セブと英語のWebマガジン

英語学習をもっと楽しもう!文化も学べる絵本の活用法をご紹介!

英語学習はたいへん、もっと楽しみながら学びたい。そういう方は絵本を使ってみましょう!

1.絵本で英語学習をするメリット

http://bvsbooks.com/80130928KENMARI-9.jpg
子供向けの絵本で英語を学ぶメリットはいくつかあります。代表的なのが、英語の音のリズムをつかみやすくなること、文章が短いので覚えやすいこと、絵を見ることでその国の文化もともに学べることがあります。また、テーマが決まっているため、わからない単語があっても絵や文脈から意味を予想することができます。辞書をひきすぎるとリーディングを続けるのが苦痛になりますが、絵本だと同じ単語を繰り返し見ているうちに、辞書をひかずとも意味がつかめてきたりします。また、短い時間で取り組めるということも、忙しい現代人には向いている勉強方法といえるのではないでしょうか。

2.絵本の入手方法

https://pbs.twimg.com/media/CtmEu3iUAAELg16.jpg
日本では洋書や英語の絵本を取り扱う店舗は多くはありませんが、増えてきています。また今は、インターネットを使って注文をすることも、海外旅行に行ったついでに手に入れることもできます。しかし、絵本は他の本と比べ、高価なことが多いです。手を出しにくい方は、中古販売がねらい目です。古本屋で洋書を扱っている店舗も増えてきていますし、インターネットの古本屋でも洋書を取り扱うところが多くなってきています。地域にはよりますが、図書館で借りられるところもあります。

3.おすすめの絵本

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/61Y1RI3f2RL.jpg
ピーターラビットやくまのプーさん、おさるのジョージなど、ちいさいときに読んだ本や見たことのあるアニメの英語版を選ぶと、勉強がはかどります。英語版を読む際に日本語版を図書館などで借り、読み比べをすることもできます。反対に、海外では有名でも日本ではあまり読まれていない作品もあります。Dr.Seussの作品などがそうです。映像化もされている作品なので、次の学習へとつなげていくことも可能です。またこども向けの聖書に関する本もおすすめです。聖書は世界で最も売れている本のため、教養として知っておくことは将来役に立つかもしれません。初めは文字数や単語の数の少ないものを選び、徐々に文字数の多いものに挑戦していくとよいでしょう。文字数の多いものに挑戦したい方は、挿絵のある伝記などもおすすめです。本を選ぶ際にはできるだけ造語の多い本は避け、単語の羅列ではなく文章として成り立っているものを選びましょう。

4.絵本の活用法

https://chiik.jp/system/item_products/images/000/024/237/medium/00258f35-33a3-4a1d-b758-ae8506cf3b3a.jpg?1475563279
文字を読むのが辛い日は、絵を眺めて海外と日本の文化の違いを見つけてみましょう。どういう色が多く使われているか、絵の描き方に違いはあるか、などです。代表的なものは、りんごの色が何色か、大きさに違いはあるか。また、人の顔は正面から描かれているか、横顔が描かれているか、などに注目してみてもいいでしょう。挿絵から、日本語と同じものをさす単語であっても、想像しているものは異なるかもしれない、ということに気づくことができます。植物の違いに注目したり、日本の絵本と物語の終わり方に違いがあるかを考えてみるのも楽しいかもしれません。

必要のないことばは生まれず、また必要のなくなったことばは消えていきます。虹の色が何色かということも、国によって異なります。絵本をみると、視覚で確認することができます。語彙の習得だけでなく、ことばの示すものや文化もともに学べる絵本。英語学習の息抜きに活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人 kana
kana 世界の文化と言語オタク。観光地よりも、現地人と話すのが旅の目的。防犯対策はしてもしたりないと思っている小心者ですが、周囲に日本人と知られると危険と海外では現地人になりきり、基本的に1人で行動します。 留学は台湾、スペインに続きセブで3度目。海外旅行より滞在をして、じっくりデータを集めるのが好きです。

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP