〜ファッションにまつわる英語〜Part4

〜ファッションにまつわる英語〜Part4

こんにちは。

さっそくですが、今回も引き続き『ファッション』にまつわる英語をご紹介していこうと思います。^^

男性も女性も自分の好きなものを身につけると、とてもワクワクしますよね。

そこで、今回は帽子やベルトなどを含む『ファッションアイテム』と身につける『アクセサリー』などを中心にご紹介していこうと思います。^^

トップス・アウター・スカート・パンツに続いてまずはベルトや帽子などのアイテムから。

それでは見ていきましょう!

装身具-1[ Fashion item ] 

それではここからはファッションアイテムにまつわる英語を紹介していこうと思います。

まずは帽子から。

日差しの強い季節には欠かせない帽子、これからの季節ではあまり必要なくなってくるかもしれませんがファッションとして帽子を取り入れる人も少なくないですよね。

帽子には2種類あり、フチのない柔らかい生地のものを『Cap(キャップ)』
フチのあるものを『Hat(ハット)』と言います。

それぞれの単語を使った帽子、どんなものがあるか見ていきましょう。

Baseball cap

(ベースボールキャップ:野球帽)

キャップといえばこれ。

野球帽ですね。
野球少年がかぶっているアレです。

School cap

(スクールキャップ:学生帽)

1年生が被る黄色い帽子ですね。

地域によっては1~6年生まで被る地域もあるようです。
またこれは男の子のかぶる学生帽のみ該当します。

Hunting cap

(ハンチングキャップ:ハンチング)

前から後ろにかけて緩やかに上がった形をした帽子で、19世紀半ばからイギリスで狩猟用の帽子として使われるようになったそうです。

Straw hat

(ストローハット:麦わら帽子)

藁や藁様の素材で編んだ帽子のことを言い、日除けのつばが広く顎紐がついているものとそうでないものがあります。

夏には子供からお年寄りまで子供からお年寄りまで年齢問うことなく大活躍するアレですね。^^

Top hats

(トップハット:シルクハット)

男性用の帽子の1つで、最上級正装であるモーニングコートやテールコート着用時に被られる帽子のことです。

Cowboy hat

(カウボーイハット)

これは呼んでそのまま、カウボーイが被るつばが広くフェルトや麦藁などで作られた帽子のことを指します。

ここからは帽子以外のアイテムをご紹介していきます。^^

Tie

(タイ:ネクタイ/襟じめ)

ウィアシャツの襟下を通して巻かれる装飾布を指します。

Scarf

(スカーフ)

正方形の薄手の布で、マフラーやストールに比べて小さく頭や首に巻く装身具です。
マフラーとは違い防寒用としては使われません。

Shawl

(ショール)

大判で厚手の生地で、三角に折って肩にかけたり、頭巾のように頭にかぶったり、ターバンのようにして使われる女性用の装身具です。

Winter scarf / Knit scarf

(ウィンタースカーフ/ニットスカーフ:マフラー)

毛糸などで編んだ防寒用の細長い襟巻きのことを指し、巻き方は色々、男女問わず使われますよね。

Gloves

(グローブ:手袋)

寒さから手を守るための防寒用の装身具でマフラー同様、冬に大活躍。
今では手袋をしたままスマートフォンを操作できたりととても便利になりましたね。

Sunglasses

(サングラスィズ:色眼鏡/黒眼鏡)

強い日差しや照明から眼を守る為に着用する保護用眼鏡のことを指します。

サングラスには2つのグラスがついているので文字に起こす場合は“es”を忘れずにくっつけましょう。
このサングラスの表現、現在では古くネイティブではあまり使われていません。
英語に慣れ、現代っぽく表現するのであれば『Shades(シェーズ)』と表現すると良いですよ。^^

装身具-2[ Jewelry ] 

ここからはジュエリーにまつわる英語をご紹介していきます。

Accessory

ネックレスやピアスに限らず髪飾りやベルトなど頭部から足元まで金属だけでなくガラスや樹脂、布や木などさまざまな素材を使ったファッションアイテムをアクセサリーと言います。

例えばヘアクリップやバレッタカチューシャやシュシュなどのアイテムは

Hair accessory(ヘアアクセサリー)』

靴につけるクリップやバンド、チャームなどのアイテムは

Shoes accessory(シューズアクセサリー)』と言われていますよね。

Jewelry

宝石が付いている付いていないに関わらず貴金属(金やプラチナなどの希少の高いもの)を加工して作られた装身具をジュエリーと言います。

例えば、結婚指輪は宝石が付いていてもいなくてもこれはジュエリーと言われていますよね。

ネックレスや指輪など日本で言うところのアクセサリーは英語で言うとジュエリー(身に付ける宝飾品/装飾品)となるります。

ジュエリーと表現すると言うことを覚えておきましょう。

ではここからは代表的な装身具をご紹介していきます。^^

Belt

(ベルト:帯革)

衣類のずれ下がりを防止したり固定する為に腰に巻く平たく長細い布や革を指します。
時計のバンド部分や乗り物の座席に体を固定する器具に対しても使う事が可能。

Earrings 

(イヤリング:ピアス)

耳飾りといえばイヤリングとピアス。

金やシルバー、チタンやサージカルステンレス、樹脂などいろいろな素材がありデザインも様々。
また、耳につけるかざりを総称して『Earrings』と言うのでピアスも英語では『イヤリング』と表現します。

Neckless

(ネックレス)

首につけるジュエリーの総称でペンダントトップがあるものをネックレスと言います。

Choker

(チョーカー)

ネックレスの一種で首にぴったり沿うような短いものをチョーカーと言います。

Bracelet

(ブレスレット)

手首や腕につける華奢で細身の装身具を言います。

Bangle

(バングル)

留め具がなくボリュームのあるものをバングルと言います。

Ring

(リング:指輪)

手の指にはめる環状の装身具を言います。

Anklet

(アンクレット)

足首につける装身具をアンクレットと言い、素材は金やシルバー皮や樹脂、合成繊維など様々。

今回は、ここまでファッションアイテムやジュエリーにまつわる英語をご紹介して来ましたがいかがでしたか?

全4回に分けてファッションにまつわる英語をご紹介して来ました。

秋はあっという間に終わってしまうので天気に合わせてファッションを思いっきり楽しみましょうね。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事