~英語4技能って何?~

 

みなさん、こんにちは。

今回は、いま英語の教科化で重要視されている『英語4技能』について

・英語4技能ってなに?

・なぜ今4技能が求められる?

・英語4技能はどうやって測る?

など、これからの小学校・中学校・高校の英語教育においても必要になってくる『英語4技能』について詳しくお話ししていこうと思います。

*以前にも4技能に触れている記事があるので、是非そちらも合わせて読んでみてください^^

~最新!2020年から変わった小学校の英語授業の必修化と教科化~

 

英語4技能ってなに?

外国人が日本で働くために必要なスキルと手続ガイド|クリエイティブ業界に関わる全ての人に届ける情報メディア To Creator

『英語4技能』と聞くとなんだかとても難しいことのように聞こえますが 、4技能はみなさんが普段から使っている“聞く”・“読む”・“話す”・“書く”の 基本的なスキルのことを言います。

日本では長い間、読み書きを中心とした英語の教育を行なってきましたが、 そこに“聞く”・“話す”が加わり4技能となりました。

正確には2020年より、さらに細かく分かれ4技能5領域となります。 4技能のうちの“話す”が【話すこと(やりとり)】と【話すこと(発表)】の2つにわかれ5領域になると言うことなのです。

なぜ今4技能が求められる?

外国人雇用時に求められる日本語能力とコミュニケーション | ビザサプリジャーナル

では、なぜ今そこまで英語のスキルを求められるのか?

それは、急速に進むグローバル化の影響と言えるのではないでしょうか?

現在、急速なグローバル化によって、国内においても昔に比べ多くの外国人を見かけることが増えましたよね。

そこで、国際的に共通言語として使われている英語でのコミュニケーションをスキルを、今までのような試験対策としての英語ではなく、実際に使用する事を想定しバランス良く学ぶことで、実生活の中でそのような場面に出くわした際、スムーズにコミュニケーションを取れるようにと言うことで、技能5領域必要不可欠になってくるのではないでしょうか。

今まで日本では、試験対策として読み書きだけに力を入れ英語教育を進めて来ましたが、それでは、益々グローバル化の進んでいくこれからの時代、各国に遅れをとってしまいます。

実際にそのような場面に出くわした際、相手がなにを言っているのかわからない。と言った問題、聞き取れた場合でも、会話をする為の学習や練習をして来ていない為、正しい英語で正確に伝えてあげることができず、うまくコミュニケーションが取れないと言う事態になりかねませんね。

新型コロナウイルス感染症の影響で延期になってしまいましたが、東京でのオリンピックやパラリンピックを控え、訪日外国人が増えることでこれから更に英語でのコミュニケーション能力の必要性を感じるのではないでしょうか?

英語4技能はどうやって測る?

Is There Going to Be a New Testing Situation? – The Matador Messenger

4技能5領域がこれからの時代を生き抜く上で必要不可欠であることは、皆さん十分に理解して頂けたかと思います。
2020年では見送られましたが、大学の入学試験でも「大学入試英語成績提供システム」の導入が検討されています。
私立の大学ではすでに導入されているところもあるようなので早めに対策をとっておいて間違いはなさそうです。

*「大学入試英語成績提供システム」とは… 英語4技能評価について『読む』『聞く』『話す』『書く』の4技能を適切に評価するため、共通テストにおいて、一定の評価が定着している資格・検定試験を活用する。とされていて、これにより、成績提供システムに参加する資格・検定試験の成績情報(電子データ)をセンターで一元的に集約・管理し、請求のあった受験者の成績を大学に対し提供すると言うもの。

では、英語4技能を測る為にはどうしたらいいのか?
4技能を測るための試験をご案内していこうと思います^^

・実用英語検定試験

これはみなさんお馴染み!学生の頃から最もよく耳にする、いわゆる英検ですね。

レベルが級ごとに分かれているので何球を受けたらいいのかの判断がしやすく 試験内容は reading(リーディング)・listening(リスニング)・writing(ライティング)の3つ。
3級からは面接が加わり、speaking(スピーキング)が追加されます。

試験は年3回となっています。

詳細は公益財団法人 日本英語検定協会のHPを確認してみてください。

【https://www.eiken.or.jp/】

・ケンブリッジ英語検定

5つのレベルに分かれているので、こちらも自分のレベルに応じた試験を受けることが可能。
試験内容は reading(リーディング)・listening(リスニング)・writing(ライティング)・speaking(スピーキングの4つ。
ただ、英検に比べ英語の知識を使いこなす能力があるかを判断する内容となり、文法力だけでは点数がとれないテストとなります。
試験は年2~4回となっています。

詳細は下記をご確認ください。
【https://www.cambridgeenglish.org/jp/exams-and-tests/exam-dates/】

・TOEIC

ビジネスにおける英語力を測定し
英語によるコミュニケーション能力を幅広く測る試験となっています。
試験内容は・読む力を測る TOEIC ® Listening & Reading Test と、話す・書く力を測る TOEIC ® Speaking & Writing Testsの2種類のテストがあり、それぞれ4技能のスキルを測定可能。
試験は年10回となっています。

詳細は【公式】TOEIC Program|IIBCをご確認ください。
【https://www.iibc-global.org/toeic.html】

・TOEFL


アメリカ合衆国のNPOである教育試験サービス が主催している外国語としての英語のテストのこと。
非英語圏の出身者のみを対象としており、英語圏の高等教育機関が入学希望者の外国語としての英語力を判定する際に用いる。
試験内容は reading(リーディング)・listening(リスニング)・writing(ライティング)・speaking(スピーキングの4つ。
試験は月3-6回、年間45回以上

詳細は【公式】ETS TOEFLをご確認ください。
【https://www.ets.org/jp/toefl/test-takers/】

・GTEC

ベネッセコーポレーションが実施している英語4技能検定。
自分の英語の技能を知るのに良いテストです。
試験は春夏回と秋冬回に分けられておりどちらも5ヶ月間実施されています。
また、実施されている期間のなかで年2回まで受験することが可能。

詳細は【公式】ベネッセコーポレーションを確認ください。

【https://www.benesse.co.jp/gtec/】
・IELTS

英語熟練度を測る英語検定の1つで、ケンブリッジ大学英語検定機構、ブリティッシュ・カウンシル、IDP Educationによって協同で運営されているもの。
試験内容は4技能。合計所要時間は約2時間45分です。
リスニング及びスピーキングのテストは、アカデミックとジェネラル・トレーニングで同じ内容を行います。
ライティングとリーディングのテストは、アカデミックとジェネラル・トレーニングのモジュールでは異なります。
試験はほぼ毎週実施。GTECのように受験回数の制限はなし。

詳細は【公式】IELTS(アイエルツ)公式テストセンターをご確認ください。
【https://www.eiken.or.jp/ielts/】

・TEAP
上智大学と日本英語検定協会が共同開発した大学入試向けの英語運用能力測定試験。
試験内容は4技能。
試験は年3回
以上の7つが4技能を測るための試験となり、今後導入が検討されている「大学入試英語成績提供システム」に関連する試験となります。

これからの時代、益々英語でのコミュニケーション能力を重要視する動きになっていくでしょう。
今まででは考えられないほど、英語は平成・令和生まれのこれからの未来を担う人たちにとって重要なスキルの1つになる事が予想されます。

これを機に英語4技能を身につけ、広い世界をもっと身近に感じてみませんか?

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事