和製英語(第2弾):国の名前英語で言えますか?

こんにちは!今回は前回の
【知ると面白い「Japanese English(和製英語)」】に続き、和製英語:国の名前編をお届けします。

初対面の方や、お友達とお話しする際に、
旅行について話したり、またどこの国出身かについて話したり、
国の名前を言う機会はとても多いと思います。

イギリス、フランス、アメリカなど、私たちが通常使っているカタカナ表記の国の名前、
カタカナなので、そのまま通じるかな~と思いきや、これまた、そのままの発音では通じないものが多くあるんです。むしろ、日本語と違う発音の国がほとんどなんです!

例えば、イタリア(Italy)、インド(India)、タイ(Thailand)あたりなら、なんとなく似ていて察しがつきますが、オランダ(the Netherlands)ギリシャ(Greece)などは、全く異なるため、本来の言い方を知らないとまったく予知できないですよね。

例えば、日本は「Japan」韓国は「South korea」中国は「china」などは、日本語と明らかに異なるので、間違えることもないと思いますが、
すでにカタカナ表記になっている国名は、そのカタカナの名前に惑わされやすいので要注意です!

「どこの国に行ったことがある?」と聞かれて、
「オランダ!」とどんなに英語っぽく発音したとしてもネイティブには伝わりません。

今回は、意外と知らない国の名前について
日本語の発音とほぼ同じ&似ている国名、聞けばわかるが、少し異なる国名、全く違う国名の3つにわけて紹介させていただきますね!

ほぼ同じ&似ている国名

カタカナ表記されている発音は発音の目安として参考にしてください。
・アイスランド:Iceland アイスランド
・アメリカ合衆国:America (United States of America) アメリカ
※会話の中ではTHE U.SやTHE STATESという
・インドネシア:Indonesia インダニージァ
・オーストラリア:Australia オーストレイリア
・カナダ:Canada キャナダ
※カナダ人は「キャナディアン」ではなく「カナディアン」です。
・カンボジア: Cambodia カンボォゥディア
・サウジアラビア:Saudi Arabia サウディアレィビア
・スペイン:Spain スペイン
・ニュージーランド:New Zealand  ニュージーランド
・フィンランド:Finland  フィンランド
・ブラジル:Brazil ブラズィル
・フランス:Franc フランス
・ベトナム:Vietnam ヴィエナーム
・マレーシア:Malaysia マレィジァ
・ロシア:Russia ラシャ

聞けばわかるが、少し異なる国名

・アルジェリア:Algeria  アルヂーリア
・インド:India  インディア
・エジプト:Egypt  イジェプト
・タイ:Thailand  タイランド
・チェコ:Czech チェク
・モンゴル: Mongolia  モンゴウリア

え?どこの国?全く違う国名

・イギリス:United Kingdomもしくはthe UK ユナイテッド キングダム
・イスラエル:Israel イズリアル
・ウクライナ:Ukraine ユークレイン
・オランダ:the Netherlands ザ ネザーランズ
・ギリシャ:Greece グリース
・クロアチア:Croatia  クロエイシャ
・スイス:Swizerland  スィッツァランド
・ドイツ:Germany  ジャーマニー
・トルコ:Turkey ターキー
・ブルガリア:Bulgaria ボーゲリア
・ベルギー :Belgium ベルジャム
・ポルトガル:Portugal  ポーチュガル
・ヨルダン :Jordan ジョーダン

以上、知っていそうで意外と知らない国名でした。
前回ご紹介しました「和製英語」同様、日本での呼び方をどんなに英語っぽく流暢に発音しても
そもそも本来の発音と全く違っている場合、通じません。
今年オリンピックが開催されれば、国について英語で話す機会も増えますよね。この機会にぜひ覚えて使えるようにしましょう!

本来の英語発音を知るのが1番よいのですが、どうしても相手に伝わらない場合、
その国で有名なものや、首都名など国名を直接言わなくてもわかってもらえるような説明をするのがよいと思います。

和製英語って本当に厄介ですよね!カタカナ表記ゆえに英語だと信じてしまいます。
そして、もちろん、中にはそのまま英語として使える単語も多々あるので余計に厄介ですよね~!

しかし、日常生活の中に多少なりとも英語が取り込まれていることで、
英語学習においてボキャブラリーが増えるというメリットもあります。

英単語を覚えていくときに、「この単語、CMで聞いたことがある!」とか、好きなバンドの名前に使われている!」とか単語の記憶に役立つことも多々ありますよね!
その点においては、英語を学習する日本人は、日本語を学習する外国人に比べて、たくさんの恩恵を受けていると思います!

カタカナ表記を見た際には、これ実際に英語ではどう発音するんだろう?
どうやって使うんだろう?と調べてみると身についていきますので、ぜひ楽しみながらボキャブラリーを増やしていってください!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事