cook?make?混乱しやすい料理に関する単語

こんにちは!
最近は、外出、外食する機会が減り、自炊をする方も増えたのではないでしょうか?
調理法に関する英語、
make やcook、他にもboilとかGrill、Toast日本語としても使う機会もあるので、馴染みの多い単語も多いですよね。
でも、実際英語として使おうとした時に、何が違うんだろう?と迷う事ありませんか?
混乱しがちなこれらの単語の使い方について説明していきますね。

make とcookの違いは?

簡単に言うと
cookは、通常、火を使ったり、加熱をして料理する場合、
makeは加熱しないで料理する時や作るという場合に使われます。
火を使わないで作るサンドイッチやサラダなどの場合には、cookは使わず、make を使います。

・She made this cake for you
彼女があなたのために、このケーキを作りました。
・I’ll make a ham sandwich
ハムサンドイッチを作ります。
・ I cook rice in a rice cooker.
私は炊飯器で米を炊きます。
※ rice cookerは炊飯器です。

焼くのはgrill?bake?roast?toast?

日本語で言うと全て焼く!ですが、英語だと調理方法によって使う言葉が変わってきます。

Grill

焼き網を使って直火で焼く 強火で焼いて焦げ目がつくイメージ

・We grilled beef at a barbecue.
私たちはバーベキューパーティーでビーフを焼きました

また、 grillは名詞としてバーベキューコンロの意味があり、barbeque grillと言えば、写真のような焼き網という意味となります。

Roast

焦げ目がつくまで中からじっくり火を通す。(肉などを)オーブンで強い火で熱して焼く。

They roasted a turkey for Christmas dinner.
彼らはクリスマスディナー用に七面鳥を丸焼きしました。


ローストビーフやローストチキンのように、オーブンや直火でじっくり調理するというイメージです!

Bake

(パン・菓子などを)オーブンで焼く

・I bake my kid’s birthday cake Every year
私は、毎年子供の誕生日ケーキを焼きます。


roastと同じようにオーブンで焼くという意味ですが、
菓子やパン系をオーブンで焼くのがbake、それ以外のものをオーブンで焼くのがroastと調理する食べ物を基準に使いわけます。

Toast

(パンなどを)焼く、あぶる
・I had a slice of toast this morning.
今朝、トーストを1枚食べました。

生地を作ってオーブンで焼く時にはbakeを使用しますが、食パンをトースターで焼く、焦げ目をつけて焼くという時にはtoastを使います。日本語でもパンをトーストするといいますよね。

そのほかの表現

Boil

茹でるという意味で、日本語の「茹でる、煮る、炊く」は全てboilで表現できます。

・The water is boiling.
お湯が沸いてるよ
・Can you boil four eggs
卵を4つ茹でてください。

野菜、卵、パスタなどを沸騰させて調理という場合に使われます。

Stew

boilでも表現できる「煮る」という意味ですが、柔らかくなるまでゆっくり煮込むことを意味します。とろ火でトロトロ煮込むというイメージです。

・I stewed the meat in the sauce for 30 minutes.
肉をソースの中で30分煮込みました。

Simmer

弱火でぐつぐつ、ことこと煮ること。stewのようなとろ火でではなく弱火で、というところが違います。

・Simmer it slowly until the sauce has thickened.
ソースはとろみがつくまでゆっくり煮立てて下さい。

ソースなどを沸騰させないようにぐつぐつと煮るときによく使います。

Fry

フライパンなどで油を使って、食材を加熱し調理することで、揚げる、炒めるなどに使います。
Fried egg だと卵の目玉焼き、Fried rice はチャーハンです。

・One of my favorite Chinese dishes is fried rice.
私の好きな中華料理の1つはチャーハンです。

deep-fry

揚げる大量の油を使って、その中に食材を浸して加熱し調理することで、こちらも揚げるですが、Fryは、油を薄くひいて、材料を炒める場合、Deep fryは、油を沢山入れて、材料を油の中に入れて揚げる場合に使われます。

・Deep‐fry the fish until brown on both sides.
魚を両面に焦げ目がつくまで油で揚げてください

Steam

蒸す(水を沸騰させ、そこから出てくる蒸気で食材を加熱し調理する)
肉まんはsteamed meat bunと表現できます。

・I like steamed dishes like meat and shumai
私は肉まんやシュウマイのような蒸してある料理が好きです。

Microwave

電子レンジで温める。Microwaveは名詞で電子レンジですが、これを動詞として使います。

・Can you microwave it?
電子レンジで温めてくれますか?
・Do not Microwave
電子レンジ禁止

温めるに関しては、他にもheat upかwarm upを使う方法もあります。

・I warmed up leftovers in the microwave.
電子レンジで残り物を温めた。
・Can you heat this up in the microwave?
電子レンジでこれを温めてくれますか?

以上、日常生活でよく使う調理法に関する英語のご紹介でした。
整理してみると意外と簡単ですよね。

実際に料理をする際に使う英語表現は、また今度ご紹介しようと思います!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事