『小正月』を英語で表現

『小正月』を英語で表現

こんにちは。

早いもので年が明けて2週間が経とうとしていますが、みなさんは今年、初詣に行きましたか?

初詣は基本的にお正月にやってきた神様のいる『松の内』の期間までに行くと良いとされていて、関東では1月7日まで、関西では1月15日までとなります。

正月三が日は人が多く、わざわざ人混みの中へ赴くのは躊躇してしまったという人もいるのではないでしょうか。

私も三が日は混雑が予想されたので年が明け、翌週末に初詣に行ってきました。

そんなお正月の雰囲気も関東では先週7日、関西では今週15日には終わりを迎えます。

そこで今回はお正月事の終わりとして行われる日本の行事『小正月(こしょうがつ)』についてご紹介していこうと思います。

小正月

小正月は年末の準備から元旦、松の内と続いてきた正月を締めくくる一連の行事のことを言い、主に旧暦で元日に当たる1月15日を中心とした1月14日~16日の3日間の日程で行われます。

明治時代に太陽暦が採用されたことによって現在の元日=1月1日の『大正月』に対して『小正月』と呼ばれるようになったのだとか。

他にも大正月を『男正月』と言い、嫁ぎ先から一時的に里帰りをして一息をつくという習慣から新年早々忙しく働いた女性を労うという意味で小正月は『女正月』と言う呼び方もされています。

では、この『小正月』英語で伝えたり説明をする際はどのように表現したら良いのか見て行きましょう。

The little New Yea is from January 14th to 16th, which is the New Year of the lunar calendar.
(小正月は旧歴の正月である1月14日から16日までです。) 

The little New Year (January 15 or during14 and 16 by the lunar calendar)
(小正月(旧暦で1月15日または14と16の間))

と上記のように説明することでいつからいつまでなのかを伝えることができます。

では、先ほどから言っている『小正月』とは一体どんな行事なのか、この3日間でどんなことをするのか、みなさんは知っていますか?

どんど焼き

『小正月』と言えば、『どんど焼き』です。

呼び方は地域によって変わり「左義長(さぎちょう)」とも呼ばれています。

では、『どんど焼き』はどんなことをするのか?
これは知っていると言う人も多いのではないでしょうか。

『どんど焼』は、年末から三が日にかけて飾っていた正月飾りを松の内が明けて外し、1箇所に集め積み上げて燃やし歳神様をお見送りし、神聖な火による浄化の力で1年間の災いを払って豊作・商売繁盛・家内安全や無病息災・子孫繁栄を願う風習です。

基本的にはお正月の間飾っていた門松やしめ飾り、書初めなどを広場に集めて山になるように積んで火をつけて燃やします。

これらが燃えた後にお餅や団子を焼いて食べるのもこの行事の楽しみの一つですよね。

では、これらを英語で伝えるには、どんな風に表現したら良いのかみていきましょう。

Dondoyaki is a fire festival held on January 15th.
(どんど焼きは1月15日に開催される火祭りです。)

DondoYaki or Sagicho is a fire festival usually held on January 15th marking the end of New year’s celebrations.
(どんど焼き/左義長は新年の祝いの終わりを記念して通常1月15日に開催される火祭りです。)

In Dondoyaki, the New Year’s decorations are burned with fire.
(どんど焼きでは正月飾りを火で燃やします。)

People gather New Year’s decorations of the neighborhood and burn them in a big bonfire.
(人々は近所のお正月飾りを集めて大きな焚き火で燃やします。)

どんど焼きでは正月飾りを焼いた後の灰を持ち帰って自宅の周りにまくと、魔除けや厄除けになるといわれています。
また、失敗した書初めを燃やした際に炎が高く上がると字が上達するともいわれています。

上記のようなフレーズでどんど焼きがいつどんなふうに行われているのかを伝えることができます。

また、この時に火で炙った団子などを食べるのもこの行事の楽しみの一つですよね。

どんど焼き後にお餅や団子を焼いて食べるとその1年は健康に過ごすことができるといわれているのですが、説明をしたい!そんな時はこんなフレーズで説明してみてください。

It is said that if you eat rice cakes and dumplings baked on a bonfire, you can spend a year in good health.
(焚き火で焼いたお餅や団子を食べると1年間健康に過ごせるといわれています。)

It is said that you can spend a year in good health by eating rice cakes and dumplings that have been roasted on the fire at this time.
(どんど焼きの時に焚き火で焼いたお餅や団子を食べると1年健康に過ごせるといわれています。)

People bake rice cakes in the Dondo bonfire and eat them.
It is said that you’ll be able to keep good health throughout the year by eating these rice cakes.
(人々はどんど焼きの焚き火でお餅を焼いて食べます。これらのお餅を食べることで1年中健康を維持できるといわれています。)

さて、今回はここまで『小正月」にまつわる英語表現をご紹介してきました。

関西地方ではいよいよ明日から小正月ということで至る所(地域)でどんど焼きを見ることができるのではないかと思います。

地域によっては関東でも今週行われているところもあるようなので是非今週末、正月飾りを持ってどんど焼きに参加してみてはいかがですか?

それではまた次回お会いしましょう。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事