小学生のための英語学習方法!

小学生のための英語学習方法!

こんにちは!

今日は、小学生が英語を学ぶための学習方法についてご紹介します!

 

小学生は学習能力が高く、英語を正しい勉強法で学べばマスターすることができます。
英語学習者としては嫉妬してしまいますが、我が子が英語を使えると誇らしいですね。
子供の英語教育に力を入れている家庭も多いのが、現代の特徴と言えます。

小学生から英会話教室に通ったり、学習塾などで英語を勉強するケースが増えています。
ですが普段から英語を使う機会がない日本では、なかなか英語をマスターできない小学生が多いようです。
その原因の一つとして、英語の勉強法を正しく行っていないことがあります。

英語は正しい勉強法を行えば、小学生なら比較的短期間でマスターすることができます。

そのために必要なことに、家庭学習でどれだけ英語を勉強しているかがあります。

英語は勉強した時間に比例して、徐々に成果が出てきます。

小学生が英語を勉強する場合、楽しく継続できることがポイントになります。

英語をマスターするための、小学生ができる効果的な勉強法を紹介したいと思います。

 

小学生が継続できる英語の効果的な勉強法

小学生の子供に英語をマスターさせるには、押さえておきたいポイントがあります。

勉強に慣れていない小学生に、どれだけ楽しく英語を勉強させるかがマスターへの近見日になります。

英語に興味を持たせること
小学生が使いたい英語を使わせること
生の英語を聞かせてあげること
毎日少しずつ英語に触れること
親子で英語を学ぶこと
1.英語に興味を持たせること

私たちが学生の頃は、英語といえば英文法や英単語を丸暗記する勉強法でした。

この方法は大人になってから英語を覚えるのには、効果があると思います。

しかし小学生の英語勉強としては、英語に興味を持つことができない間違えた勉強法と言えるでしょう。

小学生は楽しければ勉強しますが、つまらなければ勉強をしません。

これは英語も同じで、まずは英語に興味を持たせることが重要になります。

子供が英語に興味を持つには、子供が興味を持てる英語教材を使うのが一番です。

小学生が楽しく英語を勉強できる教材として、ドラえもんの英語教材がお勧めです。

漫画が中心なので注意が必要なのですが、英語を楽しいものと思わせるのに効果的な勉強法です。

ドラえもんを見ている小学生は多いので、英語の入口として使うには最適な教材です。

 

ドラえもんの英語おもしろ攻略 ゼロから始める英語 (別冊ドラえもんの学習シリーズ)

作者: 藤子・F 不二雄,石田早苗,ウィングン
出版社/メーカー: 小学館
発売日: 2013/03
メディア: ペーパーバック
小学生の英語教育の第一段階として、まずは英語に興味を持たせてあげましょう。

漫画やアニメは子供は大好きなので、最初の取っ掛かりとしては最適です。

英語が楽しいものと認識できれば、嫌がらずに勉強を続けてくれます。

小学校の授業内容に沿った教材としては、ちびまる子ちゃんの小学生英語もお勧めです。

漫画ではなく小学生のための英語教材ですが、見ている小学生も多く親近感を持って勉強することができます。

小学生に必要な、基本的な英文法も同時に覚えることもできます。

 

満点ゲットシリーズ ちびまる子ちゃんの小学生英語

作者: さくらももこ,池田紅玉
出版社/メーカー: 集英社
発売日: 2014/11/26
メディア: 単行本(ソフトカバー)
2.小学生が使いたい英語を使わせること

印象に残る言葉は、不思議と普段の生活で使うようになります。

誰でも喋り方に癖があるのは、使いやすい言葉を覚えてきたからだと思います。

英語を覚えるときも、まずは使いたい言葉を小学生に使わせてあげましょう。

小学生の頃は、ちょっとマイナスイメージの言葉が大好きです。

否定的な言葉ほど覚えたがるのですが、それも一つの英語の勉強になります。

例えば嫌いな食べ物が出たときなどは、「I do not like it!」という言葉を使うことがあります。

好き嫌いは良くありませんが、こうした言葉を使うことで自然な英語を勉強することができます。

否定的な言葉だから悪いとせず、小学生が好きなように英語を使わせてあげましょう。

話したい言葉を使うことで、小学生も英語に興味を持ってくれます。

あまりに過激な発言は控えるべきでしょうが、小学生の英語教材を使えばそのような表現は出てきません。

小学生向けの日常英会話教材として、小学生の英語絵ずかんを使った勉強法もお勧めです。

学年別に日常のシチュエーションから、英語を無理なく勉強することができます。

バリエーション豊かな英語の表現を、無理なく覚えることができます。

 

小学生の英語絵ずかん: しゃべるペン付き

満点ゲットシリーズ ちびまる子ちゃんの小学生英語
作者: ジェリーソーレス,ムライタケシ
出版社/メーカー: 東京書籍
発売日: 2011/08/31
メディア: 大型本
3.生の英語を聞かせてあげること

小学生の子供であれば、耳で英語を覚えることができます。

一般的に子供は、10歳位までに耳が完成されるそうです。

そのため小学生の時期に生の英語を聞かせることで、英語を自然と覚えられます。

この時期に多くの英語を聞くことで、英語を音として勉強できます。

実際に毎日3時間ほど英語を聞いていると、1年ほどで英語が聞き取ることができるようになるそうです。

1日3時間と聞くとかなり多いので、1時間くらいから始めて継続することがポイントでしょう。

生の英語はスクールでなくても、洋画やアニメで聞くことができます。

現代であればディズニー映画や、アニメの吹き替え版などを教材に毎日楽しく英語を勉強することができます。

最初は日本語で聞いて、一通りのストーリーをつかむのが良いでしょう。

ディズニーでも難しい単語も出てきますが、無視して聞き流しましょう。

小学生くらいの子供は不思議なことに、そのうち英単語を音として捉えられるようになります。

 

 


CD付 ディズニーの英語 (コレクション5 アナと雪の女王) (CD付書籍)

作者: 石原真弓
出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
発売日: 2014/08/26
メディア: 単行本
4.毎日少しずつ英語に触れること

継続は力なりといいますが、英語は毎日続けることが重要です。

小学生は吸収力が早いとはいえ、続けなければすぐに忘れてしまいます。

毎日英語の勉強を続けることで、少しづつ英語を理解できるようになります。

小学生の場合、勉強よりも遊びのほうが楽しい時期になります。

無理に英語を勉強させると、逆に英語が嫌いになってしまいう可能性があります。

できる範囲で英語の勉強を続けることが、継続のポイントになります。

スポーツもそうですが、小学生の頃に習ったスポーツは大人になっても上手です。

反復練習で毎日英語を勉強すれば、確実に基本的な英語力は普通の小学生よりも高くなります。

子供の頃に英語をマスターすれば、大人になっても使うことができます。

1日1時間程度の英語の勉強でも、1年間続ければかなり英語の実力がつきます。

小学生はやる気があれば、英語を簡単に覚えることができるようになります。
5.親子で英語を学ぶこと

どんなに楽しい教材を使っても、小学生はすぐに飽きてしまいます。

それを防止するには、親子で一緒に英語を勉強するのが一番です。

親が教えるのではなく、一緒に英語を勉強することは教育にも良い影響があります。

親が勉強している姿を見ると、小学生の子供もやる気になります。

いきなり小学生と一緒に、英語を勉強するのは親としては不安もあるかもしれません。

そんな時に参考になる本に、「アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている」があります。

移民の多いアメリカで、英語を効率的に学ぶことができる勉強法を紹介しています。

小学生の子供だけではなく、大人でも参考になるので一読の価値が高いです。

アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている―英語が話せない子どものための英語習得プログラムライミング編

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?

小学生から英語を学び始めるといいことがたくさんあります。

ぜひ、今日から始めてみてくださいね。

Have a nice day!

             留学カウンセリングを受けてみる

コラムカテゴリの最新記事