車に関連する英語表現~part1~

こんにちは!今日は車に関連する英語表現をご紹介していきます。

まず、車を表す英単語は? もちろん「car」ですよね!

しかし、「automobile」「vehicle」という単語も聞いたことがありませんか?
これらの違いや、その他車に関係する英語表現をご紹介していきます。

「vehicle」「car」「automobile」の違い

vehicle

乗り物全般を指します。
自動車だけではなく、トラック、三輪車、飛行機、船、宇宙船、馬車、ソリなどの乗り物全般が対象です

例:”cart” is a vehicle with wheels that’s pulled by a horse.
 「Cart」とは馬が引く車輪のついた車です。

また「SUV車」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、この「V」はvehicleのVです。
SUV車は「Sports Utility Vehicle」の頭文字で、一般に「多目的スポーツ車」や「スポーツ用多目的車」などと訳されます。

car

一般的にいう車ですが自家用車が対象で、タクシーやバス、トラックなどは含まれません。
鉄道の車両も「Car」と言います。例えば、「先頭車両」は the first car of the train や the first car on the train と言います。

例:This train car is designated for women only
 この車両は女性専用です。

automobile

自家用車だけでなく、タクシーやトラックなど自動で動く車が対象です。

例:America imports many automobiles from Japan.
 アメリカは日本から大量の自動車を輸入しています。

次は自動車のパーツの名前のご紹介です。
車のパーツの名前、ほとんどがカタカナ表記の為、英語だと思いがちですが、その多くは和製英語。
英語では他の表現をするのでとてもややこしいです。
ここでは、英語っぽいが、実は和製英語だったパーツの名前をご紹介します。

自動車のパーツの名前

ハンドル–steering wheel/wheel

「ハンドル」って英語のようですよね。思わず、英語で「ハンドル」と言いたくなりますが、実はこれは和製英語。英語では 「steering wheel」 です。steeringは、車、船、航空機の「操舵装置」や、「舵とり」という意味があります。

また、「Handlebar」という言葉もありますが、こちらは、自転車やバイクのハンドルのことを指し、車のハンドルには使いません。また、一般的に英語の名詞で「handle」というとドアのノブのような取っ手全般を意味し、違うものとなってしまいますので注意が必要です。

・The door handle on my car is broken.
・私の車のドアの取っ手が壊れています。

カーナビ–car GPS/GPS

「カーナビ」は英語の  「Car navigation」の略ですので、Car navigation system といってもよいですが、(略してcar naviだと通じません)一般的に、car GPSやGPSという事が多いです。
「GPS」は「global positioning system」の略で、
日本語にすると「全地球測位システム」となります。
アメリカなどでは「GPS」という言葉をそのまま「カーナビ」の意味で使うことが多いのです。

サイドブレーキ – hand brake/ parking brake

そのまま「side brake」で通じそうですが、こちらもネイティブには通用しません。
「サイドブレーキ」の一般的な英語表現は、車を停止した状態に保つために使うブレーキということで「parking brake」です。
手でブレーキをかけるタイプの「hand brake」でも通じますが、最近は、手で操作しないタイプのサイドブレーキも増えているので、「parking brake」で覚えておくとよいと思います。

・please set the parking brake when you park a car.
・駐車するときには、サイドブレーキをかけてください。

クラクション–horn

クラクションのことを「horn」と言い、クラクションを鳴らす動作を「honk」と言います。
少し混乱しそうなので下記に例文を紹介しますね。

・The horns are so noisy that I can’t hear your voice.
・クラクションがうるさくて、あなたの声が聞こえません。

・he car behind me is honking.
・後ろの車がクラクションを鳴らしています。

・The horn is broken. So, it didn’t honk.
・クラクションが壊れていて音がませんでした。

チャイルドシート–car seat

「child seat」と言っても通じなくはないですが、通常チャイルドシートを総称して「car seat」と言います。赤ちゃん用のものは「baby car seat」といったり、少し大きい子ども用の座面だけのものを 「booster seat」と呼んだりします。

今回ご紹介した自動車のパーツの名前、全て英語のように聞こえますよね。
和製英語については以前にも記事にしましたが、どんなに流暢に発音してもネイティブには伝わりません。
ぜひ英語表現を覚えておいてくださいね。

次回は、自動車の運転中に使える表現をご紹介します!
お楽しみに!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事