使い分けできる?“考える”

こんにちは。

いよいよ、学生の夏休みも目前!

学生の皆さん、家族に学生のいるかた、保護者の皆さん、

昨年(2020年/令和2年)から引き続きコロナ渦での

夏休みシーズはどのように過ごすのか、もう考えていますか?

予定を立てていたのに4度目の緊急事態宣言で旅行や帰省が難しくなり予定がなくなってしまった人もいるのではないでしょうか・・・?

長い夏休みの計画を練り直さなければいけなかったり、今年も色々と考えることの多い夏休みシーズンになりそうですね。

そこで、今回は“考える”にまつわる単語やフレーズ、

ニュアンスの違いなどをご紹介していこうと思います。

考える[ Think / Consider / Regard / Imagine / Conceive / Plan / Reason / Figure out]

私たち人間は~
…と言うと,とても壮大な話になってしまいそうですが
このまま続けさせてもらいますね。笑

以前に【“選ぶ”使い分けできる?】で私たち人間は毎日が選択の繰り返しだと書き出したことがありました。

“考える”という事も同じく、誰もが毎日、無意識にでも必ずやっていることだと思います。

そこで、皆さんに聞きます。

【考える】英語で言うと?

“考える”にまつわる言葉、いくつ出て来ましたか?

それではここから、ニュアンスの違いで変わる単語やフレーズ、
意味などをご紹介していこうと思います。^^

Think

Think”は考えを伝える際に、自分はどう考えているかを表す表現で

何か根拠に基づいた考えというよりは主観的な考えを表現する際に使われます。

例えば、、、

EX:I think so.
(私はそう思います。)

EX:What do you think will happen next?
(次に何が起こると思う?)

EX:I think I want to go on a trip.
(旅行に行きたいと思っています。)

Consider

Consider”は“考慮”・“考察”・“検討”と言う意味を持つ単語で、
何かを決める時や選択をする時などに使われる表現です。

例えば、、、

EX:We are considering moving overseas.

(私たちは海外へ移住しようと考えている。)

EX:She’s considering quitting her job.

(彼女は仕事を辞めることを考えいます。)

EX:Consider whether to introduce new equipment.

(新しい機材の導入を検討する。)

Regard

Regard”は“Consider”と近いニュアンスでよく考えて
「~だと考える。」や「~だとみなす。」のような使い方をします。

例えば、、、

EX:Regard children’s future as the highest priority.

(子供たちの未来を最も重要なものと考える。)

EX:Regard wind power as a renewable resource.

(風力発電を再生可能資源とみなします。)

EX:Regard he as its most important negotiating partner.

(彼をも夫も重要な交渉相手とみなす。)

Imagine

Imagine”は頭の中で何かを思い浮かべることを表す単語で

例えば、、、

EX:Imagine a good outcome.

(いい結果をイメージする。)

EX:Imagine a different lifestyle.

(別の生き方を考える。)

EX:Imagine a new future.

(新しい未来を想像する。)

Conceive

Conceive”は「考えを抱く」や「想像する」ことを表す単語で

何か計画を思いついたり、構想する、アイディアを考えるなどの表現として使われます。

例えば、、、

EX:He always conceives a reckless plan.

(彼はいつも無謀な計画を考えだす。)

EX:Conceive of the idea of a surprise party.

(サプライズパーティーのアイディアを考えだす。)

EX:She conceived of a brilliant plan to fix the problem.

(彼女は問題を解決するための素晴らしい計画を思いついた。)

Conceiveには妊娠する/(赤ちゃんを)みごもると言う意味でも使われます。

Plan

Plan”は「計画」や「案」を表す単語で

何かしらの予定を立てる時などに使われます。

例えば、、、

EX:Plan my business with the future in mind.

(将来のことを考え事業の計画を立てる。)

EX:Plan a day trip to Tokyo.

(東京への日帰り旅行の計画を立てる。)

EX:plan a foray abroad.

(海外への進出を計画する。)

Reason

Reason”は「事実に基づいて考える」ことを表す単語で
“理論的に考える”のような表現で使われています。

例えば、、、

EX:Reason out what to do.

(何をすべきかじっくり考える。)

EX:That’s my reason for living.

(それが私の生きる理由だ。)

EX:There is no reason for her to scold you.
(彼女があなたを叱る理由は1つもない。)

Figure out

Figure out”は「計算する」や「根拠や確信を持って考える事」を表す単語で

主観的な表現をする際に使われています。

“Think”と似たニュアンスになりますが、“Think”よりも確信度の高い
「考えだす」のような表現ですになります。

例えば、、、

EX:figure out a solution

(解決策を見つけ出す。)

EX:figure out a riddle

(謎を解く)

EX:figure out one’s life plan.

(人生設計を立てる。)

今回は『考える』にまつわる単語やフレーズ、

意味をご紹介して来ましたがいかがでしたか?

毎日いろいろなことを考え、選択し、生きている私たちなので

覚えておいて損のないフレーズが多かったかと思います。

ニュアンスの違いを理解して使い分けができるようになるといいですね。^^

では、また次回お会いしましょう!

             留学カウンセリングを受けてみる

未分類カテゴリの最新記事