セブと英語のWebマガジン

すぐに役立つ!中学生の英語勉強法

みなさん、こんにちは!

今日は中学生が今から使える英語の勉強方法について紹介します!

英語は順番が肝心!

未来を変える、「英語」の勉強法

“効率よく上げたい!”

そんな中学生におすすめです。

「3つの分野」と、“手順”を押さえよう!

英語の勉強は、大きく3つに分かれます。

単語と文法と長文読解。

さて、どんな順番で取り組むか?

不安な中学生に、コツをお教えしましょう。

徹底的に単語を覚える

まずは、単語を一定数覚える必要があります。

英語で低迷する原因は、その大半が、単語の知識不足。

単語を知らないと、文法も読解も上がりません。

(出てくる例文の、意味が分からないため。)

 

しかし、逆にいうと――

基礎単語を身につければ、全分野の「実力アップ」が始まる。

できる中学生は、このことをよく知っています。

ですから、最初に必要なのは、語彙を増やすという姿勢ですね。

 

なお、単語を覚える際には、ポイントが1つあります。

名詞・動詞・形容詞など、「品詞」を意識して覚えることです。

これを知らないとテキスト解説で、「動詞の原形」などの用語が出たときに、

“サッパリ意味が分からない…”

こうなってしまいます。

中1、中2の挫折原因1位。

(“分からない”が連鎖し、だんだん英語が苦手科目に…。)

しかし、再び逆転の発想!

単語を覚えるときに、「これは動詞!」などと意識すれば、良い流れの始まりに。

過去形や進行形など、動詞の変形もあとで楽々できちゃいます。

「分かった!」「うれしい!」が連鎖し、どんどん分かるように。

プラスの流れが生まれれば、合格の「未来」が開けます。

なんだか元気が湧いてきますね!

文法を習得

単語を一定数覚えたら、

次は文法を勉強。苦手な中学生が多いですが、ここは避けて通れません。

というのは、高校入試の英語は、どうしても文法が軸だからです。

ですから、現在形、過去形、現在進行形…と1つ1つの形を覚え、

文法を理解するほど、入試で有利に!

この事実を意識しましょう。

 

繰り返しますが、中学生の英語には、文法がいろいろあります。

中1、中2の全体と、中3の途中まで、

「文法が学習の中心」になるので、

中3の8月までは、
「単語」と「文法」の強化にあてましょう。

(本当に大事なのでもう1度言いますが、

単語を知らないと短い文すら読めないので、「単語」も重要ですよ!)

長文読解の反復練習

中3の9月以降は、長文読解を練習しましょう。

読解に慣れるには、色々な話題の英文を読む必要があります。

じっくり取り組んでくださいね。本当に合格してほしいので

英語学習の大事なコツを、再度、繰り返します。

 

「単語」と「文法」の知識がないと、
長文は読めません。

(どちらかが不足すると、長文は、意味の分からない
文字列にしか見えないのです。)

こうした理由で、「中3の8月までは、単語と文法を」とお勧めしました。

 

こうした方針をしっかり守れば、

“未来を変える!”“夢をかなえる!”そんな宣言にも、現実味が。

さあ、皆さん、呪文の用意はいいですか。

・知ってて良かった、この方法

・納得、安心、成績アップ

「自分は行ける!」と

心に言い聞かせるのもけっこう大事なんですよ!

Have a nice day!

この記事を書いた人 yui
yui 東京のカフェで日々文章を綴るライター。21歳で英語と旅が大好きです!

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP