~子供の英語育児・英語学習~

こんにちは!

みなさんは子供の英語教育について考えたことはありますか?

興味はあるけど…

早期英語育児/英語学習のメリットって?

いつから始めたらいいの?

どんなことをしたらいいの?

など、 気になるところですよね?

これから英語学習をさせたい。英語育児をしていきたい。

などと考えている方もいると思います。

私は小学生の子供を持つ母であり、実際に子供の英語学習を生活に取り入れ,実践している者でもあります。(EX:DVDや映画は英語で。/オンライン英会話を日課に組み込むなど…)

今回、そんな私が『子供の英語学習/英語育児』について書いていこうと思います!^^

小さいうちから英語学習/育児を始めるメリットは?

・英語への抵抗がなくなる!

まず、第一にこれ!英語への抵抗がなくなることは、英語学習を始める為に最も重要なのではないでしょうか?

2020年より小学校では英語授業の必修化・教科化が始まりましたね。

早くから英語に触れていた子供に比べ、今まで一切英語に触れてこなかった、子供にとって教科書を使い学ぶ英語は強制的にやらされているという感覚が 強く、英語への抵抗感が生まれてしまいがちです。

それに比べ、小さなうちから英語に触れ、英語で遊んでいた子供たちは勉強として触れる前から遊びとして触れていたことから英語への抵抗感が低く、小さな頃から触れてきた英語の延長として受け入れることができやすいのではないかと思います。

その為、英語への抵抗感を減らすためにも小さなうちから英語学習をするというのはとても有効的と言えるのではないかと思います。

・英語耳の発達に有効!

これも、英語学習をする上では重要ですよね。

それはなぜか?

日本語と英語では話す際の周波数が違うからなんです!

多くの日本人がネイティブの英語を聞き取りにくいと感じるのはこの為!

周波数が違うから聞き取りにくい。と聞くと、日本人が英語に対する苦手意識を持つのにもなんとなく納得できますよね?

ところが、小さい子供のうちであればその周波数を聞き分ける能力を身につけることができるんです。

わかりやすくいうと、日本人が苦手とする“R”と“L”の違いが瞬時にわかるようになると言うことです。

・英語脳の発達に有効!

英語脳が発達することで早い段階から、英語で考え英語で話すことが出来るようになります。

大人になってから英語を学ぶ方の多くは、日本語を英語に、英語を日本語に一度変換して物事を考えたり、話したりしている方が多いのではないでしょうか?

実際に私もそんな一人でした。

でも、一度他の言語に変換することで更に理解する事が難しくなることもあり、 効率的とは言えず、考えている間に話が進んでいってしまったりと、取り残されてしまうことも…

英語脳が発達することで上記のように無駄なプロセスを踏まずともスムーズに英語で理解でき、英語で発言でがきるようになります。

・母国語と同じように吸収できる!

英語を日本語と一緒に身につけていく事で日本語のように吸収していきます。

生まれてから、“言語の臨界期”と言われる10歳頃までの子供の言語の吸収力は大人と比べ比にならないほどです。

※臨界期とは…言語獲得および第二言語習得における臨界期仮説(りんかいきかせつ)と言う仮説。

臨界期とよばれる年齢(0〜10歳頃まで)を過ぎると言語の習得が不可能になるという仮説のこと。

いつから始めたらいいの?

では、いつ頃から英語学習を始めるといいのか?

英語学習を始めるのに最も最適と言われているのが0〜6歳と言われています。なぜ、0〜6歳が適しているのか?

それは、『聴覚』秘密があるんです!

聴覚が柔軟なこの期間は、聞こえてくる音をそのまま吸収でき、ネイティブの発音をそのまま身につけられるといいます。

よって、大人になってから英語学習を始めるよりもずっと柔軟に吸収することがで出来るということなんです。

また、子供のうちに英語脳を作っておくことで、あとはボキャブラリーや経験を増やしていくだけなので大人になってから英語脳を作るよりもずっと楽に 英語を身につけることができます。

よって乳幼児期と言われる早い段階での英語学習が最も公立的かつ有効的と言えます。

年齢別で見る英語学習法

・0〜3歳(乳幼児期)

0歳から英語教育を始めるママ急増!英語教材おすすめ教材10選 | ママびよりウェブ

この時期は、英語に関わらず周囲からの音をどんどん吸収している時期なので英語の音楽を聴かせたり、読み聞かせをしたりと英語環境を作りと、たくさん英語のシャワーを浴びせてあげることで その子にとって英語が自然なものとして吸収されていきます。

・4〜6歳(幼児後期)

Hrajete si často s dětmi? Jste špatný rodič! - Žena.cz - magazín pro ženy

保育園や幼稚園に通う子が増え、親と離れて過ごす時間が増えることで 沢山の人とコミュニケーションを取るようになり、自発性が生まれます。

そこで英語を使った歌やダンス、ゲームをすることで英語に対する興味・関心が高まっていき 自発的に英語で歌をうたい出したり、ダンスをしてみたりし始めます。

・7〜12歳(学童期)

まだ遅くない!3歳から英語デビュー!どうやって学ばせればいいの?|英語で預かる学童保育・プリスクール

学ぶことや勉強方法など学習への楽しさを見出し、もっと学びたい!と思うようになる時期。

課題などをこなすことで、自信をつけたり自分の能力(得意・不得意)を把握していきます。

この辺りから英語でDVDや映画・アニメを観せ、それだけではなく、サブタイトルをつけるなどして内容を理解するようにしていくと良いと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

育児や学習において、どんな事であっても年齢に応じたアクションをとることで子供にとってそれは”自然な事”として身についていきますよね。

日本語と英語を同時に進めてしまうと子供が混乱してしまうのではないか?といった声も少なくはないですが、バイリンガルやトリリンガルの子供たちは普段の生活の中で、混乱しながらも2ヶ国語・3ヶ国語と身につけていっています。

純粋な日本人の子供だけがそれを出来ないということはありませんよね。

子供の可能性にかけて、早期英語育児・英語学習を始めてみませんか?^^

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事