英語学習の問題は何?目的によって変わってくる問題を把握して、自分がすべきことを見つけよう!

英語学習の問題は何?目的によって変わってくる問題を把握して、自分がすべきことを見つけよう!

日本の英語学習は問題があるとよく聞くけれど、いったい何が問題なのでしょう。また、自分にとっての英語学習の問題は何か知り、対策を考えてみましょう。

1.日本の英語学習の問題(1)

http://gufo-design.com/blog/wp-content/uploads/2016/12/AdobeStock_96471225.jpg
日本の英語学習の問題は大きく3つ。環境、教師、教え方です。まずは環境です。ことばは筋肉と同じ、使わなければ忘れていきます。特別な環境をもっている一部の人を除き、英語に触れる機会は授業以外にない、という人が大半ではないでしょうか。また、英語の授業を毎日行う、海外のいくつかの国のように他の教科を英語で学ぶ、といったことがないなど、英語に触れる機会の少なさも関係がありそうです。親戚に英語話者がいる、塾やその他の場所で英語に触れる機会をもてる、そういう方を除いて、英語に触れる機会を増やすことは難しいのが現状です。

2.日本の英語学習の問題(2)

http://eigo-tatsujin.net/wp-content/uploads/2015/07/xspeakBanner1.png.pagespeed.ic.F-Nd3ZkH0K.jpg
2つめは教師です。最近は変わりつつありますが、英語教師は英語の知識があればよく、会話力などはさほど重要ではなかったようです。海外経験がなくても英語教師になれる、とも言われていたようです。受験のための英語を教えるのが目的ということもあり、発音など実践能力の質は重要視されていないと感じる人もいました。ELTも経費の問題があり、欧米系よりアジア系など訛りの強い英語を話す人も増えてきています。訛りのある英語は将来的には役立つかもしれませんが、英語学習の初期に出会うと、その影響を大きく受けてしまいます。英語教育について学び、相応の力を持った人から学べない、師を自分で選べないことも問題の1つです。

3.日本の英語学習の問題(3)

http://e-learning2.up.n.seesaa.net/e-learning2/image/20130202_english2_2.jpg?d=a0
最後は学び方です。文法教育、訳すること自体はわるいものではありませんが、文法をを考えたり訳したりする癖がついてしまうと、会話の際に頭の中で文法や訳を考えてしまうといった弊害が起こりやすくなることもあります。また、英語を始める時期にも気をつけなければなりません。臨界期、ということばがあります。言語を習得するには何歳までに行ったほうがよい、というものです。英語ではLとRの聞き分けができるようになるには、というときにも使われることが多いです。
また英語で会話をする機会の少なさも問題だといわれることがあります。授業もほとんどが日本語で行われ、英語で自分の考えを発言する機会もなければ、英語を聞く機会も少ないです。英語に慣れる、聞き続けて覚える、ということが少ないと、自分で暗記をする必要がでてきます。それに加えて、完ぺき主義の評価があります。日本語を話しているときに「は・が・を・に」などの助詞を完璧に使いこなそうと考える人は少ないですが、英語となると3単元のsを抜かさないように、などと考えてしまい、話すことが苦手だと感じてしまう人が多くなります。会話は相手の意図を読み取り理解する、自分の考えを相手にわかりやすく話す、この2つが目的で、言葉づかいと同じように細かな文法は徐々に身につけ、まずは英語を話すことに慣れた方がいいという考え方もあります。今のような暗記型・完ぺき主義の学習方法は、英語学習者の負担になりやすいのかもしれません。

4.自分でできる学習問題点の改善

自分の英語学習の問題を自覚せず、言われるがままに英語を学習している人もいると思います。そのことも、英語学習の問題かもしれません。受験のために文法を重視する、海外旅行に行きたいから日常会話を重視する。まずは自分が英語を学ぶ目的を決めましょう。そして、今の自分の問題を考えてみましょう。英語に触れる環境が圧倒的に少ないのなら、インターネットを使って英語の動画を観る、洋画を借りる。話す力をつけたいのであれば、教科書を音読し、すらすらと読めるように何度も読む。暗記が苦手なら、何度も同じ文章に触れる。歌を覚える。方法はいくらでもあります。
どうしても改善策が見つからなければ、人に聞いたりインターネットで悩みを検索すると、同じ悩みをもった人に出会え、アドバイスを見つけることもできます。まずは自分の考えをもち、そこからどうするかを考えましょう。自分の考えをもつことも英語学習には大切です。普段は周りが課題を与えることが多いかもしれませんが、自分の考えを自分のことばで述べられるようになる、これは言語学習者が見落としがちですが重要なことです。自分自身の問題に気づき、できることから行動してみましょう。

周りの考えや環境を変えることは難しいかもしれませんが、自分は自分の覚悟次第で変えられます。脳がいちばん若いのは今です。遅すぎたと思っても、明日始めるよりは早いです。英語学習の問題点を自分なりに調べ、考え、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

             留学カウンセリングを受けてみる

英語学習ハウツーカテゴリの最新記事