セブと英語のWebマガジン

英語の先生は、カメレオン!

まず発音が難しいと思う時点で、リスニング能力に問題があることに気づかなければなりません。
これがどういうことを意味するのかを説明いたします。

自分が発音できる英単語は、自分が聴いて理解できる英単語でもあります。つまり、自分が発音できない、難しいと感じる英単語は、聴いても耳に入ってこず、理解できません。

もちろん皆様には正しいネイティヴに近い発音を身につけて頂きたいので、可能な限りCDを活用したり、ネイティヴの方々と交流する場を自分自身で作って頂きたいのです。
実際にネイティヴの方々と交流する場を得た場合、是非カメレオンみたいにネイティヴの真似をしてみてください(^^)

ここでは、2点紹介します!

ネイティヴの口元の動きに注目すべし


1点目は、ネイティヴの口元の動きを要チェック!
ネイティヴの方々の口元に注目することです。つまりネイティヴの方がいかにして、音を発しているのか、口元に注目して頂きたいのです。無論、口元を凝視すると不信に思われますので、ほどほどに試されてください! ご存知かと思いますが、英語の発音には単語ごとに音の発し方が決まっております。
例えば、rであれば舌を喉側に巻き上げる、lであれば舌を前歯後ろ側に突き上げる、thであれば舌を噛むといった技術です。ネイティヴの方のthの発音は特に注目してみてください。
ネイティヴの人でさえ、あれだけ口元を意識してるのですから、我々日本人は一層努力しなければなりません。

実際に使われるフレーズを音としてインプット!

ネイティブが使用するフレーズを音としてインプット

2点目は、ネイティヴの方が実際に使う単語やフレーズを綴りや単語として認識するのではなく、音で認識することです。
これを意識すれば、英語の発音は格段と上達します。
例えば、「How are you? 」の文。これを3単語が連なってできたフレーズ、のように認識してはいけないのです。
「ハワユー」という一音として認識するのです。これをやるかやらないかで本当に、発音の上達度は変わっていきます。
おそらく、まだピンとこられてない方もいらっしゃる方と思いますので、もう一例挙げます。
ネイティヴが頻繁に使うフレーズの一つに、「I got it (訳:わかりました)」というのがあります。これを、「アイ ゴット イット」という3単語として認識するのではなく、「アイガリット」という一音として認識するのです。 こうした認識の仕方により、リスニングと発音がかなり上達します。

発音が苦手な方は、発音を矯正しようとする方が多いと思います。私の経験上、リスニングが先に上達すれば、発音もかなり良くなってくると思います。
好きな歌手の歌や英語の教材CDなんでも構いません、ネイティヴの英語をコピーすること。これが一番簡単な英語の発音習得法かと思います。

英語と触れ合うことが重要


私は1年間のオーストラリアのワーキングホリデーで、ほぼ毎日ネイティヴの方とジャガイモ農場で働き、私生活も共にしました。英語オタクの私にとっては、好都合さしかありませんでした。
最初は何を言われても、理解できません。ただ英語のリスニング力は聴けば、聴くほど向上していくと常に考えてましたので、ネイティヴの方が私に話しかけてくれるだけで、例え、理解できなくても、リスニング力が日々向上しているのだと、ポジティブに考えておりました。

私にとって1年間という限られた海外生活。
ネイティヴの方と触れ合った回数が、まさに個の英語力の上達に比例するのです。

発音に悩まれている方の少しでも、手助けになれれば共に思い、この記事を執筆いたしました。
私も皆様と同じく、英語学習者です。お互いにアドバイスを共有できる場としてこの場をお借りできれば幸いであります。
一緒に楽しんでいきましょう!

この記事を書いた人
ryuuji

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP