春に関する英語フレーズ言える?

春に関する英語フレーズ言える?

こんにちは。

雛祭り・卒園・卒業式・お彼岸も終わり、もう4月です。

日増しに春らしい陽気を感じられるようになってきましたね。
全国では桜が咲き始めています。 本来であれば、桜の木の下で友人や家族と集まってお花見!といきたいところですが、昨年に引き続き、今年も新型コロナウィルス感染症や新たに変異株が見られ、お花見は自粛モードになりそうです・・・。

そんな、少し寂しささえ感じる2021年の春ですが今回は、この記事を読んでくださる方が少しでも春を感じられたらいいな。と言う思いから『春』にちなんだ英語フレーズをご紹介していこうと思います。

ぜひ、一緒にフレーズを声に出して言ってみてくださいね。^^

春フレーズ:01

では、早速春フレーズを見ていきましょう!

まずは、皆さんご存知のこちらから^^
日本の四季を表す初めのシーズン『春』。

Spring(春)
春は年度による区別では4・5・6月を春としていますが、暦や天文学では少しずつ時期がずれてくるので、海外の方にSpringはいつからいつまでか?を説明をする際は個人見解で良いと思います。(←と言う個人の見解です。笑)

March / Month of Growth(3月)/(弥生)

April / Month of Deutzia(4月)/(卯月)

Spring Equinox (春分/春のお彼岸)
春分=「昼と夜の長さが等しくなる日」といわれています。
(実際には昼の方が少し長いそう・・・。)

Spring is in the air.(春っぽくなってきた。)

「in the air」は空気感(雰囲気)で感じられることを表現していて“ぽっく”の部分を表現しています。

Spring has come.(春が来た!)

has comeで「たった今やってきた!」と言う表現にするのがGood!🌸

Cherry blossoms(桜)

※“桜の花”は複数形で表現するので最後に“S”がつきます。

Weeping cherry tree(枝垂れ桜)
3月下旬~4月にかけて花を咲かせる淡いピンク色をした桜の一種です。

豆知識:枝垂れ桜が枝垂れるのは突然変異とされているそうで、枝垂れ桜の子だからと言って、枝垂れるとは限らないそう。

Wild cherry tree(山桜)
日本の固有種で、日本に自生するサクラ属の基本野生種の一つ。
山に咲く桜」であるためヤマザクラと命名されそうです。

Daphne(沈丁花)
春の代表的な樹木で香りが良いことで有名な三大香木のひとつです。

Primrose(桜草)

河川敷の草原に見られる多年草で、春に芽を出し4月から5月に花を咲かせる白,ピンク,紫,複色の草花です。

Bloom(咲く)
花が“咲く”ことを表現するフレーズです。

Cherry blossom viewing(お花見)

Cherry blossom viewing picnic party.とした方がお酒を飲んだり、お料理を楽しんだりする様子が伝わりやすくなるのではないかと思います。

Many People enjoy foods and drinks under the Cherry blossoms.
(多くの人が桜の木の下で食べたり飲んだりして楽しみます。)
※花見で何をするのか聞かれた際や説明をする際に回答として使えるフレーズです。

Flower Festival(花祭り)
お釈迦樣の誕生を祝う仏教行事で、日本では原則として毎年4月8日に行われており、“お祭り”を否定する仏教で唯一『お祭り』といわれる行事です。

Bloomed fully / Full bloom(満開)

Reserve the place(場所とり) 

Stalls(屋台)

Hay fever(花粉症)
ちょうど今の時期は花粉症の方は鼻が詰まったり目が痒かったりと色々大変ですよね・・・。

Cedar pollinosis(スギ花粉症)
1月頃から3月末頃まで幅を利かせるスギ花粉。

Cypress pollinosis(ヒノキ花粉症)
スギ花粉が終わったと思ったらやってくるヒノキ花粉。
これからヒノキ花粉症の方が増えてくる時期ですね。

Sneezing(くしゃみ)

Passing on the exam(試験に合格する/した)
日本では年末から3月にかけて入試で忙しくなりますよね。
そんなピリピリムードから解放され、合格の報告をする際に使えるフレーズです。

Graduation(卒業)

Graduation ceremony(卒業式)

Spring break(春休み)
『Spring vacation』でも大丈夫です。

New semester (新年度)
『New semester』は“学期”と言う意味で日本で言う4月から始まる学期を『Spring semester』と言います。海外では9月から新学期が始まる事はご存知かと思います。その場合は『Fall semester』秋の学期と表現します。

New school term (新学期)
『New school year』と言ったりもします。

Entrance ceremony(入学式)
学生の方はもうすぐ春休みが終わり、乳幼児は4月1日から新学期の始まりですね。

Company’s entrance ceremony(入社式)
※本来はcompany’s initiation ceremonyだけれど↑の方が通じやすいかもしれません。

春フレーズ:02

さて、ここからは春の食材や春の食べ物をご紹介していこうと思います。^^

Cherry blossom sticky rice cake(桜餅)

White sake(白酒)

Strawberries(いちご)

Spring cabbage(春キャベツ)

Spanish mackerel(さわら)

Pond smelt(ワカサギ)

Fiddlehead (わらび)

Japanese parsley (せり)

Bamboo shoots(たけのこ)

Clamming(潮干狩り)

春フレーズ:03

最後に、春といえば雛祭り。
女の子の健康・繁栄・成長を祈る日本独自の祭典がありますよね。

我が家にも女の子がいるので毎年、雛祭りは欠かさず雛人形を出してお祝いをし、健やかな成長を祈っています。^^

Girls’ Festival / Doll Festival(ひな祭り)

『The day of the Hina Matsuri』と言った感じで“the day of~”を使って「~の日」と紹介することも出来ます。

Hina dolls(雛人形)

雛人形や五月人形は日本を代表する人形の一つですね。

2015年にはアメリカの元大統領であるケネ­ディさんの長女であるケネディ駐日米国大使のニュースも話題になっています。

ケネディ在日米大使館の雛人形に関するニュース

https://www.washingtonpost.com/blogs/in-the-loop/wp/2015/02/11/caroline-kennedy-played-with-a-set-of-japanese-dolls-as-a-child-now-she-knows-who-sent-them/

The emperor and empress(男雛と女雛)
男雛と女雛は天皇と皇后を表しています。その為“Prince”や“ princess”と言う表現ではなく上記のように“天皇”・“皇后”のような表現になります。

Twelve-layered ceremonial robe(十二単)
女雛が羽織る十二単は想像するだけでも方が凝りそう…。笑

Black teeth(お歯黒)
既婚女性であることを表すメイクの方法で歯を黒く染める化粧法のことを言います。

 

ここまで春に関するフレーズをご紹介してきましたがしているフレーズはいくつありましたか?

リアルタイムで使えるフレーズもいくつかあったと思います。
ぜひぜひ、今回ご紹介したフレーズを声に出して使ってみてください^^

では今回はここまで。

また次回お会いしましょう。

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事