「ゲームセンター」って英語で「game center」?ではないんです!

「ゲームセンター」って英語で「game center」?ではないんです!

こんにちは!前回は遊園地について
「遊園地、アトラクション」英語でなんて言う?をご紹介しましたが、
今回は、遊園地の中にもあるゲームセンターについて解説していきます。

UFOキャッチャー、メダルゲームなど様々なゲームのある「ゲームセンター」は子どもから大人まで夢中になれる場所ですよね。

カタカナ表記なのでは「game center」は、英語なのかなと思いがちですよね!
なんとなく通じそう!しかし…

「ゲームセンター」は英語では通じない和製英語なんです。

では、「ゲームセンター」を英語ではなんといのでしょうか?

ゲームセンター:amusement arcade

正解は…「amusement arcade」といいます。

会話の内容からあえて、「amusement arcade」と言わなくてもわかる場合には単に「arcade」と言っても大丈夫です。
そして、ゲームセンターにあるゲームは「arcade game」といいます。こちらも指しているものが明確な場合は、単に「game」といっても大丈夫です!
「arcade game」はゲームセンター内に設置されるゲーム機の総称で、クレーンゲーム、テレビゲームなどが含まれます。

代用貨幣 :token/arcade token

ゲームセンターの中で使われる、チケットやコインなどのことで、景品と交換することができるものを「token/arcade token」といいます。
token いは他にも「象徴、記念品、商品引換券」などの意味があります。

・Let’s exchange our money for tokens before we play these games.
・ゲームをする前に、お金をコインと引き換えましょう。

UFOキャッチャー:claw machine/claw crane

こちらは「claw machine」とか「claw crane」と呼ばれています。
クレーンの一番さきが爪(claw)のようになっていることからこういう名前がつきました。
そして、日本語でもあるように「crane game(クレーンゲーム)」でも通じます。

私はあまりゲームセンターに行くことがないのですが、そういえば、私が子供のころは「クレーンゲーム」と言ってたのが、いつの間にか「UFOキャッチャー」に変わってたような気がするな!と思って、調べてみると・・・

クレーンゲームとUFOキャッチャーは、いずれも同じ機能を持った機械のことを指しますが、クレーンゲームとはコインを投入し、おもちゃのクレーンを操作することによって景品(ぬいぐるみやお菓子など)をつかみ取るゲーム機の総称であるのに対し、UFOキャッチャーとは、セガが製造・販売するクレーンゲーム機のことで、クレーンの部分がUFOの形をしているのが特徴。

ということを知りました。
そしてUFOキャッチャー(正式にはUFO CATCHER)という名称は株式会社セガゲームスの登録商標ということなんです。
これを知ると、なるほど、英語で「UFO CATCHER」ではなく、「crane game」となら通じることが分かりますね。

プリクラ: purikura/photo sticker

プリクラが全盛期の頃、私は高校生でしたが、プリクラをとるのに1時間以上並んだことを覚えています。
ほんとに、すごいブームでしたよね。
プリクラは英語で表すと、「photo sticker」となり、撮影する場所(プリクラの機械)は「photo sticker booth」と表現できますが、日本特有の文化ですので、海外でも、日本の寿司を「sushi」と言ったり、ラーメンは「Ramen」だったりするように、プリクラも「prikura」になりつつあるようです。

日本で外国人と話しているときに、

Let’s take a purikura.
プリクラ撮ろうよ!

という事もできますが、日本文化に馴染みのない人には説明を追加した方が分かりやすいですよね。

モグラたたき: whack-a-mole/ whac-a-mole

「もぐらたたき」は英語でwhack-a-moleと言います。
「whack」は「たたく」や「打つ」という意味で、「mole」は動物の「もぐら」という意味です。

・I like to play whack-a-mole (game).
・私はもぐらたたきゲームが好きです。

そして、モグラたたきの一種ですが、日本では、ゲームセンターに行くと必ずある『ワニワニパニック』。こちらは、「Gator Panic」と言います。「Wacky Gator」と言うこともあります。
「Wacky 」は「変わり者の」や「頭の狂った」を意味する言葉です。

以上、ゲームセンターに関する英語表現のご紹介でした!

ちなみに、私が数年住んでいたフィリピンにもゲームセンターがありましたが、多くの日本のゲーム機が置いてあり、とても嬉しく思ったことを覚えています。時代を感じるような昔のゲーム機もあって、懐かしく感じました!

海外のゲームセンターにもそれぞれの文化がありますので、海外に行った際にはちょっと覗いてみるのも楽しいと思います!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事