セブと英語のWebマガジン

音読は英語学習に効果的?英語学習における音読の効果を最大限にいかす方法は?

音読が英語学習に効果がある、ということを耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ただ、身近でそれを実感したことのある人の話を聞いたことがある人は、そう多くないかもしれません。英語力をのばしたい人は音読の効果を最大限にいかす方法を知り、自分で実感してみましょう。

1.音読の利点

https://stat.ameba.jp/user_images/20160712/09/wabkun/6f/85/j/o0427035613695388221.jpg?caw=800
音読は特に、日本で英語学習をする人におすすめです。なぜなら、日本ではあまり英語を口にする機会を得られないからです。最近では英語を学べる場所が増えてきていますが、一般的にはまだ不十分といえるでしょう。日本人は英語の読み書きはできるが、英会話能力が低いと言われることがあるのも、英会話の機会が少ないことがあげられます。英語を口に出したり、耳にしたりすることなしに、英会話能力を伸ばすことはむずかしいでしょう。音読をすると、英語を口に出すとともに、自分の口にした英語を聞くことも可能です。つまり音読をすると、スピーキングとリスニングの力を同時に鍛えられるのです。

2.音読の方法①

https://farm9.staticflickr.com/8497/8416709373_e8a88c6632.jpg
音読方法は、いくつかあります。まず、一般的な本などの文章を読むことです。この場合は、CDなどのネイティブスピーカーによる音源があるものを選ぶと良いでしょう。また、音源の速度を変えられるオーディオプレーヤーがあるとなお良いと思われます。リスニング能力を鍛えるときは速度を上げ、音読の際は速度を下げ、同じスピードで音読をしていきます。また音読の基本は、真似をすることです。ネイティブの真似をしていると、英語の発音のコツに気づくこともあります。
例えば、学校の発音の授業で耳にすることが多いthの発音です。歯と歯の間に下を入れて音を出す、と習った人は多いのではないでしょうか。しかし、ネイティブの発音スピードでその発音をしようとすると、スピードが落ちることが多いです。現在は動画など、実際にネイティブが発音をしている場面を映像で観ることもできるようになってきました。しかしネイティブの発音を観られなくても、同じ音を出せるようになればいいのです。頭で考えず、こどものように純粋に真似をする学び方は、後にCDどおりの発音をしない英語話者に出会ったときに役に立ちます。英語を第二言語として学んだもの同士が会話をする機会は、年々増えてきています。「なんとなく」理解をし、自分で発見をしていく体験は、後に役立ちます。ただ、初めは元となるネイティブの発音で基本の型を身につけておきましょう。

3.音読の方法②

https://i1.wp.com/yuitaenglish.com/wp-content/uploads/movie.png
学習を続けるためには、楽しさも重要です。そのためには、自分の楽しめる音読の方法を見つける必要があります。本の音読のハードルが高いと思うのであれば、歌の歌詞を音読したり、映画の台詞を音読する方法もあります。歌はメロディーにのせて歌う練習をする前に、歌詞を音読し流暢に発音ができるようにしておくと、上達が早くなることがあります。つまづきやすい発音に気づきやすくなり、そこを重点的に練習ができるからだと考えられます。また、淡々と読む本の音読より、実際の場面に近い映画の台詞を真似することは、リアクションの練習や感情をこめて話す練習にもなります。自分の好きなものだと、単語を覚えるスピードも速くなります。音読をすることで、英語を読む、聞く、話すの3つの力を同時に鍛えることが可能となります。

4.音読の際に注意すること

http://www.eigonou.net/wp/wp-content/uploads/2015/07/dictionary-390055_1280-1024×682.jpg
音読をする際には、まずネイティブの音源を用意すること、もしくは発音記号を読めるようにしておく必要があります。理由は、間違った発音で一度身につけたものは、新しく覚えるものより、修正に時間がかかるためです。現代では音源を用意することは比較的たやすくなりましたが、興味のある分野の音読をしたいと思うのであれば、ときに音源の用意ができないことがあります。そういう際には、音源のないものを自力で読む必要があります。ですので、英語学習の初心者には音源を用意するほうをおすすめします。今では辞書などでも音源が手に入れられるようになったため、発音記号が読めなくても発音がわかるようになってきました。しかし英語の発音に力を入れたい方は、発音記号を知っておくと耳だけでなく目でも発音を確認することができます。また単語帳の例文を音読するよりは、ストーリー性のあるものを選ぶ方が、記憶にのこりやすくなるのでおすすめです。

普段英語を使う機会を得られない方にとって、音読は英会話能力を伸ばす方法の1つです。1人でも会話力を伸ばせる方法としても役立ちます。英語の勉強法に迷ったときは、音読で英語力を高めてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人 kana
kana 世界の文化と言語オタク。観光地よりも、現地人と話すのが旅の目的。防犯対策はしてもしたりないと思っている小心者ですが、周囲に日本人と知られると危険と海外では現地人になりきり、基本的に1人で行動します。 留学は台湾、スペインに続きセブで3度目。海外旅行より滞在をして、じっくりデータを集めるのが好きです。

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP