“やすみ”英語で言える?

“やすみ”英語で言える?

こんにちは。

長かった夏休みもいよいよ終わりが見え、明日から9月に入りますが、 新型コロナウィルスの感染者増により緊急事態宣言の延長が決まり、 9月あたままで夏休みが延長した地域や、新学期は通常通り始まりますが 1週間は自宅でのオンライン授業を含む特別日課を組む学校もあるようですね。

皆さんの地域はどうでしょうか?

子供にとっては夏休みの延長なんて願ってもないラッキー!ですよね。。笑

さて、今回は久しぶりに【ニュアンスの違いで変わる言葉】をご紹介していこうと思います。^^

たくさんある、ニュアンス違いの言葉の中から今回は『やすみ/やすむ』に まつわる単語や意味をご紹介していこうと思います。
これまでにも【ニュアンスで変わる言葉】をご紹介しているのでよかったら 過去の記事にも目を通していただけると嬉しいです。^^

それでは、さっそくみていきましょう。

vacation[ 休暇 / 長期休暇(ちょうき きゅうか) ]

vacation(ヴァケーション)”は1週間以上の長期間の(学校や仕事の)休暇のことをいい 夏休みなどがこれに当たります

例えば、、、

EX: This year’s summer vacation is long.
(今年の夏休みはとても長いです。)

EX: Enjoy your vacation!
(旅行を楽しんでね!)

EX: This year’s summer vacation is too long to spend without my school friends.
(今年の夏休みは長すぎて友達なしでは過ごせない。。)

holiday[ 祝日(しゅくじつ)]

holiday(ホリデイ)”は年末年始などの祝日のことを言います。

例えば、、、

EX: a public holiday
(祝日)

EX:national holiday
(祝日:国民の祝日という意味で日本の祝日などはこれに当たります。)

EX: Have a good holiday!
(良い休日を!)

day off[ 休み ]

day off”(デイオフ)は(学校や仕事のない)休みのことを言い個人的に取る休みを表します。

例えば、、、

EX: It’s my day off today!
(今日は休みだぁ!)

EX: Enjoy your day off!
(休みを楽しんで!)

EX:I hardly have any days off.
(たまにしか休みがない。)

leave[ 休む ]

Leave(リーヴ)”は休む理由(制度)があって(職場などを)休むことを言い、 ビジネスシーンでの休暇を意味します。

例えば、、、

EX: paid leave
(有給休暇)

EX: bereavement leave
(忌引休暇)

EX: maternity leave / paternity leave
(産休/育休)

上記最後の産休/育休ですが、女性が育休で仕事を離れている期間を『maternity leave』と言い、男性が育休のために仕事を離れている場合は『paternity leave』と言われています。

break[ 休憩/ 小休憩]

Break(ブレイク)”は勉強や仕事の合間のちょっとした休憩のことを言い、 息抜きのような今していることを中断して取る短めな休憩を表します。

例えば、、、

EX: We’re going to take a 10-minute break.
(10分の休憩をとります。)

EX: I’ll take a short break and go out to grab some coffee.
(少し休憩をとってコーヒーを買いに行ってくる。)

EX: I don’t get the phone while I’m on a break.
(休憩中は電話に出ません。)

recess[ 休憩 ]

Recess(リセス)”は会議や授業と授業の間などの休み時間のことを言い、 法定での『休廷』と言う意味でも使われます。

例えば、、、

EX: let’s go outside for recess.
(昼休みに外に遊びにいこう!)

EX: The students are having a recess now.
(生徒たちは今、休憩中です。)

EX: We will now have a fifteen minutes recess.
(15分間休廷します。)

rest[ 休む ]

Rest(レスト)”は『休息 / 休養』を表す単語で 疲労や病気から回復するために休む際に使われます。

例えば、、、

EX: Can I go home and get some rest?
(家に帰って休んでもいいですか?)

EX: Let’s stop and take a rest.
(少し止まっていとやすみしよう。)

EX: R.I.P. / rest in peace
(安らかに眠れ)

さて、ここまで『やすみ』にまつわる単語やそれらのニュアンスの違い7選を ご紹介して来ましたがいかがでしたか?^^

『vacation』と『holiday』の違いはわかっていたという方も多いと思いますが、『やすみ』にまつわる英語がこれだけあること、それぞれどんなニュアンスで使い分けるのかということをここで理解を深めてもらえたのではないでしょうか?

すでに長かった夏休みを終えて新学期がスタートしている地域もあるようですが 新型コロナウィルスによる緊急事態宣言の延長に伴い夏休みが伸びている地域の人も、 もうすぐ長い長い夏休みが終わり新たな学期の始まりです。

まだまだ暑い日が続きそうですが、 心も体も休みやすみうまくコントロールしながらやっていきましょうね。 それでは今回はこの辺で終わろうと思います。

また次の記事でお会いしましょう。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事