セブと英語のWebマガジン

英語で「よろしくお願いします」ってどういうの?シュチュエーション別フレーズまとめ

みなさんこんにちは。
今日も英語学習はかどっていますか?

突然ですが、あなたは英語で「よろしくお願いします」は何と言ったらいいんだろうと悩んではいませんか?日本語はとても、便利な言葉で「よろしくお願いします」がいろんな場面で使えて、その場面によって相手も解釈を使い分けてくれます。

実は、英語にはこの日本語の「よろしくお願いします」のような、いろんな場面で使えるオールマイティーで便利な言葉は存在しません。言葉は文化背景が、強く影響します。日本語は一言で多くのことを推し量る文化です。ひとつ言えば10伝わる文化なのです。でも、英語は事柄をはっきり明確にする、10伝えるために、10全ては言わないまでも多くを明確にするのが英語です。

ですから、「よろしくお願いします」も場面によって、変わります。場面ごとに、自分が伝えたい「よろしくお願いします。」を細かく表現する必要があります。今回は、日本語の「よろしくお願いします」を場面ごとに分けて、英語での言い方をご紹介します。様々な「よろしくお願いします」の言い方を是非覚えてください。

「よろしくお願いします」の意味とは?

そもそも、日本語の「よろしくお願いします」はどんな意味でしょう?あまりにも、当たり前に、何も考えずに使っているので私たち日本人も「よろしくお願いします」ってどういう意味?と聞かれるとなかなかすぐには答えられないかもしれません。
元々は、よろしくは「よろしい」という言葉からきていて、よろしいとしてもらう。承諾、承認してもらう、受け入れてもらうという意味からきていて、「私を受け入れてください」や「承諾してください」というような意味合いです。

その言葉が現代ではさまざまに変化していて、場面によって変わります。

出会いの場面では、
「お会いできて感謝しています」
「どうぞ、私を受け入れてください」
「仲良くしてくださいね」
などの気持ちが合わさって表現されていますね。

また、仕事上や何かをお願いする時は、
「引き受けてくれてありがとう」
「信頼してお願いしますね」
「このお仕事を、丁寧にやってくださいね」や「最後までやってくださいね」
などの気持ちが含まれています。

英語で表現する「よろしくお願いします」

では英語では「よろしくお願いします」を何と言うのでしょうか。

日本語の意味あいをそのまま、英語にすると

Please accept./承諾して下さい。
Please be nice to me./私に良くして下さい。
Please take care of me./私を見守って下さい。
などとなりますが、これらの言葉は「よろしくお願いします」という場面ではネイティブは使いません。

また、I beg your kindness.という言葉が、日本語の「よろしくお願いします」という表現に近く、訳としては適当だという人もいますが、日本文化に詳しい人以外にはあまり通じないでしょう。言葉としては間違いではないですが、あまりにも丁寧すぎてネイティブは使わないからです。

場面によって変化しますが、基本的には日本語の「よろしくお願いします」の場面では、英語ではお礼を言う場合が多いです。

誰かとお会いした場合には、これから先よろしくお願いしますといいうより、出会えたことへの感謝、ここへ来てくれたことの感謝、時間をとってくれたことの感謝などを伝えます。

仕事をお願いする場合も、引き受けてくれたことへの感謝はもちろん、作業してくれることに対しても先に「ありがとう」と感謝を言うことが多いです。


実際に使われる英語の「よろしくお願いします」

以上のことから、「よろしくお願いします」に一番近い英語は、「Thank you」です。

Thank you. ※一般的に良くつかう言葉です。
Thanks. ※気軽に友達同士で言う言い方なので、初めて会う人、目上の人などにはつかいません。
I appreciate it. ※Thank you の丁寧な言い方。
Thank you in advance. ※もう少し先に起こることへの「よろしく」という気持ちを込めたい場合。この言葉は、チャット等では(TYIA)と略して使われる場合もあるくらい良く使われる言葉です。

シチュエーション別|英語で「よろしくお願いします」

場面ごとに「よろしくお願いします」に近い言葉を見てみましょう。

 

出会い編|英語で「よろしくお願いします」

初めての人と出会った時と出会いの締めの場面で言い方が異なります。

初めて出会った場面

「これからよろしくお願いします」という気持ちであいさつします。その時の「よろしく」はどのように言うのでしょうか。

Nice to meet you.
※この言い方は、一番使われる言い方です。直訳的には「お会いできてうれしいです」と言うような意味合いですが、「よろしく~」の意味合いも含まれています。

It’s pleasure to meet you./Pleased to meet you.
※これらも、「お会いできてうれしいです」ですが、すごく丁寧で仕事の相手や、上司に当たる人など誰に使っても失礼にならない言葉です。

初めて出会った場面

出会いが終わったあとに、「今日はありがとうございました。これからもよろしくお願いします」というような意味合いで言いたい場合は、次の2つの言い方をすることができます。

Nice meeting you.
It was nice meeting you.
どちらも、「お会いできてよかったです。」「いい出会いでした。」というような意味合いですが、「今後ともよろしくお願いします。」という意味合いが含まれています。

「今後も~」と言うところを、あえて会話で言いたい場合は次のフレーズを使うことができます。

Keep in touch./連絡を取り合おう!
Let’s stay in touch./連絡を取り合いましょう。
I’ll see you around./またどこかでお会いしましょう。

この3つは、良く使われる言葉です。ビジネスなどで出会った場合や、あまり連絡を取り合うことが想定できない相手には使いませんが、これから仲良くしていきたい人にはこの言葉をつけ足すことができると好印象です。

もし、今後あまり会うことが想定できない相手の場合は、次のフレーズを使うこともできます。

Let’s get together again./また集まりましょう。
Until next time./次もよろしくお願いします。
Please come again./またいらしてくださいね。
そして、最後に一言の、Have a nice day.「良い一日を」を付けますが、これは、初めての場合じゃなくても使えますが、別れ際に相手が良い一日を過ごせることを祈っていますというような思いやりの一言です。


ビジネス編|英語で「よろしくお願いします」

仕事上で、出会った相手に対して「よろしくお願いします」という場合は、初めの出会いのあいさつにプラスして、「一緒にお仕事ができて嬉しいです」という気持ちを伝えます。

例えば、

I’m excited to working with you./一緒に働けるのが楽しみだよ。
I look forward to working with you./一緒にお仕事ができるのが楽しみです。
We look forward to do business with you./私たち(会社)は、あなたとビジネス(お取引)ができるのが楽しみです。 ※Weを主語にすると、会社を代表している感じが伝わり、よりフォーマルなあいさつになります。
最初の二つは、取引相手にも使うことができますし、同じ会社の人で初めて会う人にも使えます。三つ目は、もっと丁寧に「会社間の取引」というかしこまった形の場合は、そのようなフレーズを使います。

会議や打ち合わせの場面

すでに出会いのあいさつが済んだ状態で、会議や打ち合わせをする場合の「よろしくお願いします」は、英語では「来てくださってありがとうございます。」や「お時間をつくってくださってありがとうございます。」という言い方をすることが一般的です。

Thank you for taking time to meet./お会いする時間をつくっていただきありがとうございます。
Thank you very much for coming./来ていただいて本当にありがとうございます。
I appreciate you taking the time to meet./お会いする時間をつくって頂いたことに感謝いたしております。
I appreciate you coming./来ていただいたことに感謝します。
「I appreciate…」は「~に感謝します。」で少し丁寧な言い方です。ここでの主語も、場面によって「we」に変えてもOKです。ここで、来てくれたことへのお礼を述べることで、この打ち合わせ、会議を「よろしく~」という意味合いも含むことができます。

会議に招かれた方、打ち合わせに出向いた場合は、上の言葉に対して返答をします。

Thank you for having me./私をよんでいただいてありがとうございます。
It’s our pleasure./こちらこそありがとうございます。
すごく簡単なあいさつですがこれで十分伝わります。

日本語では、出会いの際にあれこれ、相手を敬う言葉を言います。英語でも、多少雑談はしますが、日本のようにまどろっこしい会話はしません。

英語の文化は簡潔に、手短に済ませること望むのでこれらのあいさつが済んでしまえば、本題に入って話しをしてOKです。

頼みごとをした場面

その他、部下やお友達に仕事や、お願い事をしたときに「よろしくね!」とお願いする場合もありますね。

この場合も、ありがとう!ということがほとんどです。

Thanks!/ありがとうね! ※簡単にこれだけで済ませる場合もあります。
Thanks for taking care of it.
Thank you for doing this.
最後の二つは、お願いしたことを引き受けてくれてありがとう、やってくれてありがとうというニュアンスで、少しフォーマルな場面でも使えます。

その他に、「期待しているよ」や「頼むね」という意味で、下記の2つを使うことも出来ます。

I’m counting on you.
I knew I could count on you.
その場にいない人に対して伝える場面

その場にいない人に対して、「よろしくお伝えください」という場合もありますね。その場合は次のフレーズを使います。

「~さんによろしくお伝えください」という意味で、

Please say hello to ….
Tell … I said hello.
Please say hello to your family./ご家族によろしくお伝えください。
Tell Tom I said hello./トムによろしく伝えてね。 ※「Tell~」は、少し気軽な言い方です。
メールでの場面

メールでよろしくお願いしますと言う場合もありますね。

文の最後で、あいさつをする場合は英語ではお決まりの言葉があります。

Most sincerely
Yours very sincerely
仕事などお願い事をした場合は、Thank you in advance.を良く使います。

直訳的には「先にありがとうを言います」という意味です。日本語のよろしくお願いしますに近い意味で使います。

ただ、場合によっては「やってもらえるよね」とプレッシャーをかけているように聞こえる場合があります。顧客側として、メールを書いている場合、誰が見ても、当然やってもらえることをお願いした場合は、書いても問題がないですが、「お願いできますでしょうか?」とお伺いを立てている状況で使うのはあまり好ましくありません。気をつけたほうがよいでしょう。

「お力添えいただけますでしょうか?」というような丁寧な言い方をしたい場合はこんなフレーズがあります。

I would be grateful for your help.
Your help would be very appreciated.
情報がほしい場合、何かについて教えてもらいたい場合は、I hope you will be able to provide the information.「情報をいただければと存じます」、という表現をします。

英語の「よろしくお願いします」は1つではない

日本語の「よろしくお願いします」はとても便利な言い方です。様々なシチュエーションで使えてしまうため、あまり考えずに使ってしまっていることも多いのではないでしょうか。

英語では、「よろしく~」のかわりにありがとうとお礼を伝えることが多いですが、何に対してのお礼なのかを明確にするので、場面ごとどんなフレーズがふさわしいか考える必要があります。

でも、英語に変えた場合の言い方も、お礼なのでそれほど難しいフレーズはありません。出会いの時のフレーズなどは何度か出会いを繰り返していくうちに簡単に覚えられると思います。

その他の言い回しは、全て覚える必要はありませんが、ここではどんな「よろしくお願いします」を言ったらいいか、考える参考にしてみてください。

 

いかがでしたか?
よろしくお願いします。だけでもこんなに表現があるんです1
使い分けできるようになったらもうあなたはネイティブ一歩手前!
ぜひ、日常生活で使ってみてくださいね!

Have a nice day!

この記事を書いた人 yui
yui 東京のカフェで日々文章を綴るライター。21歳で英語と旅が大好きです!

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP