11月末から12月頭にかけての 一大イベントといえばこれ!

11月末から12月頭にかけての 一大イベントといえばこれ!

こんにちは。

11月も残すところ1日。

明日からはいよいよ今年最後の月、12月です。

そろそろ来月末に迫るクリスマスに向けてプレゼントを探し始める時期なのではないでしょうか?
と、言うことで今回は、一旦「さまざまな職業の英語表現」のご紹介をお休みして

少し出遅れてしまった感は否めませんが11月末から12月頭に開催される一大イベントについてご紹介していこうと思います!

アメリカではハロウィンが終わりクリスマスまでの間、11月の第4木曜日に『感謝祭』を開き、実家に帰って家族と七面鳥を食べたり友人とフットボールを見たりして過ごす習慣があります。

この『感謝祭』の翌日の金曜日に街の至る所で年内最大のセールが行われるのですが、

それこそが11月の一大イベント!

『 BLACK FRIDAY(ブラックフライデー) 』です。

BLACK FRIDAY 

近年世界的な広がりを見せ、日本でも数年前から耳にするようになった『 BLACK FRIDAY(ブラックフライデー) 』
11月第4週目の木曜日『感謝祭』があった翌日である金曜日に年内最大のセールをすることで多くの人々が買い物をする為、お店が黒字になるということからブラックフライデーと呼ばれるようになったそう。

実際にアメリカでは多くの人がこのセールを皮切りにクリスマスプレゼントの購入を始めるそうです。日本でも子供達に欲しいものを聞いておいてこの時期に合わせて動き出す親御さんが増えたのではないでしょうか?

『 BLACK FRIDAY 』名称の由来は? 

1950年後半、アメリカ合衆国フィラデルフィア州の警察官が始まりと言われています。
感謝祭の後、街の至る所で年内最大のセールが始まり多くの買い物客やアメリカンフットボールの試合に多くの観客が殺到し街中が混乱。
そのためフィラデルフィアの警察官は街中に殺到した人々や交通を制御するため、一般人のようにこの日を休日とすることができず、さらにはこの日に限り長い勤務時間に調整しなければなら無かった為に“警察官にとってとても多忙な1日”という悪い意味で『 BLACK FRIDAY(ブラックフライデー) 』と呼ばれていました。
その後、現在のように感謝祭の翌日から多くの店で行われる年内最大セールで人々が買い物をすることによってお店が1年分以上の売り上げを得られる。
黒字になるという良い意味で使われるようになったようです。

Cyber Monday 

11月のブラックマンデーが終わるとすぐに始まるのが『 Cyber Monday(サイバーマンデー)』です。

これは、ブラックフライデーの次の月曜日から始まる大規模なオンラインショッピング上でのセールのことで、こちらも数年前から日本でもお馴染みなりつつあるセールの1つですね。

11月の第4木曜日『感謝祭』の休暇中に家族や友人と実店舗へ買い物に出かけた人々が、『感謝祭』の休暇明けに地元から自宅に戻り、今度は職場や自宅からオンラインショッピングをします。
これに合わせたイベントが『 Cyber Monday(サイバーマンデー)』です。

サイバーマンデーの『サイバー』には「コンピューターの」や「インターネットの」という意味があります。

『 Cyber Monday 』名称の由来は? 

『感謝祭』の休暇中に混雑する実店舗へ買い物へ出かけた人々が休暇明けに自宅に戻り、自宅や職場からオンラインショッピングをすることで『感謝祭』の次の月曜日にオンラインショップの売り上げが急増することを受けて2005年全米小売協会の“Shop .org”が初めて使い始めたのが由来とされています。

さてさて、ここまで11月末から12月頭にかけてのイベントということで

『 BLACK FRIDAY(ブラックフライデー) 』

『 Cyber Monday(サイバーマンデー)』をご紹介してきましたがいかがでしたか?

来年の『 BLACK FRIDAY 』や『 Cyber Monday 』、またはこれからクリスマスに向けてのお買い物に備えてショッピングで使えるフレーズを少しご紹介しようと思います。

Shopping phrase 

買い物中、欲しい物がどこに陳列されているのかが分からなかったり、そもそも欲しいものが売っているのかがわからず店員さんに尋ねることってありますよね?

そんな時に使えるフレーズがこちら!

『 Do you sell○○? 』
(○○は販売していますか?)

『 Do you have any○○? 』
(○○はありますか?)

『 I’m looking for○○? 』
(○○を探しているのですが…)

『 Where can I find it○○? 』
(○○はどこにありますか?)

これらのフレーズを使う際には、日本同様『 Excuse me, Do you sell○○? 』のように、マナーとして必ず“すみません”というフレーズをつけるようにしましょう。

また、欲しい商品に在庫があるかどうかや、欲しい商品を販売していなかった場合に他に商品を取り扱っているお店を聞く際に使えるフレーズがこちら

『 Do you stock this item? 』
(この商品は在庫がありますか?)

『 Where can I buy it? 』
(どこに行けば買うことができますか?)

『 Do you know anywhere else I could try? 』
(他に取り扱っているお店をどこか知っていますか?)

以上、お買い物の際に使えるフレーズのご紹介でした。
今回はほんの一部のご紹介でしたが実践で使えるものばかりなので是非ご活用ください!^^

今回ここではアメリカ発の『 BLACK FRIDAY(ブラックフライデー) 』『 Cyber Monday(サイバーマンデー)』という年内最大のお得にショッピングを楽しむことのできるイベントをご紹介してきました。

いよいよ12月クリスマスも近づいてきたので近々『クリスマスにちなんだ英語』をご紹介できればと思っています。

次回は、前回に引き続き『職業の英語表現』ということで『病院に関わる職業』をご紹介していこうと思います。

それではまた。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事