節句にまつわる英語表現

節句にまつわる英語表現

こんにちは。

年が明けあっという間に1月も終盤。

2月の初めにやってくる行事といえば『節分』ですが、皆さんは『節分』と聞いてどんなワードを思い浮かべますか?

「豆まき」・「恵方巻き」「ヒイラギイワシ」に“鬼”や“福”あたりでしょうか。

日本には世界ではあまり知られていないユニークな年中行事がたくさんあります。
日本独自の行事ということもあ理、“コレ!”という直訳になるような英語表現は存在しません。

では、そんな日本独自の行事を外国人にわかりやすく説明するにはどんな風に伝えるといいのでしょうか?

今回はそんな年中行事の1つ。

節分』についてご紹介していこうと思います。

節分 

2月3日は皆さんご存知『節分の日』ですが、そもそも節分がなぜ2月3日なのか、なぜ鬼が来て、豆を撒くのか知っていますか?

知っているようで意外と知らない『節分』についてを英語表現を交えながらご紹介していこうと思います。

まず、『節分』という言葉自体は英語に直訳できる単語はない為、『Setsubun』と日本語同様の表現となります。

節分がいつなのかを伝えたい時には下記のように伝えることができます。

February 3rd is the day of Setsubun.
(2月3日は節分の日です。)

Setsubun is  held on Feb 3th.
(“節分”は2月3日に開催されます。)

ところでなぜ『節分』が2月3日なのか皆さんはご存知ですか?

今でも日本では新学期や新年度が4月(春)とされているように、昔から日本では春が1年の始まりとして、他の季節に比べ特に大切にされてきました。

そのため、冬と春を分けるという意味で春が訪れる前日、立春の前日を節分としたそうです。

では、次に節分にどんな意味があるのかを説明したい時にはどのように伝えると良いのかみていきましょう。

The literal meaning of the word Setsubun is “division of the seasons.
(“節分”は季節の分割(分けること)を意味します。)

Setsubun is the event held to pray for our happy and healthy life.
(“節分”は冬の終わりと春の訪れを意味します。)

Setsubun is the event held to pray for our happy and healthy life.
(“節分”は私たちの幸福と健康を願うイベントです。)

皆さんは『節分』にどんな意味が込められているのか知っていましたか?

子供の頃からなんとなく毎年やってくる行事なので意味はわからないけど毎年節分をやっていたという人も中にはいるのではないでしょうか。

また、上記のように説明してあげると、日本の『節分』文化を知らない外国人でも、どんな願いが込められたイベントでいつ開催されているのかを理解してもらうこが出来るのではないかと思います。

それでは『節分』について理解してもらえたところで、次は『節分』の日にはどんなことをするのか?をみていきましょう。

節分の日には何をする? 

ここからは節分の日にどんなことをするのか?をみていきたいと思います。

日本に住んでいて、日本の行事を知っている人であれば先ほどまでのどんな意味があるのかということとは違い、ほとんどの人が知っていることかと思います。

では、それを英語で説明と言われるとなかなかぱあと説明できる人は少ないのではないかと思います。と、いうことで英語でどんな表現にすると伝えられるのかを交えてご紹介していきたいと思います。

To get rid of the oni, people scatter roasted soybeans both inside and outside of their houses.
(鬼を追い払うために行った大豆を家の中と外に撒きます。)

On that day, we throw away beans by saying “oni out! Happiness in!”
(「鬼は外!福は内!」と言いながら豆を撒きます。)

Scatter soybeans then people eat beans as numbers as their age.
(豆まきを終えると人々は年の数だけ豆を食べます。)

We eat “Ehoumaki” which is a thick sushi roll in Setsubun.
(節分には“恵方巻き”というお寿司を食べます。)

It’s regarded as a good thing to eat Ehoumaki in Setsubun.
(節分では恵方巻きを食べると縁起が良いとされています。)

Ehomaki should not be cut. This represents not cutting any good bonds in the future.
(恵方巻きは切らずに食べます。縁を切らないという意味が込められているからです。)

When eating Ehomaki, look in the year’s good luck direction, and eat quietly while making a wish.
(恵方巻きは節分の夜にその年の幸運の方向(恵方)に向かって願い事をしながら静かに食べます。)

ここでは鬼を敢えて“oni”としましたが“demon”や“devil”でも通じます。
その際、“鬼”という表現ではなく“悪魔”という表現になります。
また、“恵方巻き”は日本独自の食べ物なので日本語同様の表現とし、詳しく話す際には“Sushi rolls”などと表現してあげるとどんな形状の食べ物なのか伝わりやすくなります。

今回はここまで日本の年中行事、『節分』についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

なかなか海外に行くことも海外から日本に入ってくることも難しのが現状。
外国人に直接『節分」を体験してもらうことは難しいので、もしチャットでやりとりをする際やオンライン英会話を習っている人がいればチャットのやり取りの中や授業で、『節分』について英語で紹介してみるのはどうでしょうか?

今回はこの辺で終わります。

また次回をお楽しみに。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事