クリスマスマーケット

こんにちは。

12月も半ば、夕方4時頃には日も落ちてきて日を追うごとに冷え込みが強くなり、いよいよ冬になったなと感じる今日この頃ですが、みなさんはいかがお過ごしですか?

12月といえばクリスマス!ということで、これまでにクリスマスまでをカウントダウンするために使われる『 Advent calendar(アドベントカレンダー) 』や『 Advent wreath(アドベントリース) 』、クリスマス前に飾り付ける『 Christmas tree(クリスマスツリー) 』や、それらと一緒に飾られるくるみ割り器と人形を掛け合わせた『 Nutcracker(ナッツクラッカー) 』についてご紹介してきましたね。

いさて、突然ですがみなさんは【 Christmas market(クリスマスマーケット)】と言う言葉を聞いたことはありますか?

近年では日本でもクリスマスマーケットが行われるようになりましたが、行ったことがあるという人はそう多くないのではないでしょうか?

そこで今回は『 Christmas market(クリスマスマーケット) 』についてご紹介していこうと思います。

Christmas market

Christmas market(クリスマスマーケット)』はドイツやオーストリアなど、欧州各地においてクリスマスの時期に街の中心の広場で必ず行われるイベントのことを言い、主に“Advent season”に開催されます。

広場にたくさん出店されるおしゃれな屋台(木造家屋のようなつくりの屋台)ではクリスマス用品、クリスマスツリーに飾るためのオーナメントや陶器、前回の記事でご紹介した

【 Nutcracker(くるみ割り人形)】などのお土産が売られていたり、様々な食事を楽しむことができます。日本で言うところの縁日ですね。

また、観光都市では遊園地のようにメリーゴーランドや観覧車などが設置されるところもあります。

Advent seasonとは~

ヨーロッパを中心にクリスマスの準備期間として根付いており、クリスマスの4週間前の日曜日からクリスマス直前の日曜日まで(日曜日4回分)の期間のこと。

Christmas marketの歴史 

歴史(起源)については諸説あるようですが、ドイツやオーストリアが発祥で、1年の中で最も大事な行事のクリスマスの日に備えて、必要なものを街の人々が広場に持ち寄って交換したのが始まりと言われ、後にドイツ系の移民たちによってこのイベントをイギリスやアメリカに伝えていったと言われています。

クリスマスに必要なものを持ち寄ったことから、クリスマスマーケットではクリスマスに関連したものを売る屋台が多く出展されています。

では、そんなクリスマスマーケットではどんなものが売られているのか知っていますか?

みていきましょう!^^

Christmas marketで販売されているもの

ここからはChristmas marketで販売されている料理やアイテムなど、代表的なものを少しずつをご紹介していきます。

まずは、食べ物から。

〜Stollen〜
(シュトーレン)

ドイツの菓子パンで酵母の入った生地にレーズン、レモンピール、オレンジピール、ナッツなどが練りこまれていて、焼き上げたケーキの表面には真っ白くなるまでたっぷりと粉砂糖がまぶしてあります。

『Stollen』はドイツ語で“抗道”を意味し、断面がトンネルのような形をしていることから『Stollen』と名付けられたそうです。

なぜシュトーレンがクリスマスに食べられるようになったのか?

それは、シュトーレンの形が幼子イエスを産着で包んでいるように見えることから司教への献上物とされたことでクリスマスに食べられるようになったと言われています。

〜Lebkuchen〜
(レープクーヘン)

ドイツで作られている伝統的なお菓子でオレンジ、レモンの皮、シナモン、クローブやハチミツを使って作られたクッキーのような見た目のケーキです。

大きなハート型にかたどられ、屋台の軒先に飾られ売られるクリスマスの定番お菓子の1つです。

〜mulld waine〜
(マルドワイン)

クリスマスマーケットの大定番と言われる【マルドワイン】。
ドイツ語では【グリューワイン】と呼ばれています。

赤ワインにオレンジピール、シナモン、クローブなどの香辛料やシロップを加えてアルコールが完全に飛んでしまわないギリギリまで温めて提供されるホットカクテルの一種。日本では“ホットワイン”と呼ばれています。

マルドワインの入ったカップはデポジット制ですが、飲み終わったあとカップを返却するとお金は戻ってきます。(そのままお持ち帰るもOK)

日本では完全なる和製英語で“ホットワイン”と呼ばれています。

〜hot chocolate〜
(ホットチョコレート)

アルコールが飲めない人の定番は体を温めてくれるホットチョコレート。

お次はクリスマスマーケットで購入することのできる雑貨。

〜Ornament〜
(オーナメント)

クリスマスツリーを彩るオーナメント(飾り)。
木製のものから金属製、ケイトやフェルト製のものまで形もいろも様々なものが売られています。

〜Krippe〜
(クリッぺ)

木彫りや粘土などでイエス・キリストの生まれれた馬小屋の情景を模した人形で、クリスマスシーズンに教会や室内などにかざられる置物。

サイズは様々で小さいものでお人形サイズのものから等身大と大きなものまであります。

〜Nutcracker〜
(ナッツクラッカー)

ドイツの民芸品として有名なひげを生やし色鮮やかな制服をまとった兵隊姿が印象的な木製の人形です。顎の部分にくるみを入れ、背中にあるレバーを押すことでくるみの殻を割ることができます。

今回は、ここまで【 Christmas market 】についてや、そこで売られているものについてご紹介してきましたがいかがでしたか?

ここ数年で日本でも各地でアドベントシーズンにクリスマスマーケットが開催されているので今年は家族や大切な人と一緒に出かけて、少しでも海外にいる気分を味わってみませんか?^^

それでは今回はこの辺で。。。

また次回お会いしましょう!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事