“心”英語で表現できる?

“心”英語で表現できる?

こんにちは。

7月に入りいよいよ夏もくぜん!

・・・と思いきや、おもいっきり梅雨。

関東では毎日のように空に分厚い雲がかかり、朝から雨なんて日も少なくありませんね。
日本の梅雨はとにかく湿気が多く、ジメジメ。
そして1日中だらだらと雨が降るなんてことも当たり前。

そんな梅雨の時期は長時間太陽の光を浴びることができず、 だらだらと降る雨と共に気が滅入ってしまうなんてことも… 『健康第一』とよく言いますが、体が元気でも心のバランスが崩れてしまうことで意志とは無関係に体や脳が機能しなくなってしまうこともあります。
この梅雨は『心の健康第一』にいろいろなことをプラスに変換してい来ましょう!^^
と、この時期の雨のように前置きが長くなってしまいましたが(笑)

今回は“心”にまつわる単語やフレーズをご紹介をしていこうともいます。

Heart[ 心情 / 愛情 / 感情 ]

Heart”は心情や気持ち、気分、愛情を表す単語で 喜怒哀楽などの感情を表現する際に使われています。

例えば、、、

EX:Children have a pure and kind heart.
(子供たちは純粋で優しい心を持っています。)

EX:The movie moved my heart.
(その映画は私の心を動かした。)

EX:The news filled her heart with joy.
(そのニュースを聞いて彼女の心は幸せでいっぱいになった。)

Mind[ 知性 / 理性 / 思考 ]

Mind”は思考や理性、知性や精神を表す単語で “Heart”が感情だったのとは違い“Mind”は頭で考える際に使われる表現です。

例えば、、、

EX:Mind control
(マインドコントロール=自分の精神状態を制御すること)

EX:Mind is foggy from lack of sleep.
(寝不足で頭がぼんやりしている。)

EX:A good idea came to my mind.
(いいアイディアが〈頭の中に〉浮かんだ。)

Spirit[ 呼吸 / 魂 / 精神]

Spirit”は魂や精神、気性を表す単語で目には見えない“心”、 呼吸や霊的なものなどを表現する際に使われています。

例えば、、、

EX:She has a pioneering spirit and is active.
(彼女は開拓精神を持っており、活動的です。)

EX:Yoga is said to be good for both body and spirit.
(ヨガは身体にも心〈精神〉にも良いと言われています。)

Soul[ 情 / 魂]

Soul”は情や心、魂を表す単語で心の底にある本質の部分、魂の宿る心を表現する際に使われ、生きている時にも死後にも持っている魂や霊魂などもこの“Soul”です。

例えば、、、

EX:She has a hot and lovely soul.
(彼女は情に熱く素敵な人だ。)

EX:He has no soul.
(彼には情がない。)

EX:Soulmate
(ソウルメイト)

Core[ 心の底 / 重要な部分 ]

Core”は中心部を表す単語で中核部(心)、心の底のような重要な部分を
表現する際に使われています。

例えば、、、

EX:The words touched the very core of my heart.
(その言葉は私の核心に触れた。)

EX:He’s a gentleman to the core.
(彼は根っからの紳士だ。)

EX:This child is a very good person at the child’s core.
(この子は根はとても良い子です。)

Sincerity[ 真心 / 誠実さ]

Sincerity”は“真心”を表す単語で正直で表裏のないことや誠実さや真剣に尽くす心を表現する際に使われます。

例えば、、、

EX:I hopes for her success sincerely.
(彼女の成功を心から願っています。)

EX:His statement is void of sincerity.
(彼の発言には誠実さが欠けている。)

EX:She sincerely thanked her friends.
(彼女は友達に心から感謝した。)

誠実という意味では【honest】 という単語もありますが【honest】と“Sincerely”では少しニュアンス変わってくるので気を付けましょう。

EX:I talked to him honestly.
(私は彼に正直に話しました。)

事実に基づき正直/誠実にというニュアンス

EX:I talked to him sincerely.
(私は彼に誠実に話しました。)

自分の気持ちに誠実/正直にというニュアンス

さて、ここまで【心】にまつわる単語やフレーズ、ニュンアンスの違いなどをご紹介してきましたがいかがでしたか?

意味が似ていてもちょっとしたニュアンスの違いで使われる単語が違ってくることを わかってもらえたのではないかと思います。

今までもニュアンスの違いで変わる単語をいくつもご紹介して来ましたが、どれもイメージとして覚えると覚えやすいと思うので、 意味合いを理解し、イメージ(映像)で覚えてみてください。^^

それでは今回はこの辺で終わります。

             留学カウンセリングを受けてみる

未分類カテゴリの最新記事