連休が明けました!連休は英語で?

こんにちは!いよいよオリンピックが始まりましたね。
前回の記事で「controversial topic」というのをご紹介しましたが、
気になる方はこちらをぜひご確認ください。
オリンピック・パラリンピックに関係する英語~記録更新、表彰式編~

開催するかしないか、無観客か有観客か、これまでもかなり「controversial」「topic」でしたが、
今回の開会式もまた、Controversial(様々な意見に分かれる、物議をかもす、論議を呼ぶ)なものでしたね。
様々な意見がありますが、開会式をみて、あんなにも多くの外国人がいつの間にか、来日されていたことにびっくりしました。来日の様子はフォーカスされ報道されていませんでしたが、みなさん、いろいろなステップを踏み、日本にきてくださったんだなと。
開会式からコロナ禍のオリンピック開催を目の当たりにし、なんでこんな世の中になってしまったんだろうと、突然とても悲しくなりました。
競技が始まり、選手たちの活躍をみると本当に勇気をもらえますよね。
せっかく始まったオリンピック、自宅で応援したいとおもいます。

そして、4連休が明けました。今月は、すぐまたお盆の連休がありますよね!

お休みについて、「Vacation」と「Holiday」の使い分けに関して、以前にこんな記事も書いていますので是非、読んでみてください。
Vacation ? Holiday?休暇を表す単語の違いが分かりますか?

「休日」は英語で holiday(日曜日や祝日など公式の休日)や day off(個人的なお休みの日、本来は仕事や学校がある日だけど、自分は休みの日)と言いますが、これが2日以上続く「連休」は英語でどのように言うのでしょうか?

今回は連休についての英語表現をご紹介していきます。

例えば今回のような4連休を説明する時
「連続した」という意味がある英単語「consecutive」や、「in a row」「straight」を使い下記のように表現することができます。

in a row

four holidays in a row
four days off in a row

・I’m taking four days off in a row.
・今4連休中です。

consecutive

four consecutive days off
four consecutive holidays

・I’m planning to take four consecutive days off in September.
・9月に4連休を取る計画です。

straight

four straight days off

・I had four straight days off last month.
・先月4連休をとりました。

辞書で調べると、きっとこのような表現が出てくると思います。
でも、実は、これらの表現は「連休」ということを強く強調したい時には使われますが、日常生活で、「やった~今週末は4連休だ!」とう言うような時には、あまり使いません。
ネイティブが聞くとちょっと不自然に感じてしまうんですね。
ではネイティブが日常的に「4連休」と言う時、どのように言うかを紹介していきます。

とても簡単な英語です。

〇〇days off/a 〇day holiday

four days off
a four day holiday

・I had four days off.
・4連休でした。

・Do you have nine days off for Obon?
・お盆は9連休ですか?

・I have four days off this week! Yeah!
・今週は4連休だ。やった!

「four days off」「a four day holiday」は週末、週末以外の3連休にも使える英語の表現です。

a 〇 day weekend/a long weekend

今回のような、週末を含む4連休(土、日、月、火や木、金、土、日など)は

a four day weekend
a long weekend

という事が多いです。

・I am having a four day weekend.
・週末は4連休です。

・I have a long weekend this week!
・今週末は4連休だ!

・I’m super excited about my four day weekend starting tomorrow!
・明日からの4連休の週末がすごく楽しみ!


また、和製英語の代表例とも言えるゴールデンウイーク
英語でも通じるような気がしますが、日本に住んでいる外国人、もしくは、日本の習慣に詳しい方以外の海外の方には「Golden Week」と言っても理解してもらえません。
こちらは、日本固有のものですので そのまま、「Golden Week」という事ができますが、それがどんなものなのかを具体的に説明が必要です。
例えば

・Golden Week refers to the period from the end of April to the beginning of May where four national holidays – ‘Showa no Hi’, ‘Kenzo-kinenbi’, ‘Midori no Hi’, and ‘kokomo no Hi’ – and a weekend come around the same time.

・4月末から5月初めにかけて、昭和の日、憲法記念日、みどりの日、こどもの日の4つの国民の祝日と、土日の休日が連なる期間をゴールデンウィークと呼びます。

などと説明できます!
ゴールデンウィークの予定を聞くときには、

・Do you have any plans for Golden Week Holiday / the long weekend?
・ゴールデンウィーク/連休は何するの?

という感じですね!以上、連休に関係する英語表現でした!

 

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事