セブと英語のWebマガジン

ネイティブの人のようにどうやってしゃべるの?

誰もがあこがれるネイティブのような英会話、
教科書どおりの英語は英語圏でも通用するが、ネイティブの言葉が聞き取れなかった、話が弾まなかったなどたくさんのことを耳にします。

 

今回はそんなネイティブな英語をどうやって学ぶといいのか英語サイトの記事から
自分なりに翻訳して紹介して以降と思います。

こちらが元の英語サイトの記事となります。

How to speak English like a native speaker

1Listen more carefully

英語を話せるようになるにはまずは聞くこと!
様々なアクセントを違った人から聞くことは彼らの英語パターンの理解と流暢な自分独自の英語パターンを身に着けることにつながります。
映画を観たり、ラジオを聴いたりすることはとてもよく、新たな単語を覚える場として大いに役立つでしょう。

2Use idioms

ネイティブスピーカーの話を聞くことによって、様々な変わった言葉を聞くことに
なるでしょう。それらを疑いの目で見るのではなくそれが一つのイディオムとして素直に覚えていくのがいいでしょう。
in the blink of an eye [very fast]
it’s a piece of cake [it’s easy]
自分の普段のシチュエーションで使えそうな言葉からでいいので覚えて、使っていきましょう。

3Get to grips with slang

スラングを彼らは多用します。そしてそれらは宗教や汚いものに関連したものが
多いです。それらの言葉が聞こえたらそれはスラングだなと覚えていきましょう。
そして地方によって微妙に聞こえ方が変わってくるのでその聞こえ方をまねるのがネイティブスピーカーに近づく鍵となります。

4Improve your pace and clarity

もしあなたの話し方をよりネイティブに近づけたいのならあなたがどのように伝えたことが実際に何と伝わったかを意識することが重要です。
そして英語を喋る時にただすらすらと発音していくだけでなく、ところどころにスペースをつけ、クリアに発するとこや、弱くいうとこなど、強弱をつけていくとネイティブの人たちにも理解がしやすい英語になると思います。

5Talk with a native speaker

一番重要なステップとしてネイティブの人たちと話していくことです。
飛行機の隣の座席の人、外国人バー、学校のELT先生など探せばたくさんのとこにチャンスがあります。みなさんの目には見えていて目をそらしている部分に英語を流暢に話す鍵はあります。ある程度英語を勉強してからぜひ挑戦してください。

 

元記事+自分の意見を合わせているのですこし元記事とは変わった内容になっていると思います。
なのでもしよかったら英語サイトの元記事を自分でみてみるのはいかがでしょうか?

この記事を書いた人 Jun
Jun 高知県出身。 大学三年の冬にカナダに留学したことで人生が変わる。 今では英語の環境が周りにないと生きていけないぐらい英語好き。 現在、セブの留学エージェントにてインターン中。

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP