セブと英語のWebマガジン

【リアルな英語が身に付く】Huluを活用した勉強法

月額933円(税抜)で映画やドラマや観放題のサービス、”Hulu”。洋画や海外ドラマはリアルな英語を身につけるのにとても適した教材です。ただ垂れ流して観るだけではもったいないですよね。今回はHuluで自分の好きな作品を観ながら勉強する方法を紹介します。

 1.  使えると思ったフレーズをメモする

せっかく英語で観るのですから、いいなと思ったフレーズはメモするようにしましょう!筆者もノートに台詞を集めているので、少し紹介します。

“Can I borrow you?”

「ちょっといいかしら。」

-Gossip Girl 第一話でブレアがパーティーから恋人を連れ出すシーン。2人きりになりたいときに自然に言えると、こなれた感じがしますね。

“Apology is accepted.”

「いいのよ。」

-Desperate House Wives 謝罪を受け入れ、相手を許すときによく使われていました。”I’m sorry.” と言われたときの返事のレパートリーにどうぞ。少し固めのニュアンスなので、おどけた感じで使うといいかもしれません。

 

“Nothing is wrong with you.”

「君は何も悪くないよ。」

– Friends with benefits 責任を感じて落ち込む彼女を慰めるシーン。誰かを励ましたいときなど、日常で使えそうですね。

 

字幕で訳をみて、いいなと思っても台詞が聞き取れなかった場合は、設定で字幕を英語に変えることもできます。

 2.  字幕を英語にする

Huluは字幕の言語も選ぶことができるので、ぜひ活用してみましょう。英語を聞いて、読んで理解するとリスニング力がぐっと上がります。音だけでは何と言ったのかわからなくても、字幕を見ると知っている単語だった、ということもよくあります。1回目の字幕は日本語で、2回目は英語で観てみると訳と実際の台詞との差がわかったりしておもしろいですよ。

3.  音声のみ聞いてみる

筆者はよくドラマを流しながら家事をします。細かいところは聞き取れなくても気にせずに、だいたいの内容を把握できるよう心がけます。こんな感じかな?と思いながら映像込みで観直したとき、合っていると結構嬉しいですよ。慣れてきたら、1シーンを文章に起こして、英語の字幕で確認するいわゆるディクテーションも効果的です。

Hulu作品の選び方

最後にHuluでの作品選びについてですが、まず試しに聞いたことのあるタイトルを観てみるのがおすすめです。やはり人気のある作品はどれもおもしろいですし、ランキングから探すのもいいかもしれませんね。また、Huluは視聴履歴から似たジャンルのものを勧めてくれるのでそれも便利です。

 

以上、Huluを活用した学習法と作品の選び方を紹介しました。一人で日常会話を習得するのは難しいですが、海外ドラマを通してだとリアルな英語を楽しみながら身につけられます。普段の娯楽に少し意識して、学習を取り入れてみてはいかがでしょう。

この記事を書いた人 kanae
kanae 岡山県出身。中学生の頃 オーストラリアの留学生をホストしたことを きっかけに海外に興味を持ち、外国語大学へ進学。 先輩の影響でバックパッカーにはまる。 現在は貿易業界で働くポンコツ社員。

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP