将来英語ペラペラの優秀な子供?日本のママパパに知ってもらいたい幼児英語教育

将来英語ペラペラの優秀な子供?日本のママパパに知ってもらいたい幼児英語教育

全国の教育熱心なママ・パパ、こんにちは!
日々の子育て大変お疲れ様です。
愛し合うお二人の間に可愛いお子様がいらっしゃるのであれば、
「英語を小さい時から話せるようにしておきたい」
と一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

そのママ・パパの理想を現実にするために今回は幼児の英語教育をテーマにすることになりました。早期英語教育についてはよくメリットデメリットが論争にあがってきますが、早期に学んで悪いことなんて何一つありません。
そこで6歳までのお子様を教育されていらっしゃる全国のママ・パパへ英語教育のノウハウを提供したいと思います。

ご存知でしょうか?臨界期仮説について

具体的な英語学習ノウハウに入る前に、まず皆様にご理解して頂きたい理論がございます。その名も、「臨界期仮説」。又の名を、CPH(Critical Period Hypothesis )と言います。

簡単にいうと、「ある一定の年齢を越えてしまうと、それ以降は言語の習得が不可能になる」、という仮説です。これはあくまで仮説の領域を脱してはいませんが、発音に限っては、6歳までに学んでおくことで、日本人であってもネイティブ並みの発音を身につけることができると言われています。もしこの仮説が本当に正しいのであれば、子供が幼い時に英語学習を開始させるのは悪い話ではございません。
語彙数や文法の習熟度についても関連性がありますが、それらは中学校から英語を学び始めた私たちでも身につけることは容易であるため、お子様が幼い時には正しいネイティブの発音を身につけさせる方が先決ではないでしょうか。

アプリを使った英語学習

ラジオやCDだけが頼りだった時代は既に過ぎ去りました。その代わりに、スマートフォンやタブレットに英語教育用のアプリをダウンロードしてみましょう。パパ・ママ専用のスマートフォンがお子様に取られてしまうと問題が発生するのであれば、教育向けにタブレットを一つ購入してみてください。

iPadであれば、iTunesで検索すると、幼児教育向けの英語学習アプリが出てきますし、これからブームが来るであろうEdtechの分野に関連するので、画期的なアプリが生み出される可能性は非常に高いです。
無料のアプリだけでも十分学ぶことができるので、試しに幾つかダウンロードし、使い勝手の良いアプリを見つけてみてください。

また、お子様がタブレットやスマートフォンで自主的に英語を学んでくれることもあり、アプリが代わりに子育てをしてくれることになります。その間はゆったりとコーヒーを飲みながら本を読んでみるのも良いのでしょうか?

親子3人仲良く一緒に英語の映画観賞

映画やドラマも効果的な学習方法です。特にディズニーシリーズであれば、小さいお子様でも見て学ぶことができますし、内容的にパパ・ママが見ても楽しむことができるので、親子3人で一緒に英語映画鑑賞できるなんて素敵ではないでしょうか?

もちろん英語音声・英語字幕を推奨致しますが、どうしてもハードルが高いという方は英語音声・日本語字幕で挑戦して見ましょう。あくまで英語の耳を優先的に作っていくことが必要となりますので、必ず音声は英語にしてください。

特に幼少期は語学の天才じゃないかと度肝を抜かれるくらい、どんなことでもインプットすることができるので、英語に対する抵抗が生まれる前に英語に慣らせるようにしてきましょう。

将来への投資!学校に通わすのもひとつの手段

英語学習においては、「英語学習において教育コストを掛ければ掛けられるほど良い」とは決して思っておりませんが、上記のやり方が物理的に不可能な場合、英語の学校に通わせるのも一つの手です。例えば、Benesseが提供しているプログラムであれば、臨界期仮説を前提に、英語耳を育成するように考えられていますし、そもそも英語教育を重要視している幼稚園も探せば多数見つかります。この時期にネイティブの先生から直接正しい生の発音を耳にすることで、本場の英語を身につける素地を獲得できる可能性が高いです。資金面に余裕があるのであれば通学させてみるのも良いかと思います。

 

いずれの選択肢を取ろうとも、我が子を思う気持ちは変わらないと思います。ママ・パパの時代とは既に大きく変わっていることを踏まえて、より良い英語学習を施せればお子様の未来だけではなく、日本の未来まで明るくなるかもしれません!

             留学カウンセリングを受けてみる

英語学習ハウツーカテゴリの最新記事