“飲む”の色々な表現

“飲む”の色々な表現

こんにちは。

今回もニュアンスで変わる表現シリーズ、ご紹介していこうと思います。

前回までに『聞く』・『教える』・『話す』・『におい』・『』・『食事/料理』にまつわる単語やフレーズをご紹介して来ましたがいかがでしたか?

まだ、目を通していないという人はぜひ、そちらの記事にも目を通してみてくださいね。^^
また、これまでにご紹介したものは全て日常生活を送る上で使う頻度の多いものばかりになっているので、ニュアンスの違いで使い分けるフレーズを覚えてシーン別に瞬時に使い分けることができるようにしていきましょう!^^

今回は“飲む”にまつわる色々な単語・フレーズをご紹介していこうと思います。 では、みていきましょう!

飲む基本フレーズ編[Drink / Have / Take]

早速ですが、みなさんは英語で『飲む』と言えばなんと答えますか? 代表的なのは“Drink”ではないでしょうか?
『におい』や『味』にもあった様に『飲む』もニュアンスの違いで異なる表現がいくつかあります。それらを順にご紹介していこうと思います。

まずは“Drink”から。^^

Drink

Drink”は『飲む』を表現する際の代表的な単語で、単純に『飲む』という動作を表現します。
また、この表現の場合その飲み物の内容液が何であるかを表すことはできません。その為、使い方としては【Drink+飲み物】と言う形になります。

例えば、、、

EX:I wanna something to drink.
(何か飲みたい。/何か飲み物が欲しい。)

EX:I drink a cup of tea every morning.
(私は毎朝1杯のお茶を飲みます。)

EX:We drank wine.
(私たちはワインを飲んだ。)

上記の例文から分かる様に、“drink”は『飲む』と言う動作を表す表現で、これから飲む場合も、今飲んでいる場合も、飲めない場合もまるっとひっくるめて『飲む』と言う動作に着目した表現になります。

Have

Have”は物を持っていたり、食べたり飲んだりする状況が存在したことを表現する単語です。“Drink”が『飲む』動作を表現する単語だったのに対して、“Have”は『飲む』その状況が存在したことを表現す表現となっています。

例えば、、、

EX:have a drink of water
(水を飲む。)

EX:Can I have iced coffee.
(アイスコーヒーをいただけますか?)

EX:We had wine.
(私たちはワインを飲んだ。)

『私たちはワインを飲んだ。』・・・上記でも同じ意味の例文をご紹介しましたが、 ここでも違いを分かりやすくする為同じく『ワインを飲んだ。』と言う例文を入れてみました。

〜飲む動作を表現〜

We drank wine. (私たちはワインを飲んだ。)

〜飲む状況が存在したことを表現〜

We had wine.(私たちはワインを飲んだ。)

これらは日本語で見るとどちらも同じ意味に聞こえますよね。
でも、この2つ実はニュアンスが違うので話し手がどの様に伝えたいのかによって使い分けが必要になります。

Take

Take”は薬を『飲む』時の様に、“摂取”する際に使われる表現です。
分かりやすくいうと薬の成分を“摂取”するイメージですね。

例えば、、、

EX:I have to take this medicine every day.
(私は毎日この薬を飲まなければいけません。)

EX:Take cold medicine.
(風邪薬を飲む。)

EX:take a tablet once a day.
(1日1回錠剤を飲む。)

ここまで、『飲む』動作や飲む状況が存在したことを表現する代表的な3つのフレーズをご紹介して来ましたが違いを理解することはできましたか?
ここからは『飲み方』にフォーカスを当ててご紹介していこうと思います。^^

飲み方の表現[ Sip / Gulp/ Swig/ Guzzle/ Slurp/ Drain/ Swallow]

それでは、ここからは『飲み方』にまつわる単語をご紹介していこうと思います。

・Sip・(シップ)

動詞と名詞で意味が異なり、動詞では少しずつ口に含んでちびちび飲むことを表現します。 名詞では飲み物の一口のことを言います。

・Gulp・(ガルプ)

これはSipとは真逆の表現。『大量に一気に飲む』を表現する際に使われます。ごくごく飲むイメージです。

・Swig・(スウィッグ)

『一気飲みをする』または『がぶ飲みをする』を表現するフレーズです。 ガブガブ飲むイメージです。

・Guzzle・(ガズル)

Swigと似た表現ですが、こちらも『ガブガブ飲む』を表現するフレーズですが、先ほどのSwigよりも勢いよく飲むイメージです。

・Slurp・(スラープ)

ズルズル音を立てて飲むイメージです。

・Drain・(ドレイン)

『飲み干す』ことを表現するフレーズで、グイッと飲み干すイメージです。

・Swallow・(スワロウ)

『飲み込む』ことを表現するフレーズで、口の中に入っているものを飲み込むイメージです。

ここまで、『飲む』にまつわるフレーズをご紹介して来ましたが、ニュアンスによっての違いを理解することはできましたか?^^
そのシーンをイメージしながらフレーズを覚えていくと違いを覚えやすいかもしれませんね。^^

今回はここまで。

では、また次回お会いしましょう!^^

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事