英語イディオム! I eat like a bird.~私は小食です~

こんにちは!
本日も前回の続き英語の慣用句(イディオム)について書きたいと思います。

英語のイディオムとは?

前回も記載しましたが、英語のイディオムとはいくつかの単語から成る熟語のことで、それぞれの単語からは推測しにくい意味をもっています。
イディオムを使わなくても会話はできますが、英会話をする際に、相手が言った言葉が、イディオムだとわかっていないと意味を取り違えてしまうかもしれません。イディオムは日常会話でも頻繁に使われるため、自分で言うことがなくても、ある程度知っていることがとても大事です。

例えば今回のタイトルの「 I eat like a bird.」「私は小食です」を表すイディオムです。

一般的に鳥は、一度にあまりたくさん食べないですよね?そのため、「eat like a bird 」は「小食」という意味になります。逆に、大食い、たくさん食べるというのは何というのでしょうか?

正解は「Eat like a horse」です。
鳥に比べて、馬はたくさん食べることが想像できますね。

I don’t eat so much now but when I was young, I used to eat like a horse.
今はそんなに食べないんだ、でも若い時は、よく大食いしてたよ。

という風に使います。
シンプルなセンテンスですがイディオムを知らないと、このセンテンスの意味が分かりませんよね。

ちなみに、
「Eat like a pig」はどういう意味でしょうか?

こちらは、ガツガツと食べる、汚らしい、下品な食べ方をするという意味です。
こちらは、イディオムを知らなくてもなんとなく意味を推測できますね。

では今回はイディオムの中でも「「動物にまつわるイディオム」をご紹介します。

an early bird

早起きの人/朝型人間

The early bird catches the worm.
早起き鳥は虫を捕らえる

こちらは日本でいう「早起きは三文の徳」と同じような意味となります。

I am an early bird, but I like to sleep in on weekends.
私は朝型だけど、週末はゆっくり寝るのが好きです。
「early birdの反対語は、「night owl」です。
「night owl」は「夜遅くまで起きている人」「夜更かしをする人」「夜型の人」のことを表すイディオムとして使われます。

rain cats and dogs


以前にもご紹介しましたが、「大雨、 土砂降り」を表すイディオムです。
「It’s raining cats and dogs!」を言いかえると、
・It’s raining buckets!(土砂降りだ!)
・It’s pouring (rain)!(大雨だ!)という形で表現できます。

Don’t forget your umbrella. It’s raining cats and dogs outside!
傘を忘れないでね!外は大雨だよ!

drink like a fish

たくさんお酒を飲む」「大酒飲み」
直訳すると、「魚のように飲む」となりますが、たくさんお酒を飲むという意味と、大量にお酒を飲んでも酔っぱらっていないように見える人も表します。日本語でいう「酒豪」という意味ですね!

He drinks like a fish.
彼は大酒飲みです。

as busy as a bee


とても忙しい人

直訳すると「蜂のように忙しい」となりとても忙しいことを表します。

How was you day today?
今日は一日どうだった?

I was as busy as a bee!
とても忙しかったよ!

a little bird told me

うわさで聞いた

直訳は「小鳥が私に教えてくれた」となり、なんだかかわいらしい表現ですよね。「うわさで聞いた」「風の便りに聞いた」の意味となります。

I hear you’re getting married. Is it true?
結婚するって聞いたけど、ホント?Yeah, but how did you know?
そうだけど、どうやって知ったの?A little bird told me.
風の便りに聞いたよ

このように、「風の便りに聞く」や「人づてに聞く」という意味で誰から聞いたのかを秘密にしておきたい場合に使えてとても便利です。

また「風の便りにきたんだけど、〜」と前置きとして最初に持ってくることもできます。

A little bird told me (that) you’re getting married?
風の便りに聞いたけど、結婚するんだって?

butterflies in my stomach

「落ち着かない」

直訳すると、「胃の中に蝶がいる」で、「不安で落ち着かない」「緊張する」「ドキドキする」の意味です。
例えば、スピーチやプレゼンテーションをやる前、試験の前などの「緊張や期待からくる、おなかのあたりがそわそわして落ち着かない気持ち」を表すときに使います。
その他、恋をしている時のドキドキにも使えます。

I always get butterflies in my stomach before giving a presentation.
プレゼンをする前はいつも緊張します。

black sheep


「のけ者」「やっかい者」「見捨てられた者」「変わり者」

ほとんどの羊は白いのに、他とは違うのは黒い羊ということが由来です。
私は、昔よく子供に「Baa baa black sheep」の歌を歌ってあげていて、 black sheepってどちらかというとかわいくて愛嬌のある動物と思っていたので、これがその逆の「やっかい者」になるとはちょっと悲しかったですが、そういう意味なんです。

They say he is the black sheep in the family. He’s always getting into trouble.
彼は家族の中のやっかい者と言われている。いつも問題をおこすのだ。

 

以上で今回の動物に関するイディオムの紹介は終わりです!
イディオムは、自分が使わなくても、会話の中に出てきたときに、こういう意味だ!と分かるように知っているととても便利です。
もちろん、会話の中に「butterflies in my stomach」が出てきたからと言って、「おなかの中に蝶がいるの」?とは考えませんよね。現実的にありえませんので、何かの比喩だとは想像がつくと思いますが、やはり、知らないとわからないものです。
中には、予測できるイディオムもありますが、多くは知らないと想像もつかないものです。
だからこそ、知ると楽しいですよね!
みなさんも楽しみながら英語のイディオム学んでいってくださいね。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事