ハロウィン「Trick or Treat」意味は?発音は?

こんにちは!今月はクリスマス前の一大イベント「ハロウィン」がありますね。
ハロウィンはもともと、キリスト教の諸聖人に祈りを捧げる祝日「万聖節」の前夜祭として行われるヨーロッパ発祥のお祭りです。
秋の収穫をお祝いし、先祖の霊をお迎えするとともに悪霊を追い払うお祭りで、日本でいえばお盆にあたる行事になります。
最近では宗教的な意味合いが薄れて、子どもから大人まで仮装をして楽しめるイベントになっています。

ハロウィンといえば、魔女やモンスターに扮した子どもたちが街を練り歩き、「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!)と玄関先で声をかけてお菓子をねだり、大人たちは「ハッピーハロウィン!」と答えて、お菓子を渡す光景が名物ですよね。

昨年に引き続き、今年も新型コロナウィルスの影響で、日本でも多くのイベントが中止となったり、オンラインでの開催に変更になったり、例年通りとはいかないと思いますが、今年も様々な形での「トリック・オア・トリート」の光景を見ることができそうですね。
ちなみに、この「トリック・オア・トリート」は英語で書くと「Trick or Treat」となり、日本語にすると「いたずらされたくないならお菓子をちょうだい!」となります。なぜこのような意味になるのでしょうか?

「Trick or Treat」の意味

「Trick」「騙す、脅かす、いたずらをする」といった意味で、「Treat」「おもてなし、ごちそう、手厚くあつかう」などといった意味になります。「or」「AもしくはB」、「AでなければBになる」という意味です。そのため

「だます・いたずらをする?もしくは手厚くあつかう?」という直訳となり、「いたずらされたくないならお菓子をちょうだい!」「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」という意味で使われています!

「Trick or Treat」の発音

日本語でも、「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」というより、「トリック・オア・トリート」という方が多いですよね?保育園に通う我が子たちも、保育園で「トリック・オア・トリート」という言葉を教えてもらっているようです!
日本語で発音する場合、全て同じストレスで「ト・リッ・ク・オ・ア・ト・リー・ト」と8音節で発音しますよね。

しかし、これを英語で発音すると、「チュリック・オー・チュリートゥ」と3音節で発音するのです。
そのため、英語での「Trick or treat」の発音をとても速く感じると思います。
「チュリッ・コー・チュリートゥ」と、trickの最後の部分をorの頭にくっつけて発音するともっと英語らしく聞こえます!

Halloween Song【Knock knock, trick or treat?】

前にもご紹介した「You TubeのSuper Simple Songs 」に、「Trick or treat」の様子がよくわかる子供向けの「Halloween Song」があります。歌も、映像もとてもかわいくて、使われている英語もシンプルです。
ハロウィンの様子、「Trick or treat」を含め、ハロウィンに関するいくつかの単語を発音を学べるのでおすすめです!

Knock Knock, Trick or Treat?/Super Simple Songsは基本的に下の歌詞の繰り返しとなっていてとてもシンプル!

Knock knock, trick or treat?
Who are you?
I’m a ghost/cowboy/witch/monster/ballerina/pirate, I’m a little ghost/cowboy/witch/monster/ballerina/pirate.トントン、お菓子をくれないと悪戯するよ
君はだあれ?
私は【お化け/カウボーイ/魔/女怪獣/バレリーナ/海賊】よ
ちっちゃな【お化け/カウボーイ/魔/女怪獣/バレリーナ/海賊】よ

【解説】
knock knock: ノック、ノック、(トントンとドアをたたく音)
trick or treat: お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!
ghost: お化け
cowboy: カウボーイ
monster: 怪獣・モンスター
ballerina: バレリーナ
pirate: 海賊

【歌詞/訳】
Knock knock, trick or treat?
Who are you?
I’m a ghost, I’m a little ghost
Woooooo!

トントン、お菓子をくれないと悪戯するよ
君はだあれ?
私はお化けよ、ちっちゃなお化けよ
うーーーー

Knock knock, trick or treat?
Who are you?
I’m a cowboy, I’m a little cowboy
Yee-haw! Hyaa!

トントン、お菓子をくれないと悪戯するよ
君はだあれ?
僕はカウボーイだよ、ちっちゃなカウボーイさ
エイヤ!ハッ!

Knock knock, trick or treat?
Who are you?
I’m a witch, I’m a little witch
Hee hee hee hee hee! A ha ha ha ha ha!

トントン、お菓子をくれないと悪戯するよ
君はだあれ?
私は魔女よ、ちっちゃな魔女よ
ヒヒヒヒヒ ハハハハハ

Knock knock, trick or treat?
Who are you?
I’m a monster, I’m a little monster
Grrrr! Grrr!

トントン、お菓子をくれないと悪戯するよ。
君はだあれ?
僕は怪獣だよ、ちっちゃな怪獣だよ。
グルルルル

Knock knock, trick or treat?
Who are you?
I’m a ballerina, I’m a little ballerina
1231231234!

トントン、お菓子をくれないと悪戯するよ。
君はだあれ?
私はバレリーナよ、ちっちゃなバレリーナよ。
1231231234!

Knock knock, trick or treat?
Who are you?
I’m a pirate, I’m a little pirate
Arrr Ahoy ye mateys
Arrr…ye scallywags
Shiver me timbers

トントン、お菓子をくれないと悪戯するよ
君はだあれ?
僕は海賊さ、ちっちゃな海賊だよ
わ~ こんちは 友よ
あくとうだよ
わ~ぉ!

Knock knock, trick or treat?
Happy Halloween

トントン、お菓子をくれないと悪戯するよ
ハッピーハロウィーン!

歌の中で海賊登場部分は海賊特有の言葉がたくさん使われています。

・Arrrr!→喜んだり興奮したりしたときの唸り声。
・ye→you
・matey(マイティ)→仲間
「Ahoy Matey」アホーイ、マイティは海賊の言葉で「ハロー」の意味。
・scallywag→悪党、いたずらっ子
・Shiver me timbers→つぶやきや、掛け声のように使われていて、深い意味はありません。

以上、今回は「Halloween」についてのお話でした!次回もまた「Halloween」のおすすめ曲をご紹介しますね!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事