セブと英語のWebマガジン

ボホール島には何がある?何ができるの? ちょっぴりレアな場所も含めた、各スポットの紹介!

http://selfplannedtrip.com/wp-content/uploads/2015/06/selfplannedtrip-bohol-map.jpg
ボホール島って人気のある島の1つというけれど、詳しく知らない。
日帰りでも楽しめるのかなぁ、という方は必見です!

1.ボホール島で有名な観光スポット3つ!

まずはボホール島に来たらとりあえずここかな、というところを紹介します。

・Chocolate hills


チョコレートヒルズはタグビララン市から車で約1時間半、島の中央あたりに位置しています。もともとは別の名前でしたが、観光客がチョコレートみたい、といったことからチョコレートヒルズと呼ばれるようになったそうです。乾季には茶色になりますが、シーズンによって異なる景色が見られます。免許がなくても乗ることができるバギー(ATV)を使った観光もおすすめです。

・Bohol Tarsier

http://boholrentacar.com/wp-content/uploads/2015/01/large-tarsier.jpg
ターシャという世界最小のメガネザルが見られます。チョコレートヒルズからも近く、ボホール島1日観光におすすめです。ガイドさんがどこにいるか教えてくれるため、写真も撮りやすいです。

・Loboc River Cruise

http://i568.photobucket.com/albums/ss125/ephilippines/Philippines%20Destinations/bohol/loboc_loay_river.jpg
ロボク川を屋形船で航行しながら、食事が楽しめるクルーズ旅です。南国の木々の中を潜り抜けていき、途中で民族村によることもできますし、船内ではシンガーの方の歌も聴けます。シンガーさんによっては日本語の歌を歌ってくれることもあります。運がいいと、こどもたちが川へ飛び込みをしている光景も見ることができます。

2.こんな観光地もあります!

・Blood Compact


日本語では血盟記念碑といいます。タグビラランからは数十分のところにあります。フィリピンを統治した初代総督レガスピとボホール島の酋長シカトゥナが、ワインに互いの血を入れた杯を酌み交わし、友好を誓ったことを記念し、1565年に建てられたそうです。ここからは海が綺麗に見えるので、景色も楽しむことができます。

・Baclayong Church

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/01/33/ab/b3/bohol-philippines.jpg
バクラヨン教会は、ボホール島にある石造りの教会です。血盟記念碑からも近いため、ツアーに組み込みやすいです。中に入ると、祭壇の細かな装飾を見ることができます。2013年のボホール地震で修復中ですが、博物館の見学は可能です。

・Python


パイソンとは、フィリピンに生息する大型のニシキヘビのことです。大変おとなしいので、巨大蛇を首にかけて記念撮影をすることもできます。大きい蛇が怖い方は、小さい蛇との撮影もできます。

3.ちょっとめずらしい体験

http://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e35/c0.75.1080.1080/14723443_327058687662173_6811347463169900544_n.jpg?ig_cache_key=MTM3MTAxMDExNTgyMTQ1NTcwOA%3D%3D.2.c
ボホール島では工場見学もできます。Calamayという、パンにつけて食べるジャムのようなものをつくっている工場を見学することができます。お土産にも人気ですが、賞味期限があるので注意してください。期限は1週間ほどだそうです。http://www.boholtourismph.com/alburquerque-calamay-manufacture-tour/に情報がのっているので、興味のある方はのぞいてみてくださいね。

4.ボホールの周り方

http://jacarandatravels.com/wp-content/uploads/2016/05/Bohol-Tour-Package-countryside.png
基本的にボホール観光はバンを借りるかタクシーで行くのが一般的です。ドライバーと燃料費込みの相場は1日3000ペソ/人くらいです。タグビララン港などの出口で、ツアーの呼び込みをしている方々がいます。そこで交渉をするのが一般的な方法です。1日観光でも十分楽しめるとは思いますが、他にもバタフライガーデンやCave(鍾乳洞)、マンメイドフォレスト、パンラオビーチなど、見所はたくさんあります。ですので、週末2日で満喫するといいかもしれませんね。天気がいい日には、夜になると美しい星空が見られます。また、ホタルが見られる場所もあるそうです。ガイドさんに聞くといろいろ教えてもらえるので、おすすめを聞いてみてください。
http://2.bp.blogspot.com/-2NNsQpIJ5r4/VIuGR5e6duI/AAAAAAAAILQ/c6U-MW4Nm1Y/s1600/DSC_0252.JPG

5.ボホール観光の注意点

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Wcq3sWpGL._SX355_.jpg
ボホール観光は移動の時間が多いです。トイレは見つけたときに行っておくことをおすすめします。また、スーパーなどのお店は観光地周辺にはないことが多いため、軽食や飲み物は持参するか、タグビララン港の近郊にあるスーパーで調達しておきましょう。そして週末の観光地は込みます。ですので、特に日帰りの方は早い時間にツアーを開始することをおすすめします。

自然もアクティビティも記念撮影も楽しめる場所、ボホール島。めずらしい動物や景色を見ることができ、写真スポットも多いです。他にも、山から山へと張られたワイヤーロープを滑車を使って滑り降りる遊び、ジップラインも楽しむことができます。アクティブに過ごすことも、のんびりと自然の中で過ごす時間を満喫することもできる、ボホール島。行きたい場所、したいことに合わせて、自分たちだけのツアーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人 kana
kana 世界の文化と言語オタク。観光地よりも、現地人と話すのが旅の目的。防犯対策はしてもしたりないと思っている小心者ですが、周囲に日本人と知られると危険と海外では現地人になりきり、基本的に1人で行動します。 留学は台湾、スペインに続きセブで3度目。海外旅行より滞在をして、じっくりデータを集めるのが好きです。

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP