「夕方」って英語でなんて言うの?

こんにちは!
最近日が長くなったな~と思っていたら、もう、夏至が終わり、だんだん日が短くなっていってしまうのが悲しいです。

日が長くなると、暑い日中を避け、夕方涼しくなってからお散歩に行ったり、ジョギングしたり、子どもと公園へ行ったり、1日が長くなりますよね!

我が家も、保育園のお迎えのあと、毎日公園やお庭などお外で遊ぶようになり、
最近、息子に、18時過ぎに
「今って夕方?夕方って英語でなんて言うの?」と聞かれ、
「afternoon? evening?」ちょっと迷ってしまいました。

意外と混乱しがちな1日の表現一度おさらいしてみましょう!

early morning 「早朝」

午前5時~7時

日本語の「早朝」と同じく、英語でも人によって感覚のバラつきがあると思いますが、7時以前をさす場合が多いと思います。

・I woke up in the early morning.
・早朝に起きました。
※ early in the morningも同様の意味でよく使われます。

逆に9時からお昼くらいまでの午前中はlate morning(遅い朝)と表現することもあります。

morning 「朝」

午前7時~10時
morningは、日の出から正午までの時間帯で、日本語でいうと「朝」や「午前中」に相当するような言葉です。

・I usually run in the morning.
・私は普段 朝に走っています。

noon 「正午」

昼12時

これは日本語の正午と同じく、昼12時のことです。お昼と言えばほとんどの方が12時をイメージしますよね。

・We usually eat lunch at noon.
・私たちは普段、正午に昼食を食べます。
・I left home before noon.
・私は正午前に家を出発しました。

daytime 「日中、昼」

午前7時~午後6時

日本語の「日中」に近いイメージで、「日の出から日没までの明るい時間帯」となりますので、住んでる場所や季節によって時刻はことなります。

・She used to work night shifts but now works only in the daytime.
・彼女は以前夜勤をしていましたが、今は日中だけ働いています。

daytime job(昼間の仕事)、daytime phone number (日中の電話番号)など、後ろに単語をつけて使う事も多いです!

また「日中」は、「during the day」という事が多く、上の例文も下記のように言い換えられます。

・She  used to work night shifts but now She only works during the day.
・彼女は以前夜勤をしていましたが、今は日中だけ働いています。

afternoon「昼、午後」

午後1時~4時
日本語でいうと「午後」に相当する言葉で、正午から日没あたりまでの時間帯をさします。
もう少し細かく区切ると下記のようになります。

・early afternoon(13時~15時頃)
・late-afternoon:(15時~18時頃)

・I am coming back home early afternoon.
・昼下がりには帰ってきます。

「afternoon」 の中でも、午後1時から3時頃までを 「early afternoon」 と呼び、日本語では「昼下がり」と訳せるでしょう。

evening「夕方~夜」

サンセットから、ベッドタイムまでの時間帯です。

eveningというと、日本語では「夕方」というイメージが強いですが、本来は「夕方から夜」を指していますので、日本語の「夕方」よりも長い時間帯を表しています。

例えば、evening dressは「夜会服」となりますし、あいさつの言葉「good evening」は「こんばんは」ですよね。
このように、eveningが「夕方」ではなく「夜間」を表すことはとても多いです。

・We are invited to a dinner this evening.
・今夜はディナーに招待されています。

・After work I attend evening classes at the university.
・仕事のあと、夜間大学に通っています。

あたりが薄暗くなってきた、日本語の「夕方」(16時~19時頃)を表現したい時には、
「early(早めの)」や「late(遅めの)」を使って、
・late afternoon(遅い時間帯の午後)
・early evening(早い時間帯の夜)
と表現するとちょうどぴったりだと思います。

night「夜」

日没から次の日の日の出までを指し、日本語の「夜」同じ感覚で使用できます。

・Don’t walk alone at night.
・夜の一人歩きはやめましょう。

その他、夜の細かい区切りに関しては、

・midnight(夜12時)
・late at night(深夜)
・in the middle of the night(真夜中)
・late at night(夜遅く)

などという表現もあります。

・The TV show starts at midnight everyday.
・そのテレビ番組は毎日夜12時に始まります。・I heard a dog barking in the middle of the night.
・犬が真夜中に吠えているのが聞こえました。

・We arrived late at night.
・夜遅くに到着しました。

以上時間に関する英語表現の紹介でした。
日本語でも「早朝」「お昼過ぎ」「夕方」「夜中」などは、個々の生活スタイルの違いで、認識が異なることも多くありますよね。
明確に伝えたい時には、しっかり時間を伝えるようにしましょう!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事