したことにちなんで定められた日で、「Anniversary Day」や「Foundation Day」、「ANA Day」とも呼ばれ毎年1月26日に定められている国民の祝日のこと。

どこの国でも『建国記念の日』を“National Foundation Day”と表現するわけではないということもあわせて覚えておくと良いと思います。

ここまで、『建国記念日』についてご紹介してきましたがどうでしたか?
日本の『建国記念日』についての理解も深まったのではないでしょうか。

また、おまけ程度ではありますが、世界には『建国記念の日』を独自の名称で表現する国や、“建国”ではなく植民地からの独立を意味する『独立記念日』を定める国などがあることも知っていただけたのではと思います。

自国の文化についての知識があることは、異文化交流をする上で会話の幅が広がりとても良いことだと思います。

これを機に、英語学習や日本の文化についても関心を持ってもらえると良いなと思います。

それでは今回はこの辺で終わろおうと思います。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事