読んで安心、留学後の就活も怖くない!

読んで安心、留学後の就活も怖くない!

海外で大学留学をする人の中には就職活動のタイミングや、同年代の仲間より遅れて社会人になることなど、心配事を抱えている人は多いのではないのでしょうか。私自身も留学していた頃、就活情報の少なさと、日本の大学生と同じように就職活動を始めることが出来ないことから日本での就職活動にハンデを感じていた過去があります。

日本の就活も変化しつつあるものの、時期に縛りがあったり、オンラインでの対応をしない企業だったりと、留学生にとっては閉じてしまう扉があるのも事実です。しかし、向き合い方によっては留学を経験したからこそ持つ強みが多くあるのも事実です。

専門性を強みに

日本の新卒採用の特徴の一つに総合職採用というのが多く見られます。一生懸命悩み、自ら選択した専攻、そして専攻カリキュラムの単位取得を必死でこなしてきた留学生が向き合わなければいけないのは、学んできた学問を活かせる業種の選択とは少し異なります。業界を希望した理由を幾度となく聞かれる採用フロー、自分のキャリアを企業の判断委ね、内定後まで職種を知ることの出来ない総合職採用の方法に違和感を感じることと思います。

業界ではなく業種で決める

実際、社会に出て日本の大学を卒業した人たちと共に仕事をしてみると、大学で専攻したものを職にしている人は少なく、業種に対して専門的な知識を持っている人は高専卒、または大学院卒の人が多くを占めているように思います。企業側が用意した新卒研修で企業の文化と習慣を学び、専門知識を入社後に身につけていくのが日本独特のサイクルであり、グローバル基準ではあまり見られる採用方法ではありません

社会に出てすぐに大学で学び、身につけたものを実践していきたい将来グローバルに活躍したいと考えているのなら、専門性を正当に評価してもらえる企業を選ぶ事を意識し就職活動することをお勧めします。希望の企業が総合職採用しか行なっていない場合もありますが、全く関係のない仕事をすることになってもその企業で働くことに意義を感じるのかをよく天秤にかけ、就職後も自分の専門性を活かせるよう行動していく事も可能です。


留学生に特別に採用枠が用意されていたりと優遇されているように感じる一方、少数派であることに変わりはありません。特別扱いされるよりも、より厳しい目で見られることもあるでしょう。国内で優秀でありながらも少数派である高専生大学院生達と同じような存在であるのだと理解し、価値を見失う事なく、日本の四年大を卒業した人たちとは違う何かを提供できる人材であるという事を強くアピールしていくことが大事です。

上手くいかなかったら…

就職活動だけのために買った真っ黒のリクルートスーツに自分らしくない黒髪ポニーテール、慣れない東京の街で写真付きの手書きの履歴書をなんども書き直す、疑問だらけの日本の就職活動に私は身も心もすり削られていたのを思い出します。実際社会に出てみれば就職活動中に気にしていたような事にほとんど意味はありませんでした。

新卒採用が全てではない

第二新卒採用などの採用も増えてきましたが、個人としては多様な生き方を選べる時代です。就職活動することにプレッシャーを感じすぎたら、別の国にワーキングホリデーボランティアをしに行くのもあり。他に学びたいものがあるなら、無理して急いで就職せずとも、もう一年、二年学費の安い国を見つけ学生生活を続ける選択をすることも世界の基準で見るととても自然です。

留学を経験したからこそできる選択

日本はまだまだ大学生=若者であるという概念に囚われていることもあり、歳を重ねてから大学に戻る人の数は先進国の中でも圧倒的に少なく、短期間での転職に対しても悲観的です。留学経験はあなたの人生に多様性をもたらすでしょう。日本の就活の当たり前を疑いディスラプティブに就職活動に臨めるのは多様性を知る自分だからこそだと思い、自らこじ開けられる扉を見つけてみてください。

 

 

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事