満月、三日月、スーパームーンなど月に関する英語表現

満月、三日月、スーパームーンなど月に関する英語表現

こんにちは!
少し前ですが、5月26日は皆既月食が見られましたよね。
今回は、スーパームーン(1年で最も大きく見える満月)と重なる珍しい皆既月食で、日本で見られるのは24年ぶりとのことで、朝からニュースでも多く取り上げられていました。

私も時間をチェックして待ち構えていました!
残念ながら曇っていてはっきり見ることができませんでしたが、なんだか、朝からドキドキした特別な日となりました。
コロナ渦で大きなイベントに参加することもなくなってきていたなかで、こういったイベントはとてもワクワクしますよね。
翌日も引き続き、ニュースでたくさんの写真や動画が取り上げられ、テレビをみて子どもと「わ~すごいね!!」と興奮冷めやまず!映像でみてもとてもポジティブな気持ちになりました。

スーパームーンというのは、その年に見える月の中で最も大きな満月です。
月の見える大きさは、地球と月の距離に関係しているため、距離が近ければ月が大きく見えるんですね。
ところで、スーパームーンというのは英語でも通じるでしょうか?
正解は~
はい!英語でも「super moon」で通じます!

英語で説明すると、

・Super moon is a phenomenon caused by the distance between the earth and the moon becoming closer so the moon looks larger.
・スーパームーンは、地球と月の距離が近くなり、月が大きく見える現象です。

・The phenomenon occurs when the moon reaches the closest point to Earth.
・この現象は、月が地球に最も近い地点へ到達したときに起こります。

では、今回一緒に起こった、皆既月食は何というのでしょうか?
皆既月食とは、
太陽、地球、月の順で惑星が一直線に並ぶとき、地球の影に月がすべて隠れてしまうことですが、
英語で「total lunar eclipse」と言います。

「eclipse」というのが、「(太陽・月の)食」です。
「月」の場合は、「月の」を意味する「lunar」を加え、「lunar eclipse」で月食となります。
今回は皆既月食(月の全面が隠される現象)なので、さらに、「全部の」を意味する「total」を付け加えて、「total lunar eclipse」となります。

同じように、月が太陽と地球の間に入って一直線に並ぶとき、太陽全体が月に覆い隠される「皆既日食」は、「月の」を意味する「lunar」の部分を「太陽の」を意味する「Solar」に替えて「total solar eclipse」となります。
単なる日食は「solar eclipse」です。

また、部分月食は「全部の」を意味する「total」を「部分の」を意味する「partial」に替えて、「partial lunar eclipse」同じように、部分日食は「partial solar eclipse」となります。

今回のように、この日に皆既月食がある!と分かっている場合、
会話では「lunarや、solar」を省略して、「eclipse」だけでも大丈夫ですよ。

・Did you see the eclipse last night?
・昨晩月食見た?

最後になりましたが、
お月様の満ち欠けに関する英語をご紹介します。

「月」の「moon(ムーン)」は知っていても、「三日月」や、月の満ち欠け」は意外と知らないかもしれません。
日常的にはこちらの方が使用頻度が高いですよね!

「三日月」は英語で「crescent moon」(クレセント・ムーン)です。「crescent」だけでも通じます。
「三日月」の形をしたモチーフなどは、「crescent-shaped」「crescent」と表現することができます。

満ち欠けの日数ではなく形を基準にした表現なので、「満月」の後に、「半月」から「新月」に戻る時に再び同じ形になる時も「crescent moon」です。
「満月」に向かう月(三日月)と、「新月」に向かう月(二十六夜)を区別して伝えたい場合は、

「三日月」:waxing crescent ※「wax」は、「月が満ちる)という英語です。
「二十六夜」:waning crescent ※「wane」は、「月が欠ける」という動詞です。
※waxing moonが満月に近づく満ちていく月を意味し、waning moonが新月に近づく暗くなっていく月を意味しています。

他にも

「新月」:new moon
「半月」:half moon
「満月」:full moon
「 (月の)満ち欠け」:waxing and waning(of the moon)
・The moon waxes and wanes.(月は満ち欠けする。)


という形で使えます。

そして、実は、英語では各月によって満月の言い方が異なります。

・1月 Wolf Moon
・2月 Snow Moon
・3月 Worm Moon
・4月 Pink Moon
・5月 Flower Moon
・6月 Strawberry Moon
・7月 Buck Moon
・8月 Sturgeon Moon
・9月 Harvest Moon
・10月 Hunter’s Moon
・11月 Beaver Moon
・12月 Cold Moon

このような呼び名を思いながら、満月を眺めてみるのもいいですよね。
それぞれの呼び名の由来に興味をもった方はぜひ調べてみてください!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事