Thank you! 以外にもある「ありがとう!」の英語表現

Thank you! 以外にもある「ありがとう!」の英語表現

こんにちは!
今回は、「ありがとう」の英語表現をご紹介したいと思います。
日常的に当たり前になってしまっていることに感謝することって難しいですよね。
でも、当たり前のことに感謝し、その気持ちを伝えることって
とても大事な事ですよね。

さてさて、英語で「ありがとう」を意味する単語としてすぐに思い浮かぶのは
誰もが知る「Thank you」ですよね!
日本語でも「サンキュー」と言ったりしますよね。

しかし英語の「ありがとう」という表現は、「Thank you」意外にもたくさんあります。
状況によって使い分けができれば、より感謝の気持ちを伝えることができますよね。

とても簡単な表現が多いので、ぜひ活用してみてください!

Thank you

Thank you very much/ありがとうございます。

これは、日常会話でもビジネスシーンでもでも使える「ありがとう」の基本的な表現です。
お店でサービスを受けた際など、初めてあった人にも使うことができます。

その他、カジュアルな表現だと

Thank you/ありがとう
Thanks/ありがと!
Thanks a lot/本当にありがとう
Many thanks/ ありがとうございます

などがありますね。
もちろんこれらの表現で感謝の気持ちを伝えることができますが、プラスアルファすることにより、
より丁寧に気持ちを伝えることができます。

例えば、特定のことに対して感謝の気持ちを伝える時、「Thank you」のあとに「for〜」と付け加えることで、
「〜をしてくれてありがとう」というように、何に対して感謝をしているのか具体的に伝えることができます。

For + 動詞+ing(動名詞)

・Thank you for inviting me.
・招待してくれてありがとう

・Thank you for coming to my party today.
・今日はパーティーに来てくれてありがとう

・Thank you for calling me.
・電話してくれてありがとう

・Thank you for understanding.
・理解してくれてありがとう

・Thank you for giving me good advice.
・アドバイスしてくれてありがとう

For + 名詞

・Thank you for everything.
・いろいろありがとう。

・Thank you for your help.
・手伝ってくれてありがとう

・Thank you for your concern.
・ご心配いただきありがとうございます

・Thank you for your email.
・メールありがとう

・Thank you for the reply.
・返信ありがとう

・Thank you for your time.
・(プレゼンの後などに)お時間をいただきありがとうございました。

・Thank you for the information.
・教えてくださってありがとうございます。

・Thank you for your hard work today.
・(職場などで)今日はお仕事お疲れさまでした。

Appreciate

感謝の気持ちをより丁寧に伝えることができます。
フォーマルな言い回しになるので、ビジネスシーンで役立ちます。

・I really appreciate it.
・お気遣いに感謝します。

・I appreciate all you do.
・あなたのすること全てに感謝しています

「I appreciate ~」で「~に感謝します」となりますが、注意するところは、感謝する対象が「何」ですので、「誰」ではありません。そのため、「I appreciate you」とは言えません。
また、「I appreciate .」だけでは使用しません。「appreciate」の後ろに感謝する対象を置いて使います。

・I appreciate your concern.
・お気遣い感謝します

・I’d appreciate it if you could help me to go there.
・そこへ行くのを手伝っていただけましたら幸いです。

Thank youと一緒に使われることも多いです。

・Thank you for your help. I really appreciate it.
・助けてくれてありがとう、感謝します。

また、メールなどで見たことがあるかもしれませんが、ビジネスシーンでは「we」を主語にした「We appreciate ~」がよく使われます。
「We appreciate your understanding.」は直訳すると「あなたの理解に感謝します」ですが、
日本語にすると「ご了承ください」「ご理解ください」といったニュアンスでメールなどに使います。

Grateful

「appreciate」と同じく、感謝の気持ちをより丁寧に伝えることができる形容詞です。

主語+be動詞+gratefulで、誰かに感謝するときは「I’m grateful to ~」で表現します。
・I’m grateful to you.
・あなたに感謝しております。

何かしてもらった行為などに感謝するときは、「I’m grateful for ~」で表現します。

・I’m grateful for all your help.
・あなたの協力に感謝します。

・I am grateful for your support.
・サポートしてくれてありがとうございます。

両方を組み合わせて使う事もあります。

・I am grateful to you for helping me.
・助けてくれてありがとうございます。

気持ちだけ受け取るときに感謝を伝える表現

相手の厚意を断るとき「お気持ちだけで十分です」というニュアンスでありがとうを伝える表現です。
日本語同様、こちらもとても、使用頻度が高く、重要な表現なのでぜひ覚えておきましょう。

Thanks anyway/Thank you anyway

「anyway」は「とにかく」という意味で使います。
何はともあれありがとう!というニュアンスです。
例えば、仕事中に忙しそうにしているあなたに、同僚が
「Do you need any help?(何か手伝いましょうか?)と声をかけてくれたとします。

手伝いが不要の場合、日本語でも「大丈夫、でもありがとう!」や、「ありがとう、でも大丈夫!」といいますよね。
親切に聞いてくれたことに対しては「ありがとう」ですが、厚意に対しては「いいえ」と断る場合、
No, I’m fine.(いいえ、大丈夫です)と断った後に、
「Thanks anyway.」と続けると、相手の厚意に対して感謝を示すことができます。

Thanks though/Thank you though.

「though」は副詞で使うことができ、「でも」という意味があります。
「Thanks though/Thank you though」で(でも)ありがとう。という意味です。

こちらも、先にご紹介した
「Thanks anyway/Thank you anyway」と同様な使い方ができます。

人からのお誘いをお断りする時も使えますね。

・Do you come with me? I’m good.Thanks, though.
・あなたも一緒にきますか?大丈夫。でも誘ってくれてありがとう。

いずれも、ただ、NO, thank you.というより、相手に与える印象はぐっと良くなります

日常生活で「ありがとう」を口にする機会は非常に多いと思います。
カジュアルに「ありがとう」を伝えるときには「Thank you」で十分ですが、具体的に感謝の気持ちを伝えたい時にはぜひ、ご紹介した表現を使ってみてくださいね。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事