洗濯にまつわる英語

洗濯にまつわる英語

こんにちは。

9月も半ばを過ぎ、涼しい日が増えて来て、秋が近づいて来るのを感じますね。

9月に入ってからはめっきり天気の良い日が少なくなって、
洗濯ものがなかなか乾かないといった日も増えましたが
皆さんのおうちではどのように対処されていますか?

ランドリールームに干したり除湿器や乾燥機を使ったり、この時期の洗濯は本当に
中々手強い。それも毎日ですから本当に参りますよね。

家族の人数が少なければ良いですが、大家族だったり子供がたくさんいるおうちは本当に大変だと思います。

部屋干しをすると湿気で家の中は変に暖かくなり、過ごしにくくなるのでエアコンをつける。すると電気代が気になる。かと言ってコインランドリーに毎日洗濯物を持っていくのは早く乾いて良いですがそれはそれで金銭的にも大変ですよね。

毎日室内を快適に保てて、生乾きにならず洗濯物を乾かす方法をご存知の方はぜひご一報を!笑(※切実)

お待たせしました!
それでは本題に入りましょう。
今回は『洗濯』にまつわる英語をご紹介していこうと思います。^^

まずは〜復習編〜と言うことで以前にご紹介したことのある英語から。

洗濯[ Laundry ]

洗濯は英語で『Laundry(ランドリー)』ですね。
これは簡単過ぎましたね。^^
『Laundry(ランドリー)』は名詞と動詞では少し意味が違うので
その違いも一緒に覚えておきましょう。

 

名詞ではLaundry=洗濯もの

EX: I hang the laundry
洗濯物を干す。)
動詞ではLaundry=洗濯する

EX: I do laundry daily.
(私は毎日洗濯をします。)

 

 

洗濯機 / 乾燥機[ Washing machine / Dryer ]

以前、『電化製品』にまつわる英語をご紹介した記事『~家電・電化製品にまつわる英語~P art2』でもちらっとご紹介していますが、洗濯にまつわる英語と言うことで今回もご紹介していきます。
問題形式にしようと思うので、以前の記事に目を通してくれた人は復習のつもりで見てください。^^

 

Q.洗濯に欠かせない『洗濯機』は英語で…?

① Washing machine

② Cleaning machine

③ Clothes machine

 

どうでしょうか?
しっかり覚えていましたか?^^

それでは正解を見ていきましょう。
正解は…

 

 Washing machine でしたね。

これは略して『washer』でも通じるんでしたよね。^^

 

では、次に洗濯乾燥機。
これも以前に同じ記事でご紹介しているので問題形式にしていこうと思います。

 

Q.国によっては意外と主流洋服を乾かす際に使われる『衣類乾燥機』は英語で…?

①  Heater

② Dryer

③ Warmer

 

これはどうでしすか?
すぐに思い出せましたか?

早速答えを見ていきましょう。

 

正解は…

 

② Dryer でしたね。

日本では髪の毛を乾かすヘアドライヤーのことをドライヤーと言いますが海外では
衣類乾燥機をドライヤーと言います。

 

ここまでは〜復習編〜と言うことで以前にご紹介したことのある洗濯にまつわる英語のご紹介でした。

洗濯に使う洗剤

皆さんは洗濯をする際のこだわりなどありますか?
タオルと衣類は別に回す。や代物と色物は分ける。これは洗濯ネットに入れて〜など。
洗剤や柔軟剤、洗濯の干し方ひとつをとっても人によってこだわりがあるものですよね。

では、ここからは洗剤など洗濯をするのに必要なものや使うものをご紹介していこうと思います。

 

〜Detergent〜

Detergent(ディタージェント)=洗剤を意味します。

EX:Laundry detergent
(ランドリーディタージェント:洗濯洗剤)

EX: laundry detergent powder
(ランドリーディタージェントパウダー:洗濯用粉洗剤)

EX: Laundry liquid detergent
(ランドリーリキッドディタージェント:洗濯用液体洗剤)

 

Soap(ソープ)=石鹸との違いは簡単に説明すると体についた汚れを落とすものかそれ以外の汚れを落とすものかの違いになります。

Soap:石鹸は体やその一部についた汚れを落とす際に使われ、
Detergent:洗剤は体以外のものについた汚れを落とす際に使われるものです。

 

〜fabric softener〜

Fabric softener(ファブリックソフナー)=柔軟剤を意味します。
また、洗濯機のようにこの単語も「softener」と短縮して表現することができます。

 

〜Dryer sheets〜

Dryer sheets(ドライヤーシート)=柔軟剤シートを意味します。

乾燥のタイミングで衣類と一緒に乾燥機に入れるだけで、衣類を柔らかくして香り付けし
静電気や衣類の痛みを抑えてくれる機能を備えたものもありますね。

 

〜bleach〜

Bleach(ブリーチ)=漂白剤を意味します。
EX:Chlorine bleach
(クローリンブリーチ:塩素系漂白剤)

EX:Oxygen bleach
(オキシジェンブリーチ:酸素漂白剤)

 

〜Stain remover〜

Stain remover(ステインリムーバー)=染み抜き剤を意味します。

子供服は特に食べ物やその他の汚れが染みつきやすく、
世の中のお母さんたちは日々手強い汚れと格闘していますよね。笑
そんな時の強い味方。

 

ここまで『洗濯にまつわる英語』をご紹介して来ましたがいかがでしたか?

今後、留学やワーホリを考えている人なら必ず必要になってくる知識であると思うので
是非、ぜひここで覚えて日常でも口にしてみてくださいね。^^

次回は洗濯時に使う洗剤以外の洗濯用品や洗濯時に使える表現などを
ご紹介していこうと思います。

それでは今回はこの辺で。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事