前向きになれる英語の格言~夢は叶う編~

こんにちは!
以前に英語の格言、前向きになれる英語の格言をいくつかご紹介しました。
過去の記事はこちら→
前向きになれる英語の格言~笑顔編~
前向きになれる英語の格言~ポジティブシンキング編~
本日はその第3弾として「前向きになれる英語の格言~夢は叶う編~」を紹介します。

連日オリンピックでの選手の活躍を見ていると、国を問わず、夢を叶えた瞬間の姿が美しすぎて、一緒に涙を流して感動してしまいます。本当にかっこいいです。
私なんかもうこんな年だし、子どももいて、夢とか関係ないし、子どもに夢を託そう!なんて
思ってしまいますが、偉人の「夢」に関する名言を見ると
いやいや、夢に年齢は関係ない!人生ずっと夢を持ち続け、夢に向かっていきたい!なんて思ってしまいます。

オリンピックに影響され、夢を追いかける勇気をもらった方も多いのではないかと思います。
今回は夢を追いかける勇気をもらえる、偉人の格言をご紹介していきますね。

「夢」にちなんだ名言と言えばWalt Disney/ウォルト・ディズニー(アメリカ合衆国のエンターテイナー、実業家)のこちらの名言が有名ですよね。一度は耳にしたことがあるかもしれません。

All our dreams can come true, if we have the courage to pursue them.

夢を追う勇気があれば、どんな夢でも叶えることができる

シンプルだけど、勇気がわく言葉です。まさにその通りですよね。
「dream come true」は「夢が叶う」「願いが現実になる」という意味のイディオムです。
「Dream comes true」というグループがありますが、素敵なネーミングですよね。
また、「dream」 は 「a dream」「dreams」 どちらも使えます。
自分の中にある沢山の夢を叶えたい場合、「dreams」を使い、1つだけ叶えたい事があり、それを指す場合には「a dream」を使います。

同じくWalt Disney/ウォルト・ディズニーの名言をもう1つ

The special secret of making dreams come true can be summarized in four C’s. They are Curiosity, Confidence, Courage, and Constancy.

夢をかなえる秘訣は、4つの「C」に集約される。
それは、「Curiosity – 好奇心」「Confidence – 自信」「Courage – 勇気」そして「Constancy – 継続」である。

「Dreams come true」 で「夢は叶う」とご紹介しましたが、「夢を叶える」という場合はこのように、「make」を加え、「Make my dream(s) come true 」で表現出来ます。

・I made my dream come true.
・私は夢を叶えました。

・You can make your dream come true.
・君なら君の夢を叶える事が出来るよ。

また、「secret」は名詞で「秘密、機密、内緒事」という意味があり、この文のように、「秘伝、秘訣、こつ、極意」という意味でも使われます。「secret of making dreams come true」で「夢を叶える秘訣、コツ」という意味となります。「summarize」 は「要約する」「集約する」といった意味の動詞です。
肝に銘じたい名言ですよね。

A dream doesn’t become reality through magic;
it takes sweat, determination and hard work.夢は「魔法」によって叶うものではない。
「汗」と「決意」と「努力」によって叶うものである。

コリン・パウエル/Colin Luther Powell(アメリカ合衆国の政治家)の名言です。
こちらも「その通り!」とうなずいてしまいたくなる名言ですね。
「through magic」は直訳すると「魔法と通して」となりますが、この場合「 魔法によって」という意味となります。「determination」は名詞で「決心」「決断」「決定」という意味です。「hard work」は「きつい仕事」の意味ですがここでは、「大変な努力」というニュアンスになります。

You are never too old to set another goal or to dream a new dream.

夢やゴールを目指すのに、年齢は関係ない

C. S. Lewis/C・S ルイス (イギリスの小説家、詩人、学者、中世文化研究者、キリスト教擁護者)の名言です。「never too ~ to —」 は「~過ぎて、—ないなどということはない。」という二重否定の構文です。

・It’s never too late!
・何事も遅すぎることはない!

という形で日常会話でもよく使いますよ。

「set another goal」 は、「もう一つのゴールをセットする」、つまり「新たな目標を立てる(set a new goal)」という意味となります。「dream a new dream 」は「新しい夢を見る」という意味です。
最初の 「dream」 は「夢を見る」という動詞となり、次の 「dream」 は「夢」という名詞で使われています。

Dream as if you’ll live forever,live as if you’ll die today.

永遠に生きるつもりで夢を抱け。今日死ぬつもりで生きろ。

ジェームズ・ディーン/James Dean(アメリカ合衆国の俳優)の言葉です。24歳という若さで亡くなったJames Dean の名言というのが心を動かされますよね。
「as if~」の意味は「まるで~であるかのように」で、実際にはそうではないけれど、というニュアンスが含まれています。そのため、現実や事実とは異なる仮定の話をするときによく使用します。

以上「夢」に関する偉人の格言のご紹介でした。
素敵な言葉に出会うと、感銘を受けたり、感動して、勇気をもらったり、背中を押されたり、しますよね。
しかし、時がたつと忘れてしまったりするんですよね。
気に入った表現は紙に書いて見えるところに張り、毎日意識することが大事だと思います!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事