「冬」に関連のある単語を使ったイディオム~(Part 2)

こんにちは、前回の
「冬」に関連のある単語(coldやiceなど)を使ったイディオムでは、「冬」に関連のある単語を使ったイディオムを5つご紹介しました。

今回も前回にに引き続きPart2として、さらに5つのイディオムを紹介していきますね。

Get cold feet

【意味】怖気付く、逃げ腰になる、、二の足を踏む、いざとなったときにびびる

【解説】直訳すると「冷たい足を手にいれる」となりますが、不安や緊張など精神的に追い込まれた結果、実行する寸前で怖気付いてしまい、何かやろうしていたことをできなかったシチュエーションに使います。

【例文】
・He got cold feet just before the wedding.
・結婚式の直前になって、彼は怖じけずいてしまいました。

・ I was supposed to bungee jump but I got cold feet.
・バンジージャンプをしようと思いましたが、いざとなったらビビってしまいました。

Be snowed under

【意味】仕事などに追われている

【解説】「be snowed under」は直訳すると雪に埋もれるという意味ですが「ドカ雪に降られて埋もれた、身動きが取れない状態」を指します。なんとなくイメージがつきますよね!仕事や課題などすることが沢山ありすぎ、ててんてこ舞いの状態や手が回っていない状況を表す時に使われる表現です。

「I’m snowed under」.とだけ言っても意味は伝わりますが、特に仕事や課題など〜で追われていると付け加えて言いたい時は、前置詞の「with」を使います。

【例文】
・I’m snowed under with work.
・仕事に追われています。

・I’m snowed under with emails today.
・今日は返事しきれないほどeメールがあります。

Snowball effect


【意味】雪玉効果、雪だるま式

【解説】日本語でも雪だるま式といいますよね。雪の球が転がる時、周りの雪を集めて大きな玉となりながら、どんどんスピードを増す様子から来ています。これが転じて物事のサイズや重要性が加速して増すことの比喩として使われます。

「snowball は「雪玉」という意味ですが、「雪だるま式に増えるもの」という名詞、もしくは「雪だるま式に増える」という動詞でも使われます。

【例文】
・The amount of foreign debt snowballed.
・対外債務が雪だるま式に膨らみました。

Chill out

【意味】落ち着く、リラックスする、まったりする

【解説】はっきりとした目的を持たず気楽に時間を過ごすことを表します。relaxに似た意味を持ちますが、relaxは休息、体を休める意味合いを含むのに対して、chill outにはのんびりと時間を過ごす様子、楽しむ様子が表現されます。

chill outは日常のくだけた表現に用いられるスラングですので、目上の人や初対面の相手に使うことは避けた方がよいです。
もちろんビジネスシーンでの使用はやめましょう!

【例文】
・What are you doing now? – I’m just chilling out.
・「今何してる?」- 「ただリラックスしているだけだよ。」

・ I like chilling out on my bed.
・ベッドでゴロゴロするのが好きです。

On thin ice

【意味】危うい・不安な立場に、危険な状態で

【解説】「on thin ice」 の直訳は「薄氷の上」です。薄い氷の上にいるということはつまり、「危なっかしい状態にいる」ということを指しています。凍った池の上を歩くように「危ない橋を渡る」「危険な立場に立つ」「首の皮一枚でつながっている」という表現に近いニュアンスです。

「skate」や「dance」 という単語と一緒に「skate on thin ice」「dance on thin ice」という風に使われることもあります。

【例文】
・You are already on thin ice, so you need to smarten up or you’ll be fired.
・あなたは既に危うい立場に立たされているのよ、きびきび仕事をしないと解雇されますよ。

・He knew he was skating on thin ice when he tried to buy the ticket on the black market
・彼は闇ルートでチケットを購入しようとしていたので、危ない橋を渡っていると自覚していました。

以上、寒いに関係する単語を使ったイディオムをいくつか紹介してきました。

イディオムは日常会話で頻繁に使われています。自分が使うことがなくても、イディオムを知らないと、意味が全く分からず、会話を理解できないこともあります。ぜひ、いざという時に、「これ聞いたことある」と思えるように覚えておいてくださいね。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事