メイクにまつわる英語Part1

メイクにまつわる英語Part1

こんにちは。

早いもので10月も半ばになりすっかり秋らしくなり過ごしやすい季節になりましたね。 “秋”ということで、前回までに『ファッション』や『ヘアスタイル』にまつわる英語を ご紹介して来ましたが目を通していただけたでしょうか?

この秋、長期にわたり外出自粛をしてきたことで溜まった鬱憤を ファッションやヘア、メイクにぶつけて思い切りファッションの秋を楽しもうと 思っている人も少なくないのではないでしょうか?

はい。楽しみましょう!
せっかく外出自粛が解除されたんです。
ヘアスタイルもメイクもバッチリ決めて“ファッションの秋”楽しみましょう!^^

「人は外見ではない」という言葉がありますが、本当にその通りだなと思います。 しかし、お化粧をすることで気持ちが明るくなり 発する言葉や仕草が変わったりと良い影響をもたらしてくれることは間違いなく、 ファッションやヘアスタイル同様“自分”を表現するという意味では1つの手段になるものと言えるのではないでしょうか。

そこで今回は『化粧』にまつわる英語をご紹介していこうと思います。
是非、ここで『化粧』にまつわる英語を覚えて実際、口にしながら楽しんでみませんか?^^

お待たせしました。
それでは『“化粧”にまつわる英語』見ていきましょう!^^

化粧[ Makeup ]

“化粧”といえば、そう。『Makeup(メイクアップ)』ですね。

日本語では化粧をすることを「メイクをする」や「メイクアップ」と言いますが、 英語で「メイク」や「メイクアップ」は動詞としては使われないこと、ご存知でしたか? では、英語ではどんな風に表現するのかニュアンスの違いで表現が変わることにも 注目して見ていきましょう。

・put on makeup・

(プット オン メイクアップ)

これは“化粧をする”と言う動作やその作業を表すようなニュアンスになり 【“put on”=のせる】で化粧品を顔に乗せると言う表現になります。

・wear makeup・

(ウェア メイクアップ)

これは“化粧をしている”と言う状態を表すようなニュアンスになり メイク済みであると言う表現になります。

どうですか?
“これからする”と言う状態と“既にしている”と言う状態での表現の違いが わかってもらえたのではないかと思います。^^

それでは、ここからは化粧品についてみていきましょう!

化粧品[ Cosmetic ]

ここからはメイク用品を表す英語をご紹介していこうと思います。
普段からお化粧をする人であれば馴染みのあるアイテムばかりかと 思うので構えずみていきましょう。^^

・makeup base・

(メイクアップベース:下地)

スキンケア後ファンデーションを使用する前に使用するベースメイクのことで、 肌を平にならす役割をします。

・concealer・

(コンシーラー)

シミやクマ、赤みや肌のムラを隠してくれるカバーする役割をします。

・foundation・

(ファンデーション)

下地の上から使用する化粧品で顔全体の均等に整える役割をします。

・powder・

(パウダー:おしろい) ファンデーションの上から使用する粉状の化粧品で本来は首筋や顔などに 塗布して肌を白く見せるため役割をします。

・eyebrow・

(アイブロウ:眉墨) 眉毛を書き足したり整える際に使われる化粧品。

・eye shadow・

(アイシャドウ)

まぶたや目の周囲に使われ、目元を立体的に華やかに見せる効果のある化粧品。

・eyeliner・

(アイライナー)

目の縁に線を引くために使われ、目をくっきりと大きく見せる効果のある化粧品。

・mascara・

(マスカラ)

まつ毛を濃く長く見せるために使われる化粧品。

・blush・

(ブラッシュ:チーク/頬紅)

頬につけるパウダーもしくはクリーム状の化粧品で顔の血色をよく見せることができる。

・highlighter・

(ハイライター:ハイライト)

ファンデーションより明るめで下地やファンデーションなどのベースメイクの最後に おでこや頬、鼻や顎先など立体感や高さ、明るさが欲しい部分に使われる化粧品。

・lipstick・

(リップスティック:口紅)

唇を彩り光沢を出すためや乾燥を防ぎかたちを綺麗に見せるために使われる 唇ようの化粧品。

・lip gross・

(リップグロス)

唇に透明感や艶を与えるために口紅の上から使われる唇用の化粧品。

・manicure・

(マニキュア) 手の爪を彩るための塗料で、そのために使われる化粧品の1つ。
足の爪の施す場合はPedicure(ペディキュア)と呼び区別します。

ここまで『メイクにまつわる英語』と言うことで“化粧”や“化粧品”をご紹介して来ましたがいかがでしたか?

基本的にはメイクをする人であればすぐに分かる程、ほとんどのものが日本でも馴染みのある表現だったのではないでしょうか?^^

次回は『化粧』にまつわる英語Part2と言うことで『化粧道具』などをご紹介していこうと思っています。
そちらもぜひ合わせて目を通してみてください。

それではまた、次回お会いしましょう!^^

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事