英語イディオム!It’s a piece of cake~そんなの楽勝!~

こんにちは!
本日も前回の続き英語の慣用句(イディオム)について書きたいと思います。

英語のイディオムとは?

前回も記載しましたが、英語のイディオムとはいくつかの単語から成る熟語のことで、それぞれの単語からは推測しにくい意味をもっています。
イディオムを使わなくても会話はできますが、英会話をする際に、相手が言った言葉が、イディオムだとわかっていないと意味を取り違えてしまうかもしれません。イディオムは日常会話でも頻繁に使われるため、自分で言うことがなくても、ある程度知っていることがとても大事です。

例えば今回のタイトルの「A piece of cake」「とても簡単な事」を表すイディオムです。
日本語で言うと、「楽勝だよ。朝飯前だよ!」といニュアンスで使います。

Speaking English is a piece of cake for me.
私にとって英語を話すことはとても簡単です。
A : Did you pass the exam?
試験に合格したの?
B : Yes! It was a piece of cake.
うん!朝飯前だったよ

という風に使います。
シンプルなセンテンスですが「A piece of cake」というイディオムを知らないと、このセンテンスの意味が分かりませんよね。

もちろん、「It’s very easy」でも意味は同じですが、いつもと違う表現をしたい時にぜひ使ってみてください。ネイティブも日常的に使う表現で海外ドラマなどを見ていても頻繁に出てきますよ。

では今回はイディオムの中でも「「食べ物にまつわるイディオム」をご紹介します。

couch potato


couch(ソファ)の上でスナックを食べながらテレビばかり観ているような人や状況
「Couch」は「ソファー」、「Potato」は「ジャガイモ」を意味しますが、「Couch potato」は体を動かすことを全くしないで、一日中ソファーでゴロゴロしながらジャンクフードを食べながらテレビを見ているような人や様子を表します。

My boyfriend is a real couch potato and never wants to go out.
私の彼氏はテレビばっかり観て、全然外に出ようとしません。

また、週末の予定などを聞かれた際の返答としてこのように答えることもできます。

I’m going to be a couch potato and relax.
家でゴロゴロしながらリラックスします。

cry over spilt/spilled milk

済んでしまったことに嘆く

spilt は「こぼす、こぼれる」 という意味の動詞 spill の過去形・過去分詞形で、spilled とも言います。
こぼれたミルクを、もったいないと嘆いても、ミルクがもう一度容器に戻ることはないので、このことから既に起きてしまった取り返しのつかないことについて嘆いたり、悔んだりすることを言います。
こちらは学生の時に教科書で学んだ方も多いと思います。
日本語でいう 「覆水盆に返らず」 という諺に当たります。

There’s no use crying over spilt milk.
覆水盆に返らず。

quit cold turkey

喫煙や飲酒などの悪習慣を「きっぱりとやめる」
もともとこのフレーズは「薬物を急にやめる」ことの表現だったことに由来するようです。急にドラッグをやめるとひどい後遺症に襲われその不快さを、羽をむしられた七面鳥の肌にたとえたところからできたのがこの表現。「寒い七面鳥になる」のは「薬物を突然やめる」ことと同義語で、「きっぱりやめる」の意味になったようです。薬物だけではなく、 悪しき習慣全般からきっぱり足を洗うことの比喩としてよく使われています。

I’m going to quit smoking cold turkey!
タバコをきっぱりとやめます!

sour grapes


負け惜しみ、本当は欲しいくせに、手に入れることができないものを、元々いらなかったかのように振る舞うこと。

直訳すると、sour(酸っぱい)+grapes(ブドウ)です。こちらは、イソップ童話が語源となったイディオムなんです!イソップ童話のすっぱいブドウの話はご存知ですか?キツネが高い所にあるブドウが食べたくて何度か跳び上がる。しかし、届かない。最後には、「あのブドウはまだ青くて食べられないや」と言って去るというお話に由来します。

I don’t want to cry sour grapes.
負け惜しみなんて言いたくない。
she said she doesn’t like her boy friend anymore but I think it’s just sour grapes.
彼女、彼氏のことなんてもう好きじゃないなんて言ってるけど、負け惜しみだと思うわ。

Bring home the bacon

生活費を稼ぐ、生計を支える。

直訳すると「ベーコンを家に持ってかえる」となるのでなんとなく想像できますよね。
働いて家にお金を持ち帰る、生活費を稼ぐことで、「生計を支える」というニュアンスです。
そこから派生して「うまく仕事をやり遂げる」「成功する」というような意味もあります

I have been working hard to bring home the bacon.
私は一家の生計を支えるために、懸命に働いています。
Who brings home the bacon in your family?
あなたの家では誰が大黒柱ですか?

Packed like sardines


狭い場所に詰め込む ぎゅうぎゅう詰め
(Be) packed in like sardines は直訳すると、いわしのように詰められたです。
いわしの缶詰のように、ぎゅうぎゅうに詰められた様子を表します。日本の満員電車も日本ではすし詰め状態と言いますが、英語だとすし詰めでがなく、いわし缶にたとえられて、

Everyone is packed in like sardines!
皆、すし詰めになっています!
と表現します。

というようにいわしの缶詰状態と表されます。

Buy a lemon

欠陥品を買う
こちらのフレーズを直訳すると、「レモンを買う」となりますが、イディオムとしては「欠陥のある物を買う」という意味になります。このイディオムは知らないと、全く推測ができないですよね。主に電化製品や自動車に対して使われています。

The used car that I bought is not very good. I think that I bought a lemon.
購入した中古車が良くないんだ。欠陥車を買ってしまったかもしれない。

また、”lemon”を形容詞として使う場合は

My friend’s new cellphone is a lemon.  I can’t reach her recently.
私の友人の新しい携帯は欠陥品です。最近連絡がとれません。

Not my cup of tea

好みじゃない、趣味ではないことを遠回しにいう表現

嫌いなものを勧められた時、自分の嫌いなこと、好きではないことを表現する時に「I don’t like~」という表現はストレートに「嫌い」を伝える表現です。ビジネスの場や少し遠回し、やんわりと「好きではない」と伝える場合に「Not my cup of tea」を使うと便利です。

A:Why don’t you watch Comedy movie tonight?
今晩コメディ映画みようよ!
B:Comedy movies are not my cup of tea.
コメディ映画は私の好みじゃないなぁ。

sell like hot cakes

飛ぶように売れる
このイディオムの由来には、諸説あります。
由来の1つは、hot cakes は、「焼き立てのケーキ」という意味で、焼き立てのケーキは、特においしいので、すぐに売り切れてしまう、というものです。
また、hot cakes はパンケーキのことで、パンケーキは人気があるので、どんどん売れる、という説もあります。

iPhones are selling like hot cakes.
iPhone は飛ぶように売れています。

go bananas

気が狂いそうだ、カンカンに怒っている、頭がおかしくなる

普通は「go bananas」を本当に気が狂っている人に対しては使わず、興奮して、発狂するぐらい怒りが溢れたり、嬉しかったりするときに冗談として使います。バナナを目の前に出された猿の様子が語源だそうです。

A:I have to work this weekend.
今週末も仕事しないといけないわ。
B:oh,no.If I were you, I’d go bananas
えーありえない。私があなたの立場だったら気が狂うわ

また、いつもと違う不思議な行動をしている友達に
「Have you gone bananas?と冗談ぽくいったりします。

この場合のgo bananas は go crazyと同じような意味で頭がおかしくなる、ばかなことをするというような感じですね。
「Let’s go bananas」とノリノリでいえば、「おかしなことやっちゃおう!」というような使い方ができます。

では今回のイディオム紹介はここまで!
次回は「動物」に関するイディオムをご紹介しますね。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事