【留学リレー001】文系からエンジニア内定へと繋がった留学

【留学リレー001】文系からエンジニア内定へと繋がった留学

どうもスタトリ編集部です!
本日から留学リレーという企画を始めようと思います!

留学リレーとは、留学体験記をどんどん繋げていこうといった企画です。
実際留学した方々にスタトリ編集部が質問をして、答えてもらったものを記事にしていきます。

経験や勉強に関する他の記事とは異なり、

  • 留学実際どうだった?
  • ○○って国どうだった?
  • どんなカリキュラムだった?

などと言った内容で「とりあえず留学を知りたい」という人向けに発信していきたいと考えています。

早速1人目の方の留学体験記を載せていこうと思います!

自己紹介

どこの国に留学してたんですか?

フィリピンに留学していました。普通の人はフィリピンと聞いてもバナナの生産国というイメージしかないと思いますが、日本から飛行機で約5時間と意外と近い距離にある国で果物のイメージが強いように常夏の南国です。

まだまだ発展途上の国なので、現地では写真にあるジプニーという格安の乗合タクシーがメジャーな移動手段です。

留学のきっかけや目的って何だったんですか?

大学4年時の就職活動で第一志望の企業から落とされてしまいどうしようか悩んだ結果、留学に行きしっかりと就活で話せるネタを作ってからもう一度就活に臨もうと考えたことがきっかけです。

なので、客観的な評価ができるような英語力をつける(TOEICなど)ことと、IT業界を志望していたのでプログラミングが出来るようになって就活に活かすことが留学の目的でした。

留学していた学校はどうでしたか?

英語プログラミングを両方学ぶためNexSeedエンジニア留学に行きました。

事前に調べていた通り、初めてプログラミングを学ぶ事もあって3ヶ月間のカリキュラムはかなりハードでした。
エンジニア留学をしていた多くの人が体験談に書いている通り、同時期に入学したバッチメイトやルームメイトと分からないところを教えあったりしてハードなカリキュラムをみんなで乗り越えました。

想像と違っていたのは、自分のように就職目的の生徒はほぼおらず、純粋に自分のスキルを磨くために学びに来ている高学歴の学生が多かったことです。そのため、授業の雰囲気は緩すぎず、堅苦しくなりすぎず学習環境としてはとても良かったです。

また、学校はビーチから想像以上に遠い場所にありました。

留学生活の思い出を教えてください

バッチメイトとセブ島最南端のビーチ「オスロブ」へ行きジンベエザメと泳いだことです。やはりセブ島はビーチリゾートとして名高いだけあって、信じれらないくらい透きとおるような青い海でした。

ジンベエザメも本当に目と鼻の先にいて、日本ではできない体験ができました。

また、フィリピン人の先生達に誘われてTsulob buwa(トゥスロブワ)と言うローカルフードを食べに行った事も良い思い出です。なんとこの料理、ご飯を豚の脳みそを使ったソースにつけて食べるという衝撃的な料理です。

普段の授業も明るくて優しい先生達のおかげでとても楽しいものでした。

そして何と言っても忘れらないのがチーム開発で副リーダーになった事です。

NexSeedのエンジニア留学では最初の2ヶ月は基礎知識を学び、最後の1ヶ月でチームになって何か一つWebサービスを作るというカリキュラムになっているのですが、これがとても大変です。メンバーはそれぞれ考えも能力も違っていて、これをまとめて目標に向かって方向性を同じくするという事はこれまでチームで何かをする経験がなかった自分にとって貴重な経験になりました。

留学後に実感した成長などあれば教えてください

全くの未経験から東証一部の企業からエンジニアとして内定を頂けるまでに知識が身につき、当初の目標を無事達成することが出来ました。

知識がついたことで今まで手を出そうとすら考えなかったWordpressにも挑戦し、HTMLやCSS、PHPというプログラミング言語を使ってサイトをカスタマイズできるようにもなりました

英語に関しては日本にいた頃から受けている英会話のレッスンで、格段に発音が良くなったと先生に褒められるようになりました。また、特に対策はしていないのですがTOEICも履歴書に書ける点数まで上げることが出来ました。

留学でしか得られないものはありましたか?

集中して勉強できる環境だと思います。英語もプログラミングも知識自体は日本にいても習得は可能だと思いますが、様々な誘惑に負けずに一から勉強するのは相当な精神力がある人でないと厳しいと思います。

分からないことはすぐに先生に質問できて、挫けそうになっても支え合う仲間がいる環境は留学でしか得られないものだと思います。

どんな人に留学をおすすめしますか?

自分のように就職活動で行き詰まっている人には留学をオススメします。

よく留学は面接で話すネタとしては鉄板すぎるから意味ないと言われますが、そんなことはないです。

もちろん遊んでいるだけではダメですが、きちんと留学先で何をしてどんな成果を出せたのか論理的に話すことが出来るようになれば必ず評価してもらえます。ネタを作るための環境も整っています。

最後にひとことお願いします

大事なのは何のために留学をするのかきちんと定めることだと思います。

目的のない留学は失敗する可能性が高いと思います。逆に言えばしっかりとした目的のある人の留学は実りあるものになるはずです。

就職や留学について自分のブログにも書いています。よかったら覗いてみてください。

             留学カウンセリングを受けてみる

留学体験記カテゴリの最新記事