「watch」「Look」「See」など英語 で「見る」の表現方法

英語で「見る」と言えば?
多くの方が「watch」「Look」「See」あたりを思い浮かべるのではないでしょうか?
そして、「この違いって何?」と誰もが1度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?
なんとなく感覚で使っている方、違いを理解し使い分けている方もいらっしゃると思いますが、
今回は、「watch」「Look」「See」そしてそれ以外の表現も含め、「見る」について、まとめたいと思います。

seeの意味

意思に関係なくあるものが自然に目に入る。


・I saw her walk across the street.
・私は彼女が道を横切っているのを見ました。

「see」は意思をもって見なくても、自然に目にはいるという状態です。

・Have you seen him?
・彼を見かけましたか?

誰かを見かけた?なにかを目にした?という状況でも使われます。
また、あそこに何かあるのが見えますか?の問いに、

・I can’t see anything.
・何も見えません。

というようなシチュエーションでも使われます。

lookの意味

注意を払って意識的に見ること。特に視線を向けるという状況。


・Look at this picture, please.
・この写真を見てください。

・Look at me!
・私を見て!

Look at 〇〇~で、〇〇を見て!目を向けて!視線を向けて!というニュアンスになります。そのため、相手の視線を指差している方に向けたい時に「Look!」を使います。

・Look! There is a rainbow!
・ねぇ、見て!虹が出てるよ!

watchの意味

動いているもの、起こっていることをじっと注意して意識してみる


・Can I watch TV now?
・今テレビを見てもいいですか?

・I like watching baseball games.
・野球の試合を見るのが好きです。

テレビやスポーツ観戦にはwatchが使われます。テレビ事態は動いていませんが、テレビの中にある映像(動いているもの)をじっと注意して見ているからですね。

・Can you watch the baby for a minute?
・ちょっと赤ちゃんを見ててくくれませんか?

・Parents watch their kids grow up.
・親は子供が成長するのを見守ります。

また、Watch over someone/somethingで、◯◯を見守る、気をつけて見る事を表し、相手の世話をしたり面倒を見るニュアンスがあります。子どもをみるという時もこのwatchを使います。

映画を見るは”see a movie”と”watch a movie”のどちらも使います。
どちらを使えばよいかというのは、状況により異なります。


・I went to see a movie yesterday.
・昨日、映画を(映画館に)見に行きました。

・I watched the movie on DVD yesterday.
・昨晩、その映画をDVDで見ました。

映画館で映画を見る場合、seeを使います。
映画館のスクリーンは大きいですよね、座席に座れば、画面をじっと注意してみなくても、映像が勝手に視界に入ってきますよね。そのため、自然と目に入る、見えるというイメージのseeを使います。

それに対して、家などで、DVDを見る場合は、テレビや、パソコンなどの小さなモニターに意識を向けて見ますよね。他にもいろいろ目に入るものがある状況で、あえてモニターを意識してみることになるので、テレビを見るときと同じようにwatchを使います。

こう考えるととても納得がいきますよね。

その他の「見る」を表現する単語

witness

目撃する、見る

・Unfortunately, only a few people witnessed the hit-and-run accident.
・不幸なことに、そのひき逃げ事故を目撃した人は数人しかいませんでした。

・You have witnessed a traffic accident.
・あなたは交通事故を目撃しました。

stare

凝視する、ジーっと見つめる、まじまじ見る。
好奇心から凝視する意味で、人によっては不快に感じるようにじろじろ見つめるというネガティブな意味が含まれることがあります。

・Why are you staring at me like that?
・どうしてそんな風に私をじろじろ見るのですか?

・It is rude to stare at people like that.
・人のことをそんな風にじろじろ見るのは失礼ですよ。

こちらもlookと同様、前置詞のatとセットで「stare at~」という形で「~を見る」と言う意味になります。

gaze

何か興味があったり、驚きを感じた時に長い間見入る。
ネガティブなstareと違い、好奇心・興味・驚嘆など、よりポジティブな気持ちが入っています。

・We gazed at the beautiful scenery.
・私たちは美しい景色をじっと見つめました。

・He stood gazing at the stars.
・彼はじっと星を見つめたまま立っていました。

こちらも、前置詞のatとセットで「gaze at~」という形で「~を見る」という意味になります。

glance

 意図的にちらっと見る。誰か、何かを素早く見る。

・I glanced at my watch.
・私は腕時計をチラッと見ました。

・I didn’t even have time to glance at the report.
・私はレポートにざっと目を通す時間さえありませんでした。

また「glance」は名詞としての意味もあり、「at a glance」で「ぱっと見て」「一見して」という意味の熟語としてよく使われます。

・At a glance you can tell he is rich.
・ぱっと見ただけで彼が金持ちだってわかるだろう。

・At a glance he looks happy.
・一見幸せそうに見えます。

glimpse

意図的にではなく、偶然ちらっと見える

・I glimpsed a figure at the window.
・窓のところに人影がちらりと見えました。

glimpseは名詞としての意味もあり、名詞として使う場合、「have a glimpse」で「ちらっと見える」という意味になります。

・I only had a glimpse of him.
・彼の姿はちらっと見えただけでした。

いかがでしたでしょうか?

【見る】という意味でこんなにもたくさんの英単語があります。
もちろん、全てseeやwatch、lookと言ってしまっても想いは伝わります!
しかし、微妙なニュアンスを伝えるのには、やはりボキャブラリーは多い方がいいですよね。
自分がどんな状況でこれらの単語を使うかをイメージしながら覚えてみてください!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事