英語で「死」の婉曲表現を知ろう!

今回は、「死」を意味する英語表現をご紹介します。
決して縁起の良い言葉ではありませんが、だからこそ日本語でも、使う時には慎重に言葉を選んで使いますよね。
日本語では、「死ぬ」や「死亡する」、または「亡くなる」や「この世を去る」「他界する」など人の死を表す言い回しが沢山あり、状況に応じて失礼のないような表現を使いますよね。
もちろん、英語にも同じように、多くの表現方法があります。

今回は英語で「死」を意味する言い回しをご紹介します。いざという時に適切な言葉を選べるように、ぜひ読んでみてください。

Die/死ぬ

「Die」は「死ぬ」を意味する動詞ですが、日本語と同様、とてもストレートな表現です。
そのため、時と場合により慎重に使う必要があります。
また、よく聞く単語に、「died」「death」「dead」がありますよね?この違い分かりますか?

died

die(死ぬ)という動詞の過去形で「死んだ」という意味です。

My dog died last year.
私の犬は去年死にました。

 

death

名詞で「死」という意味です。

I am afraid of death.
死が怖いです。

 

dead

「死んでいる」という意味の形容詞です。

My grandparents are dead.
私の祖父母は亡くなっています。
動詞のdieが生きている状態から死んだ状態になる「死ぬ」という動作を表しているのに対して、形容詞のdeadは「死んでいる」という状態を表していることになります。

また、Dead は動詞と一緒に使われることもあります。

The missing person found dead.
行方不明者が死んだ状態で発見されました。

pass away /(遠回しに)死ぬ、亡くなる、 この世を去る

意味としては、「死ぬ」で「die」と同じです。
日本語でも「死ぬ」という言葉を避けて「亡くなる」という言葉を使いますよね、同様に英語でも、人が亡くなった場合は、「pass away」を使うことをおすすめします。もちろん、動物、買っていたペットがなくなった場合も「pass away」が使えます。

My grandmother passed away at the age of 90.
私の祖母は90歳で亡くなりました。

My grandfather passed away from cancer.
私の祖父はガンで亡くなりました。

「pass away」を略して「pass」と言うこともよくあります。
「pass away from〜」で「〜が原因で亡くなる」というイディオムです。

Lose someone /(大切な人を)失う、亡くす

大切な人が亡くなったときなどの「死ぬ」は「lose + 人」を使います。
病気で誰かを亡くした場合は「I lost(人) to(病名)」、事故の場合は「I lost(人)in a(事故)」

I lost my friend in a car accident.
友達を交通事故で亡くしました。She lost her grandmother to cancer.
彼女は、癌で祖母を亡くしました。

be動詞 + gone/(天国に)行ってしまった、(すでに)亡くなっている、他界している

「gone」は「消失」や「去る」などを意味することから、「pass away」と同様に「die」という言葉を避けて、人がこの世からいなくなったことを比喩的に表す言い方になります。意味と使い方は「Dead」と同じです。

Both of my grandparents are gone.
私の祖父母は、2人ともすでに他界しています。

be動詞 + killed/(事故や戦争で)死ぬ

戦争や不慮の事故などで,本人の意に反して死ぬことを表現する場合「die」ではなくを使います。
事件や戦争で死ぬ場合、事件や戦争に殺されるということで、「殺す」という意味の、「kill」を受動態で使い、「be killed (by/in)」と表現します。

He was killed in the war.
彼は戦争で亡くなりました。He was killed in the traffic accident.
彼は交通事故で亡くなりました。

Late/今は亡き〜 、亡くなった〜

日本語で「今は亡き~さん」「故~」などというように、亡くなった人であることを伝えるために英語では、名前の前「late」をつけます。
こちらは、意味としては、「dead」(死んでいる)と同じですが、より丁寧な表現となります。

My late grandfather was a renowned doctor.
私の祖父は、名の知れた医者でした。

以上、「死」に関する英語表現のご紹介でした。

決して縁起のよい言葉ではないのですが、日常で口にすることも多い言葉、表現だと思います。
慎重に口にしなえければいけない表現だからこそ、この際違いを覚えて、実際に使う時には、不快な思いをさせないように、適切な表現をできるといいですね。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事