セブと英語のWebマガジン

歴史を感じる旅が好き! 日本とも関連のある場所、サンペドロ要塞へ行ってみよう!

セブの観光名所として有名なマゼランクロス、サントニーニョ教会。しかし、まだまだセブには見どころがあります。すこし人波から抜け出して南国の海の風を感じながらゆったりと過ごしたい方は、サンペドロ要塞に行ってみてはどうでしょうか。

1.サンペドロ要塞とは

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/0d/74/1a/24/geschichte-des-fort-s.jpg
フィリピンで最も古い要塞、それがサンペドロ要塞です。スペイン人の入植の拠点として1565年に建設が始まりましたが、当初は石造りではなく木製だったそうです。そして1738年にイスラム勢力からの攻撃に備えるため石造りの要塞が建設された、とのことです。また、アメリカ統治時代には兵舎として使用され、第2次世界大戦中には日本軍が捕虜収容所として利用していたようです。現在は自然を感じられる広場になっており、現地の方々のデートスポットにもなっています。結婚披露宴の会場としても人気が高まっているようで、運がよければ結婚記念の写真を撮っている方に出会えることもあります。

2.場所


サンペドロ要塞は、マゼランクロスやサント・ニーニョ教会から徒歩10-15分程度の場所にあります。ただ、マゼランクロスやサントニーニョ教会のあたり(コロン地区周辺)はあまり治安のいい場所ではないため、徒歩で行く際には注意が必要です。安全面を考慮してタクシーを利用するのもありでしょう。ITパークからだとジプニーで45-50分ほどです。ウォーターフロントホテル周辺で03LのCarbon行きのジプニーを見つけたら(2017.6現在)Cebu Technological UniversityもしくはFort San Pedroに行くかどうか尋ねましょう。

3.博物館

http://www.itoutsourcing.jp/cebu_ito/wp-content/uploads/blog_20170329-3.jpg
サンペドロ要塞にはちいさな博物館があり、沈没船から引き上げた品などが展示されています。歴史に興味のある方は立ち寄ってみるのもいいでしょう。入場料は大人30ペソ、こども20ペソです。要塞に上がり、港や広場をながめることもできます。

4.寄り道プラン

https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/0e/a0/7a/d2/20170302-151845-largejpg.jpg
サンペドロ要塞の側には港があり、ボホール島への船も出ています。ボホール島へ行く際、もしくは帰りに、時間があったら立ち寄ってみるのもいいでしょう。夜はライトアップも楽しむことができます。またセブ島内を観光する場合は、すぐ近くにあるサントニーニョ教会やマゼランクロスとセットで周ることをおすすめします。

観光だけではなく歴史を知り、学ぶことも異文化理解の1つです。フィリピンが、セブがどのような過去を経て今にいたるのか。点が線になっていくと、新たな見方ができるようになっていきます。セブの歴史と自然を感じ、楽しみたい方はぜひ、サンペドロ要塞を訪れてみてください。

この記事を書いた人 kana
kana 世界の文化と言語オタク。観光地よりも、現地人と話すのが旅の目的。防犯対策はしてもしたりないと思っている小心者ですが、周囲に日本人と知られると危険と海外では現地人になりきり、基本的に1人で行動します。 留学は台湾、スペインに続きセブで3度目。海外旅行より滞在をして、じっくりデータを集めるのが好きです。

関連キーワード 関連記事 このカテゴリーの新着記事

PAGE TOP